01
26
29
<< >>

This Archive : 2018年01月

クリスマスローズの2月の管理について

2018
01/31
Wed
Category:月別管理
昨年秋から天候不順でしたが、クリスマスローズはあまり影響を受けずに来たようでしたが、1月22日の大雪には慌てました。
家にいたので、主だった株はテラスに避難させて事なきを得ました。
これからも雪の予報もありますし、寒い地方の方もどうか気をつけて下さい。


今月のクリスマスローズ展は下記の通りです。

日本クリスマスローズ協会の展示会
2月6日(火)~12日(月)
東京都立神代植物園 植物会館展示場

池袋サンシャインシティ「クリスマスローズの世界展」
2月16(金)~18日(日)


○肥料
置き肥は引き続き継続します。
肥料によって効く期間が違いますので、説明書通りの間隔でやって下さい。
液肥は規定量に薄めて7~10日ごとに施すと効果的です。

今月後半になりますと、来年のための新芽が成長を始めますので、その成長を促すためにも、置き肥、液肥のバランスのとれた肥料を引き続き施すのが大切です。


○子房取り
花(萼)が満開になると、めしべが受粉して花芯に種子の入った子房が付いてきます。
そのままにすると株に負担がかかるので、増殖するのに種子を採る以外子房は取ってください。
取るのは気が付いたときで、ねじると簡単に取れます。


○水やり
水は乾いたらやりますが、水やりは午前中にするようにしましょう。


○植え替え
今冬開花株を求めたものは根が回っているので、花が満開過ぎたら花茎を切って植え替えをして下さい。
用土は培養土が使い勝手が良く、水はけが良すぎるのを使うと夏の水切れの注意が必要です。
私は植え替える鉢は5→7号と2号プラスでやっています。
植え替えの時元肥はいれません。
クリスマスローズは6月から肥料を切らすことが必要なので、置き肥と液肥でコントロールするのがいいです。


添付した画像の株は、毎月ここに書いている管理の仕方で育てたものです。

180131-1 デュメ交配d79
デュメ交配のダブルで、昨年サンシャインの「クリスマスローズ展」に出品した株です。
今年も順調に育っています。

180131-2 ウィンターシンフォニー
ウィンターシンフォニーのイエロー・ダブルのピコティで、2011年冬から育てている株です。

180131-3 プチドール
鉢の正面に合わせて咲いてくれた「プチドール」です。


******* セミナーのご案内 *****************************

「もっと咲かせるクリスマスローズの育て方講座」のご案内。

プロジェクターと実演でわかりやすくご説明します。

2月8日(木)日本橋三越本店新館カルチャーサロン

問い合わせ 03-3274-8595(午前10時30分~午後7時)



会いに来てくれました^^

2018
01/30
Tue
180130 小山内さんとユキちゃん

昨日一緒に園芸文化協会の日比谷公園のバラ剪定会で一緒だった、小山内さんがユキちゃんに会いに来てくれました。

前から来たい来たいと言っていたのがやっと実現しました。

イヌ好きなのがユキちゃんにもわかるのか、すっかりなついて後を追いかけていました。

このあと新潟の方に旅立っていきました。

アイアンラティスに誘引しました。

2018
01/30
Tue
180130-1 バスシーバ

毎年品種を変えて誘引していますが、今年はイングリッシュローズの「バスシーバ」にしました。

枝が細くて少ないのが少し心配です。

180130-2 バスシーバ

誘引の時期になって候補を探していましたが、少し枝が伸びているのでやってみる事にしました。

180130-3 バスシーバ

この画像は一昨年の冬にコーネリアの長尺苗を誘引したのが5月に咲いた時のです。

これにどこまで近づけるかです。

剪定始めました。

2018
01/28
Sun
180128-1 アカデミア剪定

剪定した切り口から枯れ込むのを防ぐため、割り箸位の太さ以上の切り口に癒合剤を塗っています。

殺菌剤入りを使っていて、枯れ込みはほとんど防げています。

枝を切る時は水平に切ると断面が狭いので、直りも早いし樹液の流れも抑えられます。

180128-2 アカデミア剪定

剪定した品種は「アカデミア」で、香りも良く四季咲き性も優れているので気に入っています。

ここまでスリムな樹形と思っていなかったので(笑)一度切り戻して低い位置から分枝させて形を整える剪定をしました。

11月に植え替えた株

2018
01/27
Sat
180127-1 d17-2  グリーン系加藤

昨年の春ポット苗で手に入れた株で、11月までプラ鉢で育てていました。

プラ鉢が窮屈になっていたので、11月に塗り鉢に植え替えたのが咲いて来ました。

秋に鉢増しして植え替えると、株と鉢とのバランスが悪いので出来るだけ春に植え替えています。

このまま2年育てると鉢とのバランスが良くなります。

180127-2 d17-2  グリーン系加藤

花の拡大画像です。

グリーン系のセミダブルの花で、大きな株に育てていくつもりです。

植え替え&矯正

2018
01/27
Sat
180126 ワイルド・イヴ 植え替え

イングリッシュローズの「ワイルド・イヴ」を長く植えていた10号スリット鉢→9号スリット鉢にサイズダウンしました。

同時にずっと同じ置き方していたので、南の方に向かって枝が伸びて行ったのを、植え替える時センターの枝が真上を向くようにしました。

後は、剪定で芽の方向を見て切ればバランスのよい枝ぶりになります。


チョット夜遊びしていたので遅くなってしまいました。

自分だけで楽しんでいる花

2018
01/25
Thu
180125-1 デュメトルム交配sd10

テラスに置いて雪に当てなかった、デュメトルム交配のセミダブルです。

鉢の柄にドンピシャに合わせて咲かそうとしているのですがイマイチですね。

180125-2 デュメトルム交配sd10

なぜ、自分だけで楽しんでいる花かと言うと、セミダブルに見えるネクタリーが1週間位で散ってしまうのです。

クリスマスローズのこの部分が花弁と言われているので、しょうがないんですね。

なので、展示会などに出すとただのシングルになってしまうので(笑)私だけで「小さな妖精」と名付けて楽しんでいます。

小さな庭の雪の被害

2018
01/24
Wed
18124-1 雪の被害

降って一日置いた朝、鉢にまだかぶっている雪を取っていくと被害の様子が判って来ました。

綺麗に咲き揃っていたオレンジ色のラナンキュラスの花枝が折れていました。

う~~んダメかな。

18124-2 雪の被害

沢山ある花枝が揃い、間もなく咲きそうで楽しみにしていた「キルタンサス」は雪の重みで曲っていたけど、
折れていないので復活すると思います。

18124-3 雪の被害

雪の重みで寝てしまったヒナソウ(ホストニア)です。

鉢いっぱいにブルーの小花で覆うようにまたガンバリます。 


バラの枝は今の所大丈夫そうです。

雪の朝

2018
01/23
Tue
180123-1 雪の朝

越して来て3年、ここまで降ったのは初めてでした。

2週間位前から予報で降るぞ降るぞと言われて来ましたが、本当に降りました(笑)

そこまで言われていても特に対策なんて事も無くいましたが、間もなく咲きそうなクリスマスローズの
「よしの」だけはテラスに入れましたが、吹き込んできた雪をかぶりました。

雪を払った所です。

180123-2 雪の朝

雪で食べるものが見つからないのか、四十雀が入れ替わりピーナツリングに来ます。

180123-3 雪の朝

一夜明けて雲一つない朝を迎えました。

手の施しようがないのでこのまま雪が融けるのを待ちますが、被害が無い事を願っています。

まだまだ降っています。

2018
01/22
Mon
180122-1 雪の庭

ざっと15cmは積もりました。

すっかりモノクロの世界になって来ました。

180122-2 雪の庭

子ども達は大喜びです。

180122-3 雪の庭

ちょっと黒いですが、間もなく雪だるまも出来ます。

あっという間に積もって来ました

2018
01/22
Mon
180122-1 雪の日

ユキちゃんほ~~らこんなに積もって来ちゃったよ

「・・・・・」

今日はお散歩も出来なかったね

「・・・・・」

明日もお散歩はダメかな

「・・・・・・」

じゃあお昼寝しようか

180122-2 雪の日

残り花の「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」も重そうです。

180122-3 雪の日

雪の中四十雀はせっせとピーナツをついばんでいます。

庭に緑が少なくなって来ました。

2018
01/21
Sun
180121 ユキちゃん

バラは落葉したのが多くなり、庭はすっかり冬景色になって来で部屋の方から見ると寂しくなって来ました。

部屋から見て一か所くらいは花や緑があった方が良いので、昼間花や、緑のものをまとめてみました。

前に見にくくしているのがいます^^


今夜は花好きな方たちと新年会&二次会で、かなりマニアックな話で盛り上がりました。

大苗植え替え

2018
01/20
Sat
180120-1 大苗植え替えロゴ入り 

購入した大苗を左の8号スリット鉢に植え替えました。

大苗は台木の野バラの側面に芽接ぎをするので、どうしても枝が斜めに出ます。

そこで植え替える時は、今回の場合は中心になる枝を真上に向くように植えつけました。

こうした方が咲いた時のバランスがいいです。

このままですと、枝が長すぎ咲いた時「腰高」になるので。いい芽の上で切り戻します。

180120-2 大苗植え替え 

大苗をポットから抜いたら画面右のように、いい根が伸びていました。

この場合根鉢は崩さず、根だけを園芸ハサミの先などで、少し緩めると植え付けた用土に早く馴染みます。

アーチに誘引

2018
01/19
Fri
180119-1 ウィリアム・モリス  誘引ロゴ入り

一日にアーチの片側ずつしきゃ出来ませんが、今回は手前アーチの右側です。

品種は「ウィリアム・モリス」でアーチに添わしている中で成長が一番いいです。

右側画像は伸び放題の状態です。

私はアーチの側面から上まで全体に花を咲かせて、はじめてアーチに花を咲かせたと言えると思っています、

側面にも花を咲かせるため、段切りや枝を寝かせています。

全体に枝数が多く見えると思いますが、折角伸びた枝なのでギリギリ枝を残しています。

ツボミが付く頃までこのままで、ツボミが付かなかった枝はその時になって切ります。

途中で枝はマイナス出来ますが、枝のプラスは出来ません。

これは一回目の仮誘引で、これから枝が伸びるにしたがって微調整をやって行きます。

180119-2 ウィリアム・モリス 誘引ロゴ入り

葉を取り、ツボミが付かない枝先を切り戻しました。

葉を取ったらまだ花やツボミがこれだけ付いていて、殺風景になった庭のアクセサリーになります^^

これも四季咲き性の品種を絡ませたおかげです。

左側はアーチに添って枝を寝かせた所です。

順調です。

2018
01/18
Thu
180118-1 デュメ交配d79 

ツボミがここまで育って来ています。

この時期になると開花情報が飛び交っていますが、クリスマスローズはやはり2月です。

肥料の錠剤が目に付きますが、定期的な肥料管理をしていると、花芽が付いているステムが後から増えて来ます。

180118-2 デュメ交配d79 

昨年池袋サンシャインで開催の「世界のクリスマスローズ展」に出品した時の画像で、ご覧頂いた方もいらっしゃると思います。

今年の方が花数が多いいと思います。

誘引始めました。

2018
01/17
Wed
180117-1 ロードリーオベロン誘引

誘引をそれなりにやると時間がかかります。

なんとアーチの片側だけで終わりでした(笑)

伸ばしっぱなしの「ロードイー・オベロン」です。

180117-2 ロードリーオベロン誘引

まず葉を全部取り、花芽にならない枝先を切り詰めました。

花やツボミが付いたままだって(笑)咲かないと思いますが、あった方が殺風景にならないですよね^^

あまり真面目に考えないで、しょせん庭遊びです。

で、そのうち切ります。

180117-3 ロードリーオベロン誘引

今日はここまで!

曲げるように誘引した枝は咲かせる目的で、段切りしているのは咲かせながら枝を伸ばすためです。

枝が細いんじゃないかって?

秋に咲いた枝は、どのくらいの太さの枝から出た枝か覚えて置けば、その太さの枝を残せば花が咲きます。

私は覚えて置くのが苦手なので、このようにツボミや花を残して置くと判り易いです。

結局2連のアーチの1本の片側しきゃ出来ず、これはあくまで仮誘引で花が咲くまで枝はいじって行きます。

鉢植えバラの剪定は1鉢3分もあれば出来ますが、誘引は時間がかかります^^

世田谷のボロ市に行って来ました。

2018
01/16
Tue
180116-1  世田谷ボロ市

良いお天気に誘われて行って来ました。

このボロ市の歴史は古く、安土桃山時代までさかのぼり、時代によって活況と衰退を繰り返し、明治になって12月、正月の15,16日に開かれるようになったそうです。

初めて来たのは、定かではないですがもう30年以上前で、その後も何度も来ています。

以前は骨董、古着、古道具に農機具や大工道具。それにお目当ての植木、草花など近隣で作られたものが多く面白かったですが、時代と共に若者向きのウェアー、アクセサリー、雑貨などが多くなって来ています。

人出は年々増えてごった返しています。

180116-2  世田谷ボロ市

ボロ市の中心はお代官屋敷で広大な敷地に昔のままの佇まいで保存されています。

ここの名物は「代官餅」でつきたてのお餅にあんこ、きなこ、からみ(おろし)があり、からみが美味しいんだなぁ~~。

それが残念ながら売り切れでした^^

180116-3  世田谷ボロ市

代官屋敷の母屋の裏にまわった所です。

門や建物は萱ぶきです。


夜なべで作りました。

2018
01/15
Mon
180115-1 野鳥

このピーナツリング昨夜TVを見ながら作りました(笑)

意味は無いんですが8の字形にしました。

付けたらすぐ四十雀が食べに来ました。

まだ未練たらしく残してあるツボミがあります。


180115-2 野鳥

食事が終わった後、バードバスに水を飲みに来ましたが、凍っているので途方にくれているメジロと四十雀です。

頑張って咲きました

2018
01/14
Sun
Category:S~Z
180114 シャリファ・アスマ 

「真冬晴れ」なんて言葉は無いかと思いますが、大雪でご苦労なさっている所が多い中、画像のように日中は日差しも強よかったです。

春の花の半分位ですが、咲いてくれた「シャリファ・アスマ」です。

イングリッシュローズの中で大好きな花の一つで「もっと咲かせるバラつくり」の表紙にも使いました。

ツボミはガクも開いて開花体制に入っていますが、剪定時期も近づき咲くのは無理かも知れませんね。

「シモバシラ」が小さな庭にも

2018
01/13
Sat
180113-1 シモバシラ  

今日の朝の気温がマイナスだったので、我が家の庭のシモバシラにも冬の氷の花「シモバシラ」が出来ました。

ネット上では暮れのうちから見受けていたので、ウチの辺ではダメかと諦めていましたが7時半頃気が付きました。

でも決して立派ではありません。

シモバシラの存在は以前から知っていましたが、山に行かないと見られないものと思っていたら、
知人が庭で出来たのを昨年ネット上で紹介していたので、ご厚意で少し分けて頂いたものです。

180113-2 シモバシラ  

拡大した所です。

シモバシラはシソ科の植物で、枝は枯れますが宿根しているので、根から吸い上げた水分が枯れた茎からしみだし、
冷たい外気に触れて凍っていく事で作られると言われています。

茎から水分が霜のように出ているのがわかります。

もっと早く起きて気が付けば、鮮明に見られたかも知れませんね。


どの子も可愛いんだけど….

2018
01/12
Fri
Category:未分類
180112-4 野鳥

庭を訪ねてくれる野鳥はみ~んな歓迎だけど、この子はねぇ図体が大きいのを良い事に荒っぽいんです。

大きいので止まると揺れるので、ホバリングしながらリンゴに突撃します。

180112-2 野鳥

飽きもせず繰り返すと、置いたリンゴも半分位になってしまいます。

警戒心は強く少しの音で逃げていきます。

180112-3 野鳥

「ヒヨドリ」が居なくなるのを近くで、お腹を空かして待っていた「メジロ」がすぐに来ます。

平和な風景です^^

小鳥の食事時間はカメラを置いて見ていると飽きませんが、植え替えなどやる事は沢山あるのです(笑)

ツボミも色付いて来ました。

2018
01/11
Thu
180111 花芽

クリスマスローズのシーズンが近づいてきました。

この株はクロアチカスdとパーティドレスdの交配したものです。

右が昨年咲いた花で、交配の組み合わせが興味があったので育てています。

今日はバラの植え替えです。

2018
01/10
Wed
180110-1 住友培養土

今日は5鉢植え替えましたが、その内3鉢サイズダウンです。

10号スリット鉢→9号です、理由は鉢の重量が軽くなるのと、鉢が小さくなった分空間が取れるからです。

品種は「ロイヤル・ジュビリー」で、昨年強風でオベリスクの下敷きになり枝が全部折れました。

ダメかと思っていたら根鉢の周囲から芽が出て来たので枝は細く、左側の枝は土の中から出たので、台木の枝かと思いましたらロイヤル・ジュビリーの花が咲きました(笑)

180110-2 住友培養土

右側は鉢が小さくなるので、底の部分を7cm位切り落としました。

左は側面の土をそぎ落としました。

その結果根鉢の大きさが50%位になりました。

180110-3 住友培養土

培養土は活力剤入りの水で馴染ませて植えつけます。

私は接ぎ口が軽くかぶる位まで土を入れます。

植え替えました

2018
01/09
Tue
180109-1 鉢増し

この鉢は昨年春に花が終わった時植え替え候補に挙がっていたのですが、後回しになったのです。

根が詰まっていて、水をやってもしみ込まなくてプール状態になっていました。

秋は天候不順で雨が多く植え替えが出来ませんでした。

5号鉢で花芽が上がって来たら、なんと確認できただけでも8芽ありました。

これではあまりにも可哀そうなので、植え替えしようとしたら鉢が変形しているのでやむなくプラ鉢を切りました。

テラコッタでなくて良かったです(笑)

180109-2 鉢増し

鉢の中の土は何処に行ったのでしょうね^^

ほとんど根っこです。

根鉢の底の方からこじ開けるようにして行き、何とか画面左側のようにしました。

コチコチな根は切り落としました。

180109-3 鉢増し

7号の焼き塗り鉢に植え付けました。

私は芽がバラけないで締って作るのが好きなので、今年は咲いても鉢とのバランスが悪いと思います。

長く咲いています。

2018
01/08
Mon
Category:G~J
180108 グラハム・トーマス 

けっして器量よしではありませんが、咲いている場所が生垣フェンスの陰なので、暮れからゆっくり咲き始めて、まだ咲いています。

春では全く考えられないグラハム・トーマスです。

香りは春の香りのままです。

元気が出る寄せ植え

2018
01/07
Sun
180107 寄せ植え

冬の庭を彩るビタミンカラーです。

後ろからコルディリネ、ラナンキュラス、ビオラ、ビーダンス。

ボリュームが出るのが楽しみです。

恥じらいジュード

2018
01/06
Sat
Category:Rose・花
180106-1 ジュード・ジ・オブスキュア

ほんのり淡い紅をさしたジュード・ジ・オブスキュアを初めてみました。

咲いたのを見たいですがこれで精一杯だと思います。

ま、これでいいのかも知れませんね。

180106-2 ジュード・ジ・オブスキュア

まだこれだけ花があります。

仲良く

2018
01/05
Fri
180105 四十雀&メジロ

暮れの頃から野鳥が頻繁に来るようになりました。

それぞれ食事が違うのでおもてなしも大変です^^

四十雀にはヒマワリの種子、メジロにはリンゴを、仲良く食べています。

このほかヒエやアワなど小粒なのも用意しています。

ギャングみたいな大きな鳥に気が付かれないのを願っています。

background-image

2018
01/04
Thu
Category:2018

vol.82(2018.01.04~)
back

品種名 : ナウシカア
作出 : 2017年 木村 卓功氏
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いピンク~イエロー、アイボリー
花径 : 6cm
樹高 : 1.2m
香り : 中香

「ナウシカア」はとても花付きが良く、木ぶりから地植えでも鉢でも育てやすいです。
華やかさより、庭でよく咲いてくれて、やや横張りの木姿は草花と馴染む自然な庭の一員になるような花です。
春は和紙のような繊細な花弁が多いタイプの品種は、多肥で育てると美しく咲かない事があります。
「ナウシカア」も、冬の芽だし肥から液肥など施肥は満開までしない方がいいです。
これはバラを無農薬で、少ない肥料とローメンテナンスで育てられる方向性を示すものと考えた方がいいです。


ガーデンダイアリーVol.8の誌面で「ナウシカア」の美しい花を見て、正直見入りました。
写真家福岡将之さんがベストな花の雰囲気を見事にとらえています。

淡いピンクの内側の花弁が外に向かって一層淡くなり
レモンイエロー・アイボリーになるソフトな花を見て、木村さんの言う育種プログラムの中の新しい作風を感じました。

木村さんとは話をする機会も多いですが
バラの育種に関する考えはガーデンダイアリーVol.8に記してあり
それを実現させるため昨秋は今までになく多くの種子約12万粒を蒔いた話など
暮れに玉置さん大野さんと4人での忘年会で会った時も、苦労話を楽しそうに語っていました。

また常に上を目指して、すでにフランスなど海外でも木村さんの品種は発売されていますが
国際水準に達するには花の良さは当たり前として
「耐病性」の弱い品種は国際ステージに立てないのは誰よりも判っていて
昨年は「耐病性」の先進国ドイツを1週間レンタカーで一緒に回り
現地でドイツの代表的な育種家と交流をして来ました。




アーチのバラ

2018
01/03
Wed
180103 アーチのバラ

まだこんな風に咲いています。

誘引もしていないし、アーチに添わせてもないです。

庭から花が無くなると寂しくなるので、お正月になるので綺麗にするわけでもないし、
自然なままにしています。(笑)


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.