02
6
23
24
25
26
27
28
<< >>

This Category : background-image

background-image

2018
02/01
Thu
Category:2018

vol.83(2018.02.01~)

back

品種名 : フィレール Filer
作出 : 2017年秋 河本麻記子氏
花期 : 四季咲き
花色 : 濃いピンク
花径 : 7~8cm 
樹高 : 1.3m
香り : 微香

春の花は散りが早いと言われていますが、この「フィレール」には当てはまりません。
とにかく花持ちがいいのです。
庭で咲く花の持ちが良いと言うのは、長く庭を華やかにしてくれて嬉しいかぎりです。

庭でピンクの花のバラでグラデーションに咲かせる時、この濃い目の花はその中で引き締め役になります。
花は深さのあるカップ咲きから、花びらが詰まったロゼットへと咲き進む。
短めに剪定して鉢でブッシュ仕立てや、伸ばしてオベリスクやフェンスに這わすことも出来ます。

フィレールは手芸が好きな彼女のブランド「ローズ。ドゥ・メルスリー・手芸屋さんのバラ」シリーズの一員で、
花名はフランス語で「紡ぐ」と言う意味で、糸を紡ぐようにバラへの想いを紡ぎたい気持ちからご自身が命名。



background-image

2018
01/04
Thu
Category:2018

vol.82(2018.01.04~)
back

品種名 : ナウシカア
作出 : 2017年 木村 卓功氏
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いピンク~イエロー、アイボリー
花径 : 6cm
樹高 : 1.2m
香り : 中香

「ナウシカア」はとても花付きが良く、木ぶりから地植えでも鉢でも育てやすいです。
華やかさより、庭でよく咲いてくれて、やや横張りの木姿は草花と馴染む自然な庭の一員になるような花です。
春は和紙のような繊細な花弁が多いタイプの品種は、多肥で育てると美しく咲かない事があります。
「ナウシカア」も、冬の芽だし肥から液肥など施肥は満開までしない方がいいです。
これはバラを無農薬で、少ない肥料とローメンテナンスで育てられる方向性を示すものと考えた方がいいです。


ガーデンダイアリーVol.8の誌面で「ナウシカア」の美しい花を見て、正直見入りました。
写真家福岡将之さんがベストな花の雰囲気を見事にとらえています。

淡いピンクの内側の花弁が外に向かって一層淡くなり
レモンイエロー・アイボリーになるソフトな花を見て、木村さんの言う育種プログラムの中の新しい作風を感じました。

木村さんとは話をする機会も多いですが
バラの育種に関する考えはガーデンダイアリーVol.8に記してあり
それを実現させるため昨秋は今までになく多くの種子約12万粒を蒔いた話など
暮れに玉置さん大野さんと4人での忘年会で会った時も、苦労話を楽しそうに語っていました。

また常に上を目指して、すでにフランスなど海外でも木村さんの品種は発売されていますが
国際水準に達するには花の良さは当たり前として
「耐病性」の弱い品種は国際ステージに立てないのは誰よりも判っていて
昨年は「耐病性」の先進国ドイツを1週間レンタカーで一緒に回り
現地でドイツの代表的な育種家と交流をして来ました。




background-image

2017
12/01
Fri
Category:2017

vol.81(2017.12.01~)

back

品種名 : ピンク・パラダイス Pink Paradise 
作出 : 2011年 フランス Delbard
花期 : 四季咲き
花色 : ピンクの複色に黄色がミックス
花径 : 8~10cm
樹高 : 1.0m
香り : 強香

画像は2011.7.12にマリコーンにあるアルノー・デルバール邸で、圃場から切って来た花を撮ったものです。

この以前から圃場で見た事がありましたが、その頃からアルノーは発表に前向きでした。

明るいピンクの花で、花芯や花弁の裏側に淡い黄色がかるバイカラーになり、明るく陽気なフレンチローズの印象です。

耐病性の強いバラに送られるドイツのADR賞などの受賞歴のある優秀な品種です。

フランスでは早くから発売されていて、日本での発売が待たれていましたが、今年の国バラでお披露目になりました。

日本での発売が遅れた原因の一つに品種名があると言われています。

品種名の「ピンク・パラダイス」はパリのシャンゼリゼ近くにあるストリップ劇場の名前で、世界中の観光客などの人気スポットの一つになっています。

私は行った事は無いですけどね(笑)

見かたによってはこの華やかな花からアルノーが連想したのかも知れませんが、私はこのネーミングはピッタリだと思っています。

コンパクトな樹形で、ハーブにローズの香りがミックスされた香りも良く、春から秋まで繰り返しよく咲く四季咲きバラとしては貴重です。

花壇や鉢植えなど身近で育てたいバラです。

background-image

2017
11/01
Wed
Category:2017
vol.80(2017.11.01~)

back

品種名 : シャルム Charme
作出 : 河本純子氏
花期 : 四季咲き
花色 : ラベンダーピンク
花径 : 8cm
樹高 :1.2m
香り : 中香


ラベンダートーンのピンク色の美しい花。
その花色に相応しい、ダマスクとミルラの調和のとれた甘い香りがこの花を引き立てます。

咲き始めは整ったツボミから花びらの多いロゼット咲きになり、一輪一輪が華やかな房咲きになります。

株丈は1.0~1.2m位で、鉢植えやお庭の手前の方に植えるのに向いていて、
この花のよさと香を楽しむのに程よい大きさです。

樹勢も強く、うどんこ病、黒星病への耐病性もあり育てやすい。

女性ならではの優しい花を沢山作出している河本純子さんが、
単に優しい花だけではなく、耐病性もあり丈夫で育てやすいものに育て上げました。

名前は「魅力・美しさ」という意味のフランス語からです。


back




background-image

2017
10/01
Sun
Category:2017

vol.79(2017.10.01~)

back

品種名 : ケルビーノ Cherubino
作出 : デルバール(フランス)
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いアプリコット
花径 : 8cm
樹高 : 1.2m
香り : 中香


不思議と花色がピンクがかっていますが、
本来はもう少しアプリコットで、国内で育てても季節や気候によって花色は微妙に変わります。
花は房咲きで5~10輪になり、ソフトに波打ち満開時にはオープンカップになります。
香りはフルーツ香がメインの芳香で、けっして強くはありませんが咲いていると香りを感じられます。
樹形は程よい大きさでまとまるコンパクトシュラブで、分枝も良く自然な樹形で多くの花をつけます。
葉は耐病性があり小ぶりで厚みがあり、開花時でもあまり邪魔になりません。


このケルビーノ誕生には、ちょっとサプライズな話があります。

毎年7月に新しいバラの情報収集の為、フランスへ行っていますが
昨年の訪仏時に・・
同行のNew Roses編集長の玉置氏は、秋号が創刊20号になるので
アルノー・デルバール氏にインタビューを前もってお願いしてありました。

デルバール社の試験圃場で、アルノー氏に説明を受けながら見て廻っていると
作出してまだ名前も付いていないアプリコットの花を、無造作に枝をカットし大きな花束にして
New Roses編集長の玉置氏に
「今度発行になるNew Rosesが20号になっておめでとう」と手渡し・・
・・・「このバラをNew Rosesに捧げます」と言いました。

back
 (昨年7月撮影)
玉置氏は勿論、そこに居たみんなも大感激しました。

ケルビーノは、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」に登場する美男子の小姓ケルビーノが唄うアリア
「恋の悩み知る君は」からで、ネーミングを一任された玉置氏によって命名されました。

back
 (今年7月撮影)
デルバール社の圃場で咲いていた花をカットしたもので
大野耕生さんが束ねて、写真を撮りやすくしてくれたものです。




Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.