06
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : D~F

だんだん少なくなって来ました

2017
12/29
Fri
Category:D~F
171229-1 エミリー

今年は誰に聞いても、気候のせいか秋花の咲くのが遅いと言っていました。

我が家でもその傾向からか、花数はともかくいつもより長く咲いていましたが、その花も終わりに近づいて来ました。

「エミリー」は花芯にボタンアイが見えるイングリッシュローズ1992年発表の花です。

とっくにカタログ落ちしていますが、小ぶりで四季咲き性もいいので気に入っている品種です。

171229-2 アンブリッジ・ローズ

この花だけですと何だか判らいと思いますが、1990年発表のイングリッシュローズ「アンブリッジ・ローズ」の最後の花です。

ミルラの香りが強いアプリコット系の花で、本来の花ではないですが、私は咲いてくれていればいいのです。

一昨年、オースチンの本社に行った時、夜の会食の時イングリッシュローズで何が好きかと聞かれたので、
迷わず「アンブリッジ・ローズ」だと言ったら、いつまでそんな古いのにこだわっているのだと言われましたが、
好きなものは好きなんです。

グレイス ER2001発表

2017
12/21
Thu
Category:D~F
171221 グレイス 

秋花ですが春の花のような雰囲気で、私的には「グレイス
」の標準的な花だと思います。

四季咲性はよく、柑橘系の爽やかな香りですがけっして強くはあいません。

デイム・ジュディ・デンチ

2017
06/24
Sat
Category:D~F
170624-1 デイム・ジュディ・デンチ

2017年発表のイングリッシュローズです。

アプリコットオレンジのちょっとルーズなロゼット咲きの花です。

情報によると樹高は1.3m位ですが、ステムが長いのでゆったりした咲き方になります。

二番花のツボミも膨らんできたのを確認して摘蕾しました。

ティーにフルーツの香りをミックスした上品な香りです。

パット・オースチンやアンブリッジ・ローズの近くに置くと自然な感じがしそうです。

花名はイギリスの人気がある女優さんの名前にちなみます。

170624-2 デイム・ジュディ・デンチ

一昨年デビッド・オースチン・ロージズ社を訪ねた時見せてもらった圃場です。

ここにあるのは作出したものから、年々選抜をくぐり抜け発売の可能性があるものです。

170624-3 デイム・ジュディ・デンチ

その時撮って来た中にデイム・ジュディ・デンチがありました。

この時はまだ品種名は無く、コード番号で呼ばれていました。

何故こんなに植えてあるのかは、発売が決まったら穂木を取るためです。

例えば新発売で10万本の大苗を作るとしたら、穂木も10万本必要になるのです。

これは穂木を取るための親木なんです。


二番花のデスデモーナ

2017
06/16
Fri
Category:D~F
170616-1 デスデモーナ

花弁が少し減ったかなと思いますが、綺麗に咲きました。

まだツボミも多く四季咲性も申し分ないです。

170616-2 ブドウ摘果

ブドウの育て方いろいろアドバイス有難うございました。

摘果しました。

この倍くらい取りました。

袋かけですが、どんな紙で作ったらいいのですかね。

デスデモーナは優秀です。

2017
05/09
Tue
Category:D~F
170509-1 デスデモーナ 

2015年発表のイングリッシュローズで、我が家のバラの中では比較的早めに咲きます。

優しい香りで花付きが良く、四季咲きもいいので秋の花も多く咲きます。

小ぶりな品種で、低い位置から分枝させるとコンパクトで沢山の花を付けます。

耐病性は普通で、他のバラと同じ管理にしています。

鉢で育てるのにもってこいの品種です。

170509-2 デスデモーナ 

庭では草花との相性も良く、普段はこんな感じで育てています。

170509-3 デスデモーナ 

カップ咲きの花は淡いピンク~アプリコットで、満開になると白くなります。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.