06
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : Dear English Roses

5月に撮った花写真

2018
06/08
Fri
180608-1 デスデモーナ

5月に咲いた時撮った、気に入っているイングリッシュローズです。

デスデモーナ。

小ぶりな樹形なので鉢植えで庭の前の方に置いて居るので、背伸びして来たニゲラに囲まれています。

ニゲラって言えば、今年咲いているのは昨年フランス行った時、ガーデンで綺麗なブルーで咲いていたのを、
種子を頂いて来たのです。

でも咲いたらほとんどが白い花でした^^

180608-2 ジゥード・ジ・オブスキュア

アーチに添わせているジュード・ジ・オブスキュアです。

南に向かって咲いているので、花の真正面から撮ると後ろの建物が写ってしまうので、
この角度になりますがアーチに馴染んで咲いています。

180608-3 オルブライトン・ランブラー

ラティスに誘引しているジ・オルブライトン・ランブラーです。

花の大きさといい、ロゼットの中のボタンアイといい、よくぞここまでオールドローズの雰囲気の花を作ったと、
この花を初めて見た時は驚きでした。

秋も良い花を咲かせる優れものです。

ウィズリーは枝垂れて咲く

2018
05/30
Wed
Category:S~Z
180530-1 ウィズリー

2004年発表のイングリッシュローズで、濃桃色で深いカップ形を長く保ちます。
四季咲きが良く、オールドローズ香にフルーティーな香りがミックスし当時の品種としては耐病性も良いです。

品種名はロンドン郊外にある英国王立園芸協会のガーデンの名前にちなみます。

それが、2008年に改めて「ウィズレー2008」が発表され、ウィズリーは生産を中止されました。

原因はよくわかりませんが、枝が細いわりに花弁が多い大き目の花なので枝垂れて咲くのが(私は好きですが)生産も中止になったのではないかと思います。

その後でた「ウィズレー2008」は硬い枝で花は上を向いて咲きます^^

180530-2 ウィズリー

花が枝垂れるので、シュートを利用して上に上に行くように育てています。

180530-3 ウィズリー

小ぶりな時は、ハンギングにしたいほど枝が下に行ってしまうので、鉢の上に鉢を置いて居ます。

左の画像のようにいい具合にシュートが出て来たので、このシュートを大事にして今のような樹形にしました。

頑張って咲きました

2018
01/14
Sun
Category:S~Z
180114 シャリファ・アスマ 

「真冬晴れ」なんて言葉は無いかと思いますが、大雪でご苦労なさっている所が多い中、画像のように日中は日差しも強よかったです。

春の花の半分位ですが、咲いてくれた「シャリファ・アスマ」です。

イングリッシュローズの中で大好きな花の一つで「もっと咲かせるバラつくり」の表紙にも使いました。

ツボミはガクも開いて開花体制に入っていますが、剪定時期も近づき咲くのは無理かも知れませんね。

長く咲いています。

2018
01/08
Mon
Category:G~J
180108 グラハム・トーマス 

けっして器量よしではありませんが、咲いている場所が生垣フェンスの陰なので、暮れからゆっくり咲き始めて、まだ咲いています。

春では全く考えられないグラハム・トーマスです。

香りは春の香りのままです。

だんだん少なくなって来ました

2017
12/29
Fri
Category:D~F
171229-1 エミリー

今年は誰に聞いても、気候のせいか秋花の咲くのが遅いと言っていました。

我が家でもその傾向からか、花数はともかくいつもより長く咲いていましたが、その花も終わりに近づいて来ました。

「エミリー」は花芯にボタンアイが見えるイングリッシュローズ1992年発表の花です。

とっくにカタログ落ちしていますが、小ぶりで四季咲き性もいいので気に入っている品種です。

171229-2 アンブリッジ・ローズ

この花だけですと何だか判らいと思いますが、1990年発表のイングリッシュローズ「アンブリッジ・ローズ」の最後の花です。

ミルラの香りが強いアプリコット系の花で、本来の花ではないですが、私は咲いてくれていればいいのです。

一昨年、オースチンの本社に行った時、夜の会食の時イングリッシュローズで何が好きかと聞かれたので、
迷わず「アンブリッジ・ローズ」だと言ったら、いつまでそんな古いのにこだわっているのだと言われましたが、
好きなものは好きなんです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.