10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

日本クリスマスローズ協会の「クリスマスローズのタベ」

2017
10/22
Sun
 171022 d17-1加藤農園

このミーティング兼懇親会が来ると、クリスマスローズのシーズンの実感が出て来ます。

久しぶりにお目にかかる面々とお話していると、いろいろ情報交換もできで台風前夜と言うのについ遅くなってしまいました。

画像は信じられないと思いますが今日撮ったものです。

育てたのは加藤農園の加藤さんです。

この方のクリスマスローズの育て方の奥の深さは計り知れません。

前にも書いたと思いますが、1シーズンで種子から花を咲かせます。

これだけでも新花を作出するスピードは倍になります。

今回は会場にオーレア系のダブル、セミダブル、香りがあるもの等を冬花と同じレベルで咲かせたのを
20株位展示していました。

参加者は皆羨望のまなざしで見入っていました。

私だって育てたいなって思うのが幾つもありました。

画像はピコティダブルで、柑橘系の香りがするものです。

ハイブリットクリスマスローズはこれからどんな新しいものが出て来るか計り知れません。

横浜イングリッシュガーデンでした。

2017
10/21
Sat
171021-1 横浜イングリッシュガーデン

7月にフランスに行った時とてもお世話になった柳楽桜子さんが、帰国中でお話をするとの事で行って来ました。

とても興味あるお話を聞く事が出来ました。

お話は今年110回目を迎えるパリのバガテル新品種国際薔薇コンクールの選考委員長を務めているお立場から、
審査にまつわるお話をプロジェクターを使ってやって下さいました。

私も審査に携わって居るので興味深く伺いました。

写真は司会をした河合さんはじめ参加したメンバーです。

171021-2 横浜イングリッシュガーデン

講演会終了後河合さんのご案内でイングリッシュガーデンを雨に中見て回り、一周した所で雑談している所です。

171021-3 横浜イングリッシュガーデン

ガーデンのバラは近づいている大型台風対策で紐で束ねれれていました。

秋の夜長に恰好な読み物が出ました。

2017
10/20
Fri
171020-1 NewRoses

NewRosesの秋の読み物が出ました。

日中は雨続きで庭に出られないし、秋の夜長にバラ好き、園芸好き方にうってつけの本が出ました。

テーマは「新しいバラの庭」。

玉置編集長の視点で作り上げたバラの庭のお話が満載です。

どうか一気に読んで寝不足にならない事を願っています^^

171020-3 NewRoses

季節の折々に楽しめる、人気の横浜イングリッシュガーデンを作り上げた河合伸志と玉置編集長の対談では

「バラを庭の中できれいに見せたい」「手入れはしっかりと行う」など河合さんの実体験からの話など読みごたえがあります。

171020-2 NewRoses

私の「小さな庭」も紹介いただきました。

マンション1階の限られたスペースで、バラや草花の鉢植えでの庭作りのノウハウなどのお話が載っています。

写真は私が撮ったのを使っていただきました。

雨にも負けず

2017
10/19
Thu
171019 花がら切り 171019ブログ

あきれるほどよく降りますね。

午前中はPCに向っていましたが、お昼過ぎると表が気になりますが相変わらず雨です。

遠目にも花が散ったのが判ります。

ついに傘をさして濡れるのがイヤなので、長い柄の剪定ハサミが届く範囲の花がらを切りました。

これは楽です。

2017
10/18
Wed
剪定ハサミが好きなので普段使うのは決まっていますが、使わないのに見ると欲しくなり結構な数を持っています。

今年の4月横浜パフィコで開催されたフラワーガーデンショウでこのハサミに目が止まりました。

この手のハサミは持っているのですが、持ったらなじみが良く軽いのです。

説明してもらったら、使いやすいような工夫がいろいろありました。

これは兵庫県三木市刃物業者の集まりの、みきかじや村の「楽なんです剪定バサミ」です。

ずっと置いたままにしていましたが、雨でやることが無いので試し切りしてみました。

171018-1 楽なんです剪定バサミ

1cm位の枝はほとんど力を入れず抵抗なく切れます。

握るバネも柔らかく調節も出来るので、握力が弱い人でも楽です。

なにより切り口が綺麗なので、冬剪定もこれでやって見ようと思っています。

171018-2 楽なんです剪定バサミ

黒いレバーを上にすると、刃の開きが大きくなり太い枝も切りやすいです。

試に枯れたチョーク位の太さの枝もなんなく切れました。

枯れた枝は硬くなり、切り難いのですが問題なかったです。

刃は替刃式なので小型ドライバーか、無かったらコインでネジを回せば簡単にできます。


赤い花二つ

2017
10/17
Tue
171017-1 ウィリアム・シェイクスピア2000

長く続いた雨もやっとお昼頃やみました。

地面も葉も濡れているので、柄の長い剪定ハサミで花ガラを切る位のことしきゃ出来ませんでした。

そのような中で咲いていた「ウィリアム・シェイクスピア2000」です。

花には水分がシッカリ含んでいます。

171017-2 黒蝶

こちらはダリアの黒蝶です。

枝先ピンチ

2017
10/16
Mon
Category:未分類
171016-1 メイ・クィーン枝先きピンチ

今の時期枝先にツボミが付かない枝はまだまだ伸びていきます。

いくら伸ばしても大丈夫な所に植えてあるのは良いですが、これ以上伸びると邪魔になる場合は枝先を
ピンチして伸びるのを押さえる事もあります。

枝を伸ばせておくといつまでも成長して枝が固まらないです。

軟弱な枝には花芽が出来ない事もあります。

なので、これ以上伸ばす必要が無かったら枝先を止めて枝を固める事をおすすめします。

画像のように枝垂れさせて咲かせるとしても、この位の長さが良いと思いましてピンチしました。

171016-2 メイ・クィーン枝先きピンチ

枝先をピンチすると(赤い丸の中)二芽位伸びて来ますが、枝は固まって来ます。

冬になったら伸びた二芽の上で剪定します。

171016-3 メイ・クィーン枝先きピンチ

今年5月のメイ・クィーンですが、来年5月にはもう少し雰囲気が出せると思います。

雨でした。

2017
10/15
Sun
171015 ウィリアム・モリス

言いたくないですがまだ続きそうですね。

アーチに添わせていた「ウィリアム・モリス」の枝が、伸びすぎたのか雨の重みで完璧に枝垂れました。

傘をさして撮って早々に戻りました。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.