FC2ブログ
03
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : A~C

今年の開花は早い?

2015
05/06
Wed
Category:A~C
 150506 アンブリッジ・ローズ1

まだ満開ではないですが、アンブリッジ・ローズが今の時期ここまで咲くのは珍しいです。

 150506 アンブリッジ・ローズ2

香りも良いし良い花です。

我が家のウェルカムローズ

2014
09/19
Fri
Category:A~C
と言うほどではないですが、小ぶりなのに後から後から花を咲かせてくれます。

140919 チャールズ・レニー・マッキントッシュ1
「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」はあまり枝が密になりませんが、ヨウジのような枝から出たもっと細い枝にも花を咲かせます。
ラベンダーピンクのカップ咲きから開きますが、花弁も多いので、その結果花はうつむき加減になります。

目に付くところに鉢植えにとても向いています。

140919 チャールズ・レニー・マッキントッシュ2

懐かしいイングリッシュローズ チョーサー

2014
09/18
Thu
Category:A~C
チョーサー Chaucer 1970年発表

形の良いカップから開くと、カップの中はロゼットになります。
強いミルラ香です。
春と秋は房咲きになりますが、夏花は一輪咲きが多いです。
懐かしいと言っても、今我が家で次々と花を咲かせています。

140918 チョーサー1
5月30日撮影
まだ咲き始めです。
撮影記録の日付を見ると5月中旬以降のが多いので、遅咲きかも知れません。

140918 チョーサー2
5月26日撮影
春は樹勢が強いと大きな房咲きになり、咲き進むともう少しオープンになります。
イングリッシュローズの中では、上を向いて咲く方です。

140918 チョーサー3
今日の花です。
夏花は別物になってしまいます。


懐かしいイングリッシュローズ カントリー・リビング

2014
09/13
Sat
Category:A~C
1980~90年代のイングリッシュローズが好きです。

振り返るとその頃が一番イングリッシュローズに
のめり込んでいた時かも知れません。

誰でも熱くなっていた頃の思い出ってありますよね。

1409131 カントリー・リビング 528
カントリー・リビング 1991年発表 Country Living

5月28日撮影
小ぶりな樹形で、スリムな枝は細く弱々しく感じられます。
感じだけでなく実際に弱いと思います。

それでいて花付きが良く、二番花以降も花上がりが良いです。
あまり咲くので負担がかかるのかも知れません。

1409132 カントリー・リビング 830
8月30日の花
夏でも形の良いカップさきになります。
晴れにはご機嫌な花で、花弁が薄く雨に弱い所があります。

1409133 カントリー・リビング 1120
11月20日の花
この頃の花が一番「カントリー・リビング」らしいかも知れません。
これから咲く花は寒さで外弁だけ開き、カップ&ソーサーになり、それを見るのも楽しみでした。

ベーサル・シュートが出にくく、枝枯れすると不安になってきます。

懐かしいイングリッシュローズ シンベリン

2014
09/09
Tue
Category:A~C
いま1994年のイングリッシュローズのカタログを見ていました。

今はカタログ落ちした魅力的な品種がたくさん載っています。

作出年度が2000年以前のイングリッシュローズは確かに育てにくいのがあります。

例えば魅力的なバラで、花型、花色、香りなどの芸術点は高くても、耐病性、強健性などの機能点が低いものがあります。

機能点が低くても、育ててみたくなる。
なぜでしょうね。

140909 シンベリン1
シンベリンもその一つです。

1994年のカタログには「花いろは珍しい魅力的なグレーピンク」とあります。
それに憧れ育ててみました。
う~~んグレーピンクにはなりにくいです。

140909 シンベリン2
むしろスヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾンのようなパウダーピンクに近いです。

後で知ったのですが、暖地では中々グレーピンクにはなりにくいとの事です。

140909 シンベリン3
枝は良く伸び支柱に止めれば2m以上になります。
もちろんブッシュでも大丈夫です。



Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

趣味の園芸オフィシャル日記
Facebook





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.