FC2ブログ
08
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 季節の作業*夏

マルチングしました。

2019
08/04
Sun
190804-1 マルチング

何時も梅雨明けにマルチングしていますが、今年の猛暑で身の危険を感じ(少しオーバー)出遅れていました。
少し慣れて来たので始めました。

190804-2 マルチング

使っているたい肥は品質が良いので長く使っていますが、数年前から元肥を混ぜてやるようにしています。

たい肥1袋に元肥500㌘を混ぜています。

190804-3 マルチング

マルチングしたら活力剤入りの水をやって置きます。

シェビー・チェス花後の剪定

2019
06/19
Wed
190619-1 シェビー・チェス

オベリスクに一季咲きの品種を巻いている場合、花が終わったら切り戻します。

何故かと言うと花がらだけ取っておくと、そこから伸びた枝がオベリスクの頂上を越えてしまうと
戻すことが出来ないからです。

190619-2 シェビー・チェス

オベリスクは必要ないので庭の隅に置いておき、伸びてきた枝は竹棒一本立てて伸びたら束ねて置きます。

来年はどんな咲かせ方にするかは、冬までに思いつくとおもいます。

低い位置の枝は来年そこに花を付けるので大事にして置きます。

枝抜きしました。

2017
08/15
Tue
170815-1 ウィリアム・モリス枝抜き

アーチに添わしている「ウィリアム・モリス」が茂り過ぎて来たので、枝抜きまたは枝透かしと言われている剪定をしました。

切った枝は長いので1.3m位、あとは1m前後です。

170815-2 ウィリアム・モリス枝抜き

例えば10本ある枝でも、二股の片方を切れば枝数は半分になります。

枝の途中で切ると、幾つかの芽が出るとかえって茂ってしまいます。

右手で剪定ハサミ、左手でカメラを持ちながら狙いを定めてシャッター切るって結構大変ですよ・笑

170815-3 ウィリアム・モリス枝抜き

私はアーチに誘引するのに太い枝はやり難いので、必要ないと思っています。

これだけ枝を透かしたのに。冬に誘引する時にはもう一度枝を減らす必要があると思っています

アーチ全体にスッキリ咲かせるのが私の理想です。

花が終わった鉢バラの植え替え

2017
06/19
Mon
170619-1 クイーン・オブ・ジ・エルブス 

開花株のポットはそのまま育てるのには小さいので大きな鉢に植え替える事をおすすめします。

植え替えは梅雨のシーズン中の今がいいです。

170619-2 クイーン・オブ・ジ・エルブス 

根鉢は崩さず、根だけを少し緩めます。

170619-3 クイーン・オブ・ジ・エルブス 

鉢は8号ロングスリット鉢に植え替えます。

培養土には元肥を入れて、活力剤入りの水で湿らせた用土で植えつけます。


以下がポイントです。

植え付けた鉢を鉢底皿の上に置き、鉢土に水を入れて行き側面のスリットの低いのが隠れる位まで水を入れます。

3日間スリットの低い位置が隠れる位水を入れ続けます。

置く場所は風通しの良い日陰です。

葉がこれだけあると葉からの蒸散も多く、根をいじっているので普通の水やりでは追いつかず、枝先がうなだれる事があります。

3日位なら過湿にならず、水耕栽培みたいにして置くと発根も早くなります。

その後は鉢底皿を外し、10日位は鉢の中の湿りは多めにして置きます。

何日おきに活力剤入りの水を使うと効果的です。

このやり方は暑い時期の私の植え替えの仕方です。



秋の開花に向けて

2016
08/22
Mon
160822-4 コーネリア

上が5月咲かせた時の画像です。

下が今の姿です。
一季咲きは5月咲き終わったら、トレリス外して冬まで成長させますが、「コーネリア」は秋も咲くのでトレリスに誘引したままにして置きました。

枝先に時々花が咲いていましたが、シュートが前の方に伸び、左右にも枝がはみ出しています。

160822-2 コーネリア

最初の誘引でシュートを押さえつけ、左右にはみ出した枝を枠内に戻し始めました。

これ几帳面に一度でやろうとすると、枝を折る事があるので開花までに枠内に収めていきます。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.