05
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

食香ばら 紫枝(ズズ)

2017
05/23
Tue
Category:新苗物語
170523-1 紫枝(ズズ)

このバラは中国山東省で食用とローズオイル作りのために育てられている品種で四季咲き性があります。

東アジアに自生している「はまなす」(ルゴサ)を起源にもち、耐病性に優れている性質を生かし無農薬栽培されています。

そのバラの新苗を入手しました。

枯らさないため新苗をそのまま育てるか迷いましたが、といって不恰好で育てるのも私の意に反するので、
いつもやる元から芽を2~3つけてバサッと切ると多少のリスクがあるので、折り曲げ剪定の方法を取りました。

170523-2 紫枝(ズズ)

新苗用のスリムなポットから、6号ロングスリット鉢に植え替えました。

その時、根は少し緩めるようにして、住友化学園芸のプレミアム培養土を使って植えました。


左は葉が無い所にも膨らんだ芽があり、ここから枝が伸びるのを期待しています。



鉢植えオリビア・ローズ・オースチン

2017
05/22
Mon
Category:鉢植え
170522-1 オリビア・ローズ・オースチン

3年目の開花です。

丁度いい感じですね。

170522-2 オリビア・ローズ・オースチン

17.01.29に冬剪定しました。

この品種の良いところの一つに耐病性が優秀です。

黒星病に強く、葉は紅葉してしっかりついています。

左右の枝を少し長めにしたので、咲いた時ボリュームが出ました。

170522-3 オリビア・ローズ・オースチン

昨年の開花した時です。

今年に比べスリムです。

どのような形で咲かせるかは、冬剪定で決まります。

剪定は咲いた時の姿を想像して切るとその通りに咲きます。

2017年新苗物語 フィネス

2017
05/21
Sun
Category:新苗物語
170521-0 フィネス

今日も暑かったですね。

今年初めて作業するところにパラソルをセットしました。

日陰になるし、風もよく通るので快適でした。

170521-1 フィネス

「フィネス」は小山内健さんが久々に育種した品種で、アロマティークな芳香が特徴で、花付きが良い四季咲きで、
分枝も良さそうです。

フィネスはワインの優雅さ、繊細さ、上品さなどを表す言葉で、ワインカラーに近い花色をしています。


新苗を6号ロングスリット鉢に植えました。

新苗は枝が左によつているのを、真っ直ぐになるように植えました。

170521-2 フィネス

右側の枝は切り戻してあるので、分枝が良く細枝も出て来ています。

右側の枝は早くも出たシュートです。

シュートを伸ばすとバランスが悪くなるので、低い位置で剪定してもいいのですが、今回は折り曲げ剪定の手法でやりました。

枝を折り曲げて折れるのが心配なので、ペンチで枝を潰して折り曲げて、ビニタイで縛って置きました。

こうすると折り曲げた所が頂点になるので、枝枯れのリスクも少なく枝が出て来ます。

170521-3 フィネス

完成です。

右側はもう分枝しているので、左側の枝も低い位置からの分枝を追いかけます。

目標は来年5月で、どんな咲き方をするかです。




ブルーな花が好きです。

2017
05/20
Sat
ブルーな花はバラとの相性もいいです。

青はバラには無い色なので、逆にバラと合うのかも知れませんね。。

小さな庭にもブルーの花が多くなってしまいます。

170520-1 ブルーな花

クレマチスの「プリンス・チャールズ」です。

170520-2 ブルーな花

ゲラニュームの「 ジョンソンズ・ブルー」です。

170520-3 ブルーな花

アリューム「ギガンチューム」ブルーと言うより紫ですね。これから大きくなります。

パット・オースチン良いバラです。

2017
05/19
Fri
Category:O~R
170519 パット・オースチン

オールド・ローズに無い花色のバラを作出したデビッド・オースチンが思わず奥様の名前を付けたと言うエピソードがあります。

良い品種です。

それなのに・・・

ブルーな脇役

2017
05/18
Thu
庭の左側はわりと淡い花色のバラを植えています。

そこにはブルー系の草花を合わせて植えています。

全体に優しい雰囲気にしたつもりです。

170518-1 ブルーな脇役

170518-2 ブルーな脇役

170518-5 ブルーな脇役





今日の庭です。

2017
05/17
Wed
バラのシーズン中の一日の様子です。

早咲きのものはピークを過ぎ、遅咲きの花はこれから咲いて来るのもあります。

そんな移ろいの中で何時がベストか決められませんが、いい一日でした。

170517-1 今日の庭

庭の中心部です。

170517-2 今日の庭

左側から撮りました。

170517-3 今日の庭

右側からです。


手術すると当分重いものは持てないと言われていたので、鉢の位置は入院前に置いたままです。

気になる所もありますが、退院してからはリハビリを兼ねて草花の植え替えや、クレマチスの誘引など軽い庭遊びをして来ました。

辛いのは折角綺麗に咲いているのに、庭から鉢を引っ張り出して写真を撮れない事です。


仕立てはモード

2017
05/16
Tue
170516-1 メィ・クイーン

「もっと咲かせるバラつくり」でも仕立てはモードですと言って来ました。

メイ・クイーンの今年のスタイルです。

170516-3 メィ・クイーン

昨年7月伸びは始めた枝を竹の支柱に束ねていた時の姿です。

170516-4 メィ・クイーン

昨年は横長のアイアンラティスに誘引していました。

その前の年までは、オベリスクに巻いていました。

鉢植えだからやり易い「バラ遊び」です。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.