09
6
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 蘭

気が付くと・・・

2015
02/19
Thu
Category:
溢れるように咲かせるのが好きみたいですね。

今はクリスマスローズを鉢から溢れるように咲かせていますが、久しぶりにランの画像を見るとやっぱり溢れるように咲かせていました。

150218-1 Cirr Elizabeth Ann Bucklebury AM・RHS

Cirr Elizabeth Ann

150218-2 Denchi01 フォーモサナム

Denchi フォーモナリス

150218-3 Milt Spectbilis SA

Milt Spectbilis セミアルバ
大きなコルク板につけています。

今年もラン展が始まりましたね。

2015
02/17
Tue
Category:
今でもラン展には行っています。
会場で昔の知り合いに会うと「バラなんてやってないで、ランに戻っておいでよ」って言われます。

私がランを育てていた頃はまだデジカメが無い頃なので、ご覧に入れているデジカメで撮った頃はもうバラに傾いているころのです。

バラに興味が移った事は事実ですが、その頃灯油がとても高くなりました。
丁度時代のキーワードがエコと言われたころです。
生産性のない趣味のものに灯油を燃やしている後ろめたさもあって、今ではほんの少し持っているだけになっています。

画像は「レリア・パープラタ」という品種の原種のバライティーです。

150217 レリア・パープラタ2

レリア・パープラタ・セミアルバ

150217 レリア・パープラタ5

レリア・パープラタ・セルレア
好きな色です。

150217 レリア・パープラタ7


今時ワルケリアナが

2011
09/20
Tue
Category:
カトレヤ  ワルケリアナ(c walkeriana v.coerulea 'Azul Perfecta')が季節はずれに咲きました。

c walkeriana v.coerulea Azul Perfecta

庭に出たらワルケの香りがするので、木に幾つかぶら下げてあるのを見たら一輪咲いていました。
ニッキのような香りが強く、冬温室でこの花が咲き出すと花を見なくても、咲いたのがわかるぐらいです。
このランは、もともと冬咲きですがどうした事でしょうか。
折角なので、センニンソウの近くに持って行き撮りました。

ワルケリアナは少々栽培が困難な部類に属しますが、5~10月は太陽と風が好きなので、木枠にコルク片入れて木にぶら下げておくとご機嫌なのか、コルクに根が巻きついています。
着生ランはこれが良いみたいです。

このワルケは、セルレアカラー(空色)の固体名が付いているので、大事にしている一つです。

今年もご覧いただきまして有難うございました。

2010
12/31
Fri
Category:
皆さまはこの一年如何お過ごしでしたか。

私は年々一年がとても早く感じられる気がしてなりません。

C walk05 V coerulea ’Azul Perfecta

画像は私が今パソコンに向かっている脇に置いています、カトレア ワルケリァナ V セルレア・アズル・パーフェクタと言う固体名が付いている品種です。

TVの天気予報では雪や風が強いところが多いようですが、その地方の方はどうかお気をつけて下さい。

来る年が皆さまにとって良い年でありますように願っています。

昨年の紅白は書き物に追われ、パソコンに向かって背中で聞いていましたが(笑)、今年はこれから楽しみながら見たいと思います。

キトロージナ属(Cuitl) ペンデュラ

2009
11/10
Tue
Category:
リクエスト頂きましたのでご覧に入れます。
古い写真です。
2001年神奈川県のラン展で思いがけなく知事賞を頂いたときのです。
そのころはデジカメではなく、これは撮った写真をパソコンで保存しておいたものです。
花色は桜色のピンクで本物はとても綺麗です。

01夏Cuitl・キトロージナ

キトロージナ属(Cuitl)ペンデュラはオドンドグロッサムなどの近縁で、メキシコの標高1500~2000mに自生しいる一属一種てす。
ランを育てている方でしたらわりに簡単ですが、夏は涼しい環境を作ることが大切です。
五月ごろバルブから長いステムが伸び下垂して花を付けます、

この株は5号鉢でバルブが盛り上がるようにあり、花茎が8本立ちました。
それを見てくださる方に向けるのも芸のうちです・・(笑)
これを見て欲しがる方が結構いて随分株分けしてあげましたが、数年経つと元の大きさになっていました。

先日福岡に行った時、思いがけずこのランのことを尋ねられ、以前ブログで紹介したのをご覧になった方がいて、大株をご覧に入れると約束したんです。

01夏レリア パープラタ・ルブララン展

オマケを一つ・・(爆)
同じラン展に出品した「レリア パープラタ・ルブラ」です。
パープラタは原種なのに花色の違う固体が多く、一冊の本になるぐらいで集めだしたらきりが無いの判っているのに、一時有名どころの固体名の付いたのを随分持っていました。



Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.