FC2ブログ
06
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 2019

background-image

2019
12/01
Sun
Category:2019
vol.105 (2019.12.01~)

back

品種名 : コフレ
作出 : 河本麻記子  2019年秋発表
花期 : 四季咲き
花色 : パープル
花径 : 8cm
樹高 : 1.5m
香り : 中香


なんと魅力的な花でしょう。
今までの花には比類が思い当たらないほど斬新です。

「NewRoses 26号」に載っているコフレは、
外弁が緑色で、内側はパープルを帯びたピンク、
グリーンの花色が入る花は、花持ちがとても良い事が証明されています。

咲き始めはコロッとしたツボミで、そこからカップに開き、形の良いロゼットに咲き進んでいきます。
伸ばしてフェンスなどに誘引しても良く、カットして形よく鉢植えで咲かせる事が出来ます。

今回使った画像は、11月9日に河本バラ園の大苗作りの圃場で撮った写真です。
掘り上げ前のコフレは1.5m位に伸びたシュラブ樹形で、枝先にはこのような花が咲いて、四季咲き性も良い事が判ります。
一緒に圃場を見て回っていた作出者の河本麻記子さんが、
枝から花をカットして香りを嗅ぎながら説明して下さり、ティーの香りを感じました。

花名はフランス語で宝石など入れる小箱からつけたそうです。


back





background-image

2019
11/01
Fri
Category:2019
vol.104 (2019.11.01~)

back

品種名 : アッサンブラージュ  Assemblage
作出 : 小山内 健   2018年発表
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いピンク
花径 : 6〜7cm
樹高 : 1.0~1.2m
香り : 強香

京阪園芸の小山内さん作出のバラ。
「ローズアロマティーク」シリーズの芳香を放つバラで、アプリコットピンクがかった花色はソフトです。

花弁が多いカップ咲きの花は、やがてロゼット咲きに進みます。
香りはバラ特有のダマスク香に、フルーツ香がミックスしたとても好ましい香りです。
小ぶりな木立樹形で、分枝が良いので枝数も増え、沢山の花を咲かせて鉢で育てるのにうってつけです。

先日、京阪さんで小山内さんとのトークのイベントの時
小山内さんが圃場からカットして来て、ステージにブーケのようにして花瓶に挿した花です。

ステージが終わってから、写真を撮るのに花束を胸元に持った時
とてもふくよかな香りに包まれ、バラっていいなって改めて感じました。


back




background-image

2019
10/01
Tue
Category:2019
vol.103 (2019.10.01~)

back

品種名 : スターリィ・ヘブンズ  Starry heavens
作出 : 木村 卓功 「ロサ・オリエンティス」 2019年発表 
花期 : 四季咲き
花色 : アプリコット
花径 : 7~8cm
樹高 : 1m
香り : 少ない


春はピンクのトーンを含んだアプリコットの花で咲き、
満開に向かうと房咲きの花がグラデーションになって優しい雰囲気になります。

小ぶりな樹形で分枝も良く、細めの枝に葉は小さ目なので花の邪魔になり難いです。

鉢植え向きで、私は季節の折々の草花が咲く花壇の中に置いて居ます。

四季咲き性も良く房咲きになるので、一番花以降次々と咲き続ける花はエンドレス剪定を続けて、
出来るだけ花が途切れないようにしています。

耐病性はとても良く、我が家ではうどんこ病・黒星病に対する殺菌剤散布はしていなく、
害虫も目に余るときだけ殺虫剤を部分的に散布するだけで済んでいます。





background-image

2019
09/01
Sun
Category:2019
vol.102 (2019.0.01~)

back

品種名 : クラリス
作出 : タンタウ(ドイツ) 2018年発表
花期 : 四季咲き
花色 : ソフトピンク
花径 : 6~8cm
樹高 : 2~2.5m
香り : 微香

ソフトピンクの花弁の外側は白から薄緑になり、これは花持ちが良い証にもなっています。
カップロゼット咲きの花を次から次と咲かせる房咲きで、樹に力が付いて来ると花で覆われるようになる。
花を引き立てる深緑の葉は病気に強く、強健種です。
枝は素直に伸びるのでオベリスク、ラティス、ポールに誘引するなど使い勝手がよい。
鉢でコンパクトに咲かせる事も出来ます。

back

この写真は5月に京成バラ園で撮った画像です。
バラ園は満開状態でしたが、その中でも花付きの素晴らしさが一際目立ちました。

このバラを作出したローゼン・タンタウ社は、ドイツで100年以上の歴史があり、
レイニー・ブルー、ブルー・ムーン、ゲーテ・ローズを始め沢山の名花を発表しています。

タンタウ社には一昨年、バラの家の木村卓功さん達と訪問し、交配現場、育種場などくまなく見せて貰いました。
今の作出目標を花の良さを一番に、耐病性、香りを重視した育種をしていて、
ドイツの権威ある賞で耐病性、耐寒性の国際的なバラのコンテスト「ADR」でも多くの品種が受賞しています。

back




background-image

2019
08/01
Thu
Category:2019

vol.101 (2019.08.01~)

back

品種名 : アリエッタ Arietta
作出 : 河本純子 2018年秋発表 
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いピンク
花径 : 4cm
樹高 : 2.0m
香り : 甘い香り

小輪の花は花弁がギッシリ詰まったカップ咲きで、何処までも淡いピンクの花弁は外に向かって一層淡くなります。
花に合わせるように葉も小さく、節間も広いので邪魔になりません。
スプレー状に咲く房咲きで、花の重みでうつむき加減に咲く。
育てて枝が伸びてくると、この咲き方が丁度よくなります。
枝はしなやかなシュラブタイプで、伸ばすと支えが必要になります。

1枚目画像の花は、河本バラ園の温室で咲かせた花です。
環境によっては、小輪で花弁が多い花に見られる開きにくい事があります。



back

こちら(2枚目画像)は、我が家で咲いた二番花です。
花のイメージが違いますが、花は小さくなっても驚くような花弁の多さがうかがえます。
庭では近くに明るいブルーの花のヴィチセラ系のクレマチスを添わせていますが、とても良く合います。





Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.