09
6
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : クリスマスローズ

クリスマスローズの九月の管理について

2017
08/31
Thu
Category:月別管理
9月に入ってもただ見ているだけで過ごしそうですが、春に植え替えが出来なかった株や、
根が廻って水の通りが悪くなった株の植え替えが待っています。

私は春の植え替えがメインで、秋はあくまで補助的なものです。

7月が暑かったので、いつもの年と同じように直射日光の下で育てているので、葉焼けして色が褪せているような気がします。

そのかわり日の光を充分受けているので、花付きは良くなると思いますが、8月の日照不足が気になります。


○水やり
まだまだ暑い日が続きますし、根が動き出すと今まで以上に水を吸うようになります。

引き続き水やりには注意して下さい。

○肥料
今月も開花株には引き続き肥料はやりません。

冬に開花の見込みがない、小さな苗は早く成長させるため肥料は必要です。

170831-1 オリエンタリス・オリエンタリ

何年も植え替えて無いので、根がビッシリ廻って水の通りが悪くなっています。

170831-2 オリエンタリス・オリエンタリ

底の方から根を緩めていきます。

まだ暑いので根を乾かすのが一番悪く、根を濡らして乾燥しないように手早くやります。

170831-3 オリエンタリス・オリエンタリ

植え替えたら、半日陰に置いておきます。

植え替えた品種は「オリエンタリス・オリエンタリス」です。

クリスマスローズの8月の管理について

2017
07/31
Mon
Category:月別管理
我が家の方では満足な梅雨も無く暑い日が続いて居ます。

クリスマスローズにとって8月は一番つらい季節ですが今年は特にきついと思います。

でも私の育て方は変わらず例年通り日に当てたまま育てています。

注意しているのは鉢植えで、葉から蒸散が激しいので水切れです。

これも自動灌水装置が暑くても文句も言わず^^決まった時間に放水してくれるので、
13日間家を空けていましたが何の問題も無かったです。


水やり
適正な用土と環境で育てたら、夏に過湿の心配いりません。 その前に乾いてしまいます。
水切れさせないように注意して下さい。


肥料
開花株には施しません。

170731-1 植え替え

7月28日に植え替えました。

この株はウィンターシンフォニーのダブルです。

販売ポットと同じくらいの鉢なので初めから根詰まり思いましたが、この鉢と良く合うので植えていました。

やはり辛そうなので植え替えました。

170731-2 植え替え

鉢から抜いた所です。

やはり根が廻って水の通りも悪く根詰まり状態でした。

170731-3 植え替え

少し根を緩めて7号ロングスリット鉢に植え替えました。

しばらくは日陰に置いて活力剤入りの水をやります。

クリスマスローズの七月の管理について

2017
06/30
Fri
Category:月別管理
梅雨の折り返しになって来ましたが、今までは雨の少ない空梅雨?のようです。

クリスマスローズは成長がとても緩やかになり、安定した充実期に入って来ます。

梅雨で雨が降っても、大きな葉が邪魔をして水切れを起こすことがあります。

クリスマスローズは水が大好きです。

梅雨時でも水を切らさないようにして下さい。

それには水はけの良い用土に植えてある事と、日に当てて葉から蒸散させる事です。

私はこの時期クリスマスローズは水切れで葉がしおれるのだけ注意をしています。


肥料

やりません。

やるのは未開花株のポットは、早く生育させるため少な目の有機肥料を施しています。

170630-1 d17-10 グリーンゴールド

遮光していないで日の光を充分受けて、株を覆うように大きな葉が養分を蓄えています。

その中でゴールドの葉が目立ちます。

170630-2 d17-10 グリーンゴールド

ゴールドの葉の正体は、冬に手に入れた「グリーンゴールド」です。

ゴールドの交配種ですが、葉はゴールドの性質を色濃く受け継いでいます。

クリスマスローズの六月の管理について

2017
05/31
Wed
Category:月別管理

五月は降雨量も少なかったですが鉢植えで水切れを起こしませんでしたか。

6月から10月までは育て方もシンプルになって行きます。


水やり

5月は降雨量も少なかったですが、暑い日が続くと充実した葉も大きくなり葉から水分の蒸散も激しくなります。

鉢植えでは梅雨に入るまでは水切れに充分注意して下さい。

雨が降るようになっても、クリスマスローズの葉が茂っていて傘のようになり、鉢土が乾くことがありますので充分気を付けて下さい。

170531-1 クリスマスローズ

170531-2 クリスマスローズ

肥料

置き肥が残っていたら取って下さい。

今月から11月まで肥料を切るのがポイントです。

未開花株で培養しているのには、引き続き肥料をやっています。

170531-3 クリスマスローズ

株の様子

6月に入ると株も充実して、変化が少なくなる安定期に入ってきます。

決して休眠はしていません。

水切れすると葉がうなだれますが、慌てて水をやると30分位で元通りになります。

休眠とか半休眠していたらこんなことは無いと思います。

日に当てていると鉢土も乾き適正な用土でしたら、水をどんどんやっても決して過湿にはなりません。

我が家のクリスマスローズは今年もガンガン日に当てています。

前にも書きましたが、花を咲かせる植物は太陽が大好きです。


クリスマスローズの五月の管理について

2017
04/30
Sun
Category:月別管理
4月から伸び始めた葉も適切な肥料管理で大きくなって来ています。

クリスマスローズの茂った葉は光合成をして株元に養分を送っています。

来年の花芽が出来る花芽分化期をむかえています。

今月の管理が来年の花付きにとても大切です。


水やり

健康な鉢植えの株はこれから葉から水分の蒸散が激しくなるので、水切れに注意して下さい。

水はけの良い用土に植えていれば、水をどんどんやっても過湿になることはないです。

ただ日陰や、半日陰ですと葉からの水分の蒸散も少なくなるので、過湿に注意することもあります。


肥料

今月も肥培に務めて株の充実に努めます。

窒素、リン酸、カリのバランスが取れた肥料がいいです。

私は四月初めに置き肥をしたのが最後と思っています。

液肥は今月中、バラに液肥をやる時一緒にやっています。

重要な事は今月で肥料を切る事です。

置き肥が残っていたら、月末には取ってください。

未開花のポット苗は引き続き肥料をやって肥培に努めて下さい。

170430 クリスマスローズ

今年も4月から水やりは自動灌水に任せています。

今回の入院中も全く問題が無かったです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.