02
6
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
<< >>

並べてみました。

2018
02/17
Sat
180217 集合写真

バラの剪定も終わり今時分の庭の主役は、冬に咲く草花ですが今年は雪や低温続きで不調なためクリスマスローズを並べました。

サンシャインのクリスマスローズ展は盛況ですが、ここを見ているのはひとりだけです^^


春に向けて

2018
02/16
Fri
180216-1 マルチング

風はまだ冷たいですが、日の光は強くなって来て芽のふくらみも増して来ました。

春の開花に向けて下準備も始めました。

今回は使い慣れている堆肥に有機元肥を混ぜてやりました。

アルノーデルバールの顔写真が載っている堆肥1袋に、ペレット状の有機元肥のクラシックを約400g混ぜました。

180216-2 マルチング

根が動きだしこれから水やりの頻度も増えて来ます。

鉢の表土も冬の間に固くなっている所もあるので、表土を中耕して作った肥料入りの堆肥をすき込みます。

180216-3 マルチング

中耕したので、水のしみ込みも良くなり、混ぜた堆肥も土に馴染んできます。

土の表面も綺麗になり、雑草の出方も抑えられます。



明日からクリスマスローズ展

2018
02/15
Thu
180215-0 サンシャイン

今年で16回目なる「クリスマスローズの世界展」が池袋・サンシャインシティで18日(日曜)まで開催されます。

今回私は2株出品しました。

右はガーデンハイブリッドのブラックダブルで20本位花が咲いています。

運ぶのに乾かしぎみにしたら少し水切れ状態ですが、明日には持ち直していると思います(笑)

左側は昨年も出品したデュメ交配の大株で今年も健在です。

180215-2 サンシャイン

会場が出来上がった所です。

奥にはクリスマスローズのナーサリーさんの販売ブースがあり、さすが品揃いはいいです。

180215-1 サンシャイン

恒例「新花コンテスト」の候補が決まりつつあるところです。

私も審査員の末席で審査に加わりました。

いい花が咲きました。

2018
02/14
Wed
180214-1 d14-20

左上のポット苗から育てたのが、思いがけなく純白の花が咲きました。

180214-2 d14-20

5号ポットで窮屈だったので鉢を割って、塗り鉢に植え替えたのを1月9日こちらで紹介したのが上の写真です。

丁寧に植え替えました。

2018
02/13
Tue
180213-1 18-2sd植え替え

先日求めた開花株を早速植え替えました。

大事な苗はこのように植え替えて、早めに鉢と馴染ませて発根を促します。

右側。 ビニールポットは表から触っても根のゴツゴツ感があるので、抜くのが大変なのでこのように切って取り出します。

左側のように根がビッシリ廻っています。開花株の場合この位が普通なので早めの植え替えをおすすめします。

根は底の方から開くようにほぐしますが、根が少々切れても大丈夫です。

180213-2 18-2sd植え替え

土に「バイオポスト」を5%位混ぜて、根にもふりかけ、その上に「ハイフレッシュ」をふりかけます。

どちらも発根促進と根腐れ防止に役立ちます。

培養土は活力剤入りの水で馴染ませておきます。

180213-2¥3 18-2sd植え替え

鉢の底部に土を敷き、根鉢を置いて位置決めして土を入れます。

鉢は7号位でウォータースペースを取って植え付けた所です。

まだ寒いので土が凍らないようにテラスで管理し、来年に向けて育てていきます。

2m→20cm

2018
02/12
Mon
180212-1 ロイヤル・ジュビリー

品種は「ロイヤル・ジュビリー」です。

伸ばして他の目的に使おうと思っていましたが、大苗を植えた時のことを思い出したら、夢をもう一度と振り出しに戻しちゃいました。

太い枝は20cmも無いです。

180212-2 ロイヤル・ジュビリー

この画像は2013.5.12に撮ったものです。

植えたのは2012.12月のセミナーで、大苗の植え付け方で使った株です。

その時は植えつけた枝を10~15cmで切ったと思います。

ここまで切らないと鉢とのバランスがあった咲かせ方は出来ません。

四季折々

2018
02/11
Sun
180211-1 コゲラ 

全国的には荒れた所が多いなか、お陰さまで日の光も強くなり春に一歩近づいたような気がしました。

ユキちゃんと散歩していたら、野川沿いの小学校の校庭からコツコツと音が聞こえて来るので、見上げると羽が縞模様の鳥が、樹皮をたたいて虫を取っている様子でした。

スマホで画面を大きくして撮った写真です。

帰って鳥図鑑を調べたら「コゲラ」のようで、今では都会地でもめずらしい存在では無くなってきたそうです。

180211-2 カワセミ

川にはカルガモ親子、いろいろなサギ類、カワセミも何か所かで見かけました。

180211-3 ユキちゃん

桜の芽も膨らんで来て、春は近くまで来始めました。

サント・ノーレ二回目の春に向けて

2018
02/10
Sat
180210-1 サント・ノーレ冬剪定

デルバールのサント・ノーレを剪定しました。

もともと小ぶりな品種で、四季咲きも良く鉢で育てるのに向いています。

180210-2 サント・ノーレ冬剪定

画像右側は、16.5.31にブルーのポットに植わっていた新苗を、7号ロングスリット鉢に植えて、地際から芽を三つ残して切って育てて来ました。

それが左側の画像のよう、昨年5.15に咲いた所を撮った写真です。

今年はこれより咲く事を期待しています。

鉢は新苗を植えた時の7号ロングスリット鉢そのままです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.