FC2ブログ
06
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

左側の庭です。

2020
06/06
Sat
1 200606-1 左側の庭

昨日のレースフラワーとバラのコラボを撮ったのは、アーチをはさんだ右側の庭で、そちらにはカラフルなバラを置いています。

こちらは白からピンクの花を置いていますので、草花はブルー系が多いです。

でもごちゃごいゃしています。

2 200606-2 左側の庭

白の小花はマトリカリアで、スタキス・オフィシナリス、アガパンサスなどが見えます。

3 200606-3 左側の庭

真ん中には、紹介した事があるナンチャッテスタンダードで、後ろにはオベリスク仕立てのクレマチスです。

4 200606-4 左側の庭

ステムが長いラブ・シックが、雨が降った時の重みでバードバスに枝垂れかかっていますが、
いい感じなのでそのままにしています。

5 200606-5 左側の庭

ピンクアナベルが色づいて来ました。

バラとレースフラワー

2020
06/05
Fri
Category:Rose・花
1 200605-1 グリスターン

このレースフラワーは、昨年9月軽井沢に行った時、お訪ねしたお庭でもう咲き終わり、
結実している花柄をいただき種子を蒔いたのが成長したのです。

オルレアも終わり白花が貴重な庭で咲いているバラとコラボで撮りました。

グリスターン ロサ・オリエンティス

シュート状の先に沢山のツボミを付け、順番に咲くので長く庭で咲いています。

2 200605-2 マイローズ

マイローズ ロサ・オリエンティス

花持ちがいいので、庭のシンボルになっています。

3 200605-3 ザ・カントリー・パーソン

ザ・カントリー・パーソン 2020年発表イングリッシュローズ

スリムな枝先に透明感のある淡い黄色の花が、咲き続けています。

4 200605-4 パートナー

パートナー アンドレ・エヴ 2020年発表

とにかく丈夫で、太い枝先に沢山の花が房咲きし、花持ちがいいので長く咲いています。
パートナー アンドレ・エヴ

とにかく丈夫で、太い枝先に沢山の花が房咲きし、花持ちがいいので長く咲いています。

5 200605-5 アレゴリー

アレゴリー デルバール

香が良くて、四季咲き性もいいので、ずっと庭の一角にあります。

タイダイを仕立ててみました。

2020
06/04
Thu
Category:クレマチス
1 200604-1 タイダイ  

ジャックマニー系なのでツルは伸ばした方がいいと思いますが、あえてベルツモアのプランツパフォームに仕立ててみました。

出来てみるとツルを深くやりすぎたようで、もっと広げて仕立てた方が良かったようです。

2 200604-2 タイダイ  

ジャックマニー系の雰囲気ですが、この絞りで人気になりましたが。

3 200604-3 タイダイ  

花付きがとてもよく、ツボミも沢山あるので当分楽しめます。

その後の強剪定株

2020
06/03
Wed
Category:情報
1 200603-1 ル・シェル・ブルー

5月24日に冬に強剪定した株の様子ご覧に入れましたが、その時ツボミだったのが咲いて来ました。

品種名を書くのを忘れていましたが、このバラはル・シェル・ブルーです。

2 200603-2 ル・シェル・ブルー

5月24日の画像です。

一枝だけ濃い緑の葉で咲いていて、あとはツボミだったのが咲いたのです。

3 200603-3 ル・シェル・ブルー

今の時期は株作り優先なので、写真を撮ってすく花茎は切りました。

このままいくと、早めに台風で枝が折れる前の株立ちに戻りそうです。

オベリスクに巻いたクレマチス

2020
06/02
Tue
Category:クレマチス
1 200602-1 クレマチス

バラのシーズンにもあったのですが、花も咲いていなかったので目立たなかったです。

手前のバラは剪定して花は無くなっています。
これからはクレマチスの出番が増えてきそうです。

2 200602-5 クレマチス

オベリスクの左から説明すると。

ブルーの「プリンス・チャールズ」毎年見事に咲いていたのですが、今年は少なめです。

一番のお気に入りで、本来咲くと薄緑の葉が見えなくなるように咲きます。

白が「マリア・コーネリア」でこれもよく咲きますね。

3 200602-6 クレマチス

金子さんによく咲くクレマチスを教えてっていったら、「ジュエリー・ローズ」をすすめてくれました。

見事な咲きっぷりです。

右端は「ベティ・コーニング」で、この花も好きでオベリスクに巻きましたが、景観で見るより近くで見る花ですね。

background-image

2020
06/01
Mon
Category:2020
vol.111 (2020.06.01~)

back

品種名 : パブロワ
作出 : デルバール(フランス) 2019年秋発表
花期 : 四季咲き
花色 : 白
花径 : 8㎝
樹高 : 1.8ⅿ
香り : 強香

back

咲き始めはほんのりとした色を感じますが、間もなく影があるような白花になります。
後には、その陰のようなところから一層深みのある白花になります。

程よい花弁のロゼット咲きの花は、ローズにフルーツミックスしたような強い香りがします。

細めの枝には一花、充実した枝には房咲きになります。
しっかりした枝につく濃緑の葉は耐病性もよく、白い花を引き立てます。

カタログには樹高1.8mとありますが、スリムな枝はもっと高くまで伸びるようで、
秋深くに圃場で見た時もまだ花が咲いていたので、四季咲き性のある白のツルバラにもなります。

花名はメレンゲで作られた純白のスイーツから。





--------余談ですが---------------------

back

皆さまの当ブログでの「拍手」
・・その他での「いいね」が
・・・励みになっております ^^;


クリスマスローズの6月の管理について。

2020
05/31
Sun
Category:月別管理
200531-1 6月のクリスマスローズ

200531-2 6月のクリスマスローズ

4月頃までに花茎を切り、その後肥培に努めてくると、新しく伸びた葉は成長して、大きな葉になり株も充実しました。

成長も止まり、これからは安定期に入るので、育て方も変わって来ます。

最大のポイントは肥料を切ることです。

鉢に置肥が残っていたら取って下さい。

液肥も必要ないです。

これから10月まで水切れだけに注意してください。

私は自動灌水にしているので、水やりしていた頃より水切れのリスクは無くなりました。

約五か月間水切れだけに注意して、何もやることがないのでバラ栽培の片手間にクリスマスローズは育てられます。

画像は今、棚に置いてあるクリスマスローズの様子と、3月に撮った鉢植え画像です。

5月も終わりに近づきましたね。

2020
05/30
Sat
200530-1 五月の庭

5月14日に満開をむかえましたと、バラが満開の様子を紹介しましたが、咲いているバラも少なくなりました。

草花の咲いているのが増えてきて、やっとバラと草花の庭になって来ました。

200530-2 五月の庭

右側の庭もカラフルなバラの花であふれていましたが、フウーの庭になって来ました。

200530-3 五月の庭

6月になると紫陽花が似合う季節になって来ますね。

200530-4 五月の庭

周囲の草花に合わせて、ヤマアジサイを組み合わせてみました。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.