FC2ブログ
06
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

山中湖近くの塚原さんのガーデンに行って来ました。

2019
06/18
Tue
Category:散歩&旅
こちらは例年ですとバラが満開なのが、今年は咲くのが少し遅れていました。

今日は教室の皆さまと大勢でお邪魔させて頂きました。

190618-1 塚原さん

ここのガーデンは長年にわたりご夫婦で作り上げた見事なガーデンです。

ガーデンは緩い傾斜地にあり、晴れた日には正面に大きな富士山が見えますが今日は残念でした。

190618-2 塚原さん

レンガで高く囲ったコーナにはビオラが色も褪せずに咲いています。

190618-3 塚原さん

大好きなゲラニュム・ジョンソンズブルーは花も大きく爽やかなブルーで随所に咲いています。

190618-4 塚原さん

草ものがメインのガーデンで、バラが効果的に植栽されています。

190618-5 塚原さん

羨ましかったのは「アストランティア」がのびのびと咲いていました。

190618-6 塚原さん

右がアストランティア・スノースター、左がアストランティア・ベニスです。

190618-7 塚原さん

右がアストランティア・フローレンス、左がアストランティア・ローマです。




自然なガーデンっていいですね。

2019
06/17
Mon
Category:散歩&旅
元々庭って四季の自然な移ろいを感じられる所ですが、「小さな庭」では無理な所があるので、
ここの庭に魅かれるのかも知れません。

梅雨の晴れ間の今日ガーデンカフェ・グリーンローズに行って来ました。

190617-1 グリーンローズカフェ

ポタジェでは収穫が終わって徒長したスイスチャードの向うにはスティパが風になびき、とっくに色あせたアリュームが景観の中に残っています。

190617-2 グリーンローズカフェ

歩いて行く先がわくわくする遊歩路には徒長した植物が、通路をふさぐようになるのも今時ですね。

190617-3 グリーンローズカフェ

ティルームを覆うよう咲くロサ・ムルガリーは、ヒップが晩秋には真っ赤に色付くので、
春や秋の情景を知っていると想像して楽しむ事が出来ます。

190617-4 グリーンローズカフェ

花が少なくなっているガーデンを進んで行くと、ドキッとする色の百合が咲いています。
匠の技です。

190617-5 グリーンローズカフェ

このクレマチスの使い方参考になります。

190617-6 グリーンローズカフェ

ここに来るとホッとする場所です。

190617-7 グリーンローズカフェ

ティルームの好きなコーナーの柱には壺型のクレマチスが自然体で咲いています。

右側はブドウのネオ・マスカットです。

2019
06/16
Sun
190616-1 ネオ・マスカット 

数年前に家内が行燈仕立ての実成りブドウを買ってきて、これ育てて毎年実がなるといいわねっていいました。

取り合えず地植えにして、ブドウ棚を作る事が出来ないので養生棚の際に植えて置きました。

フランスのデルバールの圃場にいく途中にはブドウ畑があり、ワインをつくるブドウは木立になっているので、
棚を作らなくても大丈夫と思ったのです。

190616-2 ネオ・マスカット 

今年はよく生りました。

小さな実は摘果したり、昨年は熟した頃野鳥に食べられたので袋をかけないといけないと思っています。

美味しいのが生るんですよ^^


5月の庭から、ロンサール編

2019
06/15
Sat
Category:未分類
190615-1 ロンサール

この画像は5月15日に撮った庭の一部です。

鉢植えでここに置いて居るバラが咲き揃って来ました。

低めなので前の方に置いてあるピェール・ドゥ・ロンサールが満開になって来たので芝生の所に出しました。

190615-2 ロンサール

庭から出した所です。

庭の中で密に咲かせているので、蒸れて病気が出たり、ハダニの巣にならないように、
4月頃にツボミが付いていない枝や、不要な枝はカットして風通しを良くしています。

190615-3 ロンサール

来年の五月に向けて花が終わったので花がらをカットした所です。

行った先のセミナーでロンサールを鉢で咲かせる方法聞かれると、よく説明しています。

また教室ではボードに下手な絵を描いたりして説明しています。

ネット上では細かく表現できないので割愛させて頂きます。



2019年発表イングリッシュローズ

2019
06/14
Fri
190614-1 イングリッシッュローズ 

ガブリエル・オーク
   
花弁が多いロゼット咲きで、咲き進むと外側の花弁が淡くなります。

濃厚なフルーティーの香りが強いです。

190614-2 イングリッシッュローズ 

ユーステイシア・ヴァイ  

ソフトなアプリコットピンクの花で形の良いシャローカップ咲きし、爽やかな香りがします。

スリムな樹形でよく茂る強健なバラです。

6月の庭

2019
06/13
Thu
190613-1 6月の庭

6月の庭をどうしたらいいかの見取り図も無く、まだ進行中ですが出来ないまま7月になって行くと思います。

左側の庭ではアカンサス・モリスが今年は成績がよく、奥のピラミッドアジサイは白さを増して来ました。

バラは一番花の後はエンドレス剪定にしているので、今は端境期になっています。

190613-2 6月の庭

右側の庭ではユリが咲き始め、左の方には大きくなり過ぎた矢車菊や、その下には
ゲラニューム・ジョンソンズブルーが咲いています。

もう暫く経つとカサブランカが咲いてきます。

ありがとう

2019
06/12
Wed
Category:花々
五月にバラとコラボで咲いてくれた花たちも、来年また楽しませてくれるため結実してきました。

190612-1 オルレア

オルレアの種子にはトゲがあり、なにかに付いて運ばれる仕掛けになっています。

190612-2 ニゲラ

風船のように膨らんだ中に充実した種子が入っているニゲラです。

190612-3 ムギナデシコ

風にそよぐようにして咲くむぎナデシコが好きで、株を幾つかまとめて植えていました。

遅れて咲いたアンブリッジ・ローズ

2019
06/11
Tue
Category:A~C
190608 アンブリッジ・ローズ

一番花はとっくに終わっているのに、シュートぎみに伸びた枝先に咲き始めました。

アプリコットのらしい花色ですが、花は小ぶりです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.