05
18
25
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : クリスマスローズ

クリスマスローズの五月の管理について

2018
04/30
Mon
Category:月別管理
4月から伸び始めた新しい葉も適切な肥料管理で大きくなって来ています。

クリスマスローズの茂った葉は光合成をして株元に養分を送っています。

5月は来年の花芽が出来る花芽分化期をむかえているので、今月の管理が来年沢山の花を咲かせるのにとても大切です。


水やり

健康な鉢植えの株はこれから葉から水分の蒸散が激しくなるので、水切れに注意して下さい。

水はけの良い用土に植えていれば、水をどんどんやっても過湿になることはないです。

ただ日陰や、半日陰ですと葉からの水分の蒸散も少なくなるので、過湿に注意することも必要です。


肥料

今月も肥培に務めて株の充実に努めます。

窒素、リン酸、カリのバランスが取れた肥料がよく、私は四月初めに置き肥をしたのが最後と思っています。

液肥は今月中、バラに液肥をやる時一緒にやっています。

重要な事は今月で肥料を切る事です。

置き肥が残っていたら、月末には取ってください。

未開花のポット苗は引き続き肥料をやって肥培に努めて下さい。


我が家では、今年も4月から水やりは自動灌水に任せていて、バラのシーズンも近づきクリスマスローズがだんだん記憶からとうのいていきます。


画像は先日関西に行った時久しぶりにお目にかかり、CDにコピーしたのを頂いたので、画像で以前にも紹介したことがあります。

けっしてクリスマスローズのマニアでは無く、草花をお庭で楽しむのと同じように地植えでチベタヌスを楽しんでいる方のです。

年々庭で増えて行き、数年前から実生で増やしているとのことで、画像はその中のほんの一部です。

180430-1 チベタヌス

一斉に芽吹いてきたチベタヌスです。

180430-2 チベタヌス

咲き出したチベタヌスで、愛好家にはたまらないと思います。

180430-3 チベタヌス

見事な群生画です。

よしの植え替え

2018
04/07
Sat
180407-1 よしの

今日は日本クリスマスローズ協会の総会で、クリスマスローズ好きの皆さまと歓談出来て楽しかったです。

このチべ交配のよしのは、2月の神代植物園で開催されたクリスマスローズ展で美花賞を頂いた株です。

8号鉢で花茎が9本ありこの鉢で限界でした。

180407-2 よしの

いつもの事ですが、鉢の中は根でいっぱいでした。
今年植え替えないと、水や養分を吸えなくなるので作落ちするのが判ります。

今回は二回り大きな鉢に植え替えるので、根はほとんど切り取らないで緩めるに止めました。

180407-3 よしの

今年までブラックdを植えていた鉢で約32cmあります。

この鉢で2~3年経てばかなりの枝数になり、よしの中でも見ごたえのある株になると思います。

緊急植え替え

2018
04/04
Wed
180404-1 デュメ交配d11-06

連日の暑さで同じように水やりしているのに、根がまわって水がしみ込まない株が水切れになっていました。

こうなったら待ったなしで植え替えです。

180404-2 デュメ交配d11-06

根鉢の下の方は根ばかりで土が少なくなっていました。

デュメ交配のこの株は、この鉢に良く合うので根を半分位切り取って再度植えました。

180404-3 デュメ交配d11-06

植えつけて4時間経ったら、何事も無かったようです。

クリスマスローズの四月の管理について

2018
03/31
Sat
Category:月別管理
3月中旬から花色が褪せて来たのから花茎を切り始め、3月中に全部切りました。

個体差はありますが、若葉が鉢を覆うようになって来ています。

この大きく茂った葉で光合成をして、養分を株元に送るので直射日光で光合成を促すことが必要です。

開花が遅い寒い地方はともかく、4月中旬までに花茎を切る事をおすすめします。

5月に入ると来年の花芽が出来る花芽分化期をむかえるので、今月の管理が来年の花付きにとても大切です。


水やり

健康な鉢植えの株はこれから葉から水分の蒸散が激しくなるので、水切れに注意して下さい。

水はけの良い用土に植えていれば、水をどんどんやっても過湿になることはないです。

ただ日陰や、半日陰ですと葉からの水分の蒸散も少なくなるので、過湿に注意することもあります。


肥料

今月も窒素、リン酸、カリのバランスが取れた肥料で、肥培に務めて株の充実に努めます。

私は置き肥を四月はじめにやるのが最後で、液肥は今月中バラに液肥をやる時一緒にやっています。


植え替え

これから出る芽が茂り、来シーズンの大切な花芽のもとになります。
 
花が咲いている時購入した株は植え替えをおすすめします。
鉢から抜いて根を緩めるようにして植え替えて下さい。 鉢は2号(約6cm)位大きくするのが良いです。

4月はクリスマスローズに勢いがあるので、この時に植え替えるのが株に負担がかかりません。

早めに植え替えて発根させると勢いがつき、芽も充実して来年の花数も増えるでしょう。

植え替えは今月いっぱいが好機ですが、早い方がよいです。


植え替える株はしばらく水やりを控え、土を乾燥気味にしてやると
作業がしやすく、手袋をしてすることをお勧めします。

180331-1 棚

冬の花として楽しませてくれたクリスマスローズも終わりに近づき、花茎を切るのを待つだけになって来ました。

180331-2 棚

花茎を切った後です。

狭い所で育てているので、鉢と鉢がくっついています。

180331-3 棚

花茎を切ったら置き肥をします。

今シーズン置き肥はこれが最後で、約二カ月効果があるので丁度いいです。



花茎切り&植え替え

2018
03/28
Wed
180328-1 植え替え

この鉢で3回花を咲かせたので根詰まりで水の通りも悪くなってきたのと、35cmのウィッチフォード深鉢なので、
重いので花茎を切ってから植え替えました。

180328-2 植え替え

今度植える鉢が30cmなので、底の方を7cmカットして周囲も株ギリギリまで土を落としました。

これで根鉢が約半分になりました。

180328-3 植え替え

約二回り小さな鉢に押し込んだようにして植えました。

これだと1年で根が一杯になりそうです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.