FC2ブログ
11
<< >>

This Archive : 2018年11月

クリスマスローズの12月の管理について

2018
11/30
Fri
Category:月別管理
茂っていた葉もこの頃になると、外側に倒れ芽のところに光が当たるようになってきています。

11月に入って肥料を与えた効果が着実に現れ、早いのでは花芽が膨らんできているのがあります。

○肥料

今月も肥料は大切です。

引き続き置き肥を継続して下さい。

液肥は週一位がおすすめです。

○今月の大切な作業

古い葉の切りとり。

春から株を成長させるため頑張ってくれた葉も役目が終わってきました。

原種の一部や交配種で、すでに葉が枯れたのもあります。

株元の花芽に光が当たるように、古い葉を取る時期になって来たので、花芽が膨らんだのから葉切りをするといいです。

地植えの葉は全部切らないで、きれい目な葉は少し残して置いても良いと思います。

東京近郊や暖地では10日位までに切るのがいいです。

181130-1 クリスマスローズ

今日から葉切りを始めました。

葉は地際の所で切ります。

茎を残して切ると、茶色になって残るのと、雨が続いたりするとカビる事があるからです。

181130-2 クリスマスローズ

クリスマスローズにはめったに無いですが、ウィルス性の病気があります。

それが感染するのを防ぐため、一鉢ごとにハサミを替え、使い終えたらまとめてバーナーで熱消毒します。

181130-3 クリスマスローズ

今日はクリスマスローズナーセリー加藤農園の加藤さんが遊びに来てくれました。

加藤さんは説明するまでもなく、実生から1年で開花させるなど研究熱心で、
2月のサンシャインのクリスマスローズ展では常に上位入賞する花を作出する事でも有名です。

クリスマスローズの事を熱く語り合い楽しかったです。

山百合(オーラタム・ゴールド・バンド)が咲きました。

2018
11/29
Thu
181129 山百合

オランダで選抜、改良された山ゆり、丈夫で育てやすいというので通販で頼んだのが8月末に着きました。

開封して見たら冷凍ユリを解凍してあるので、すぐに植えて下さいと書いてあり秋に一度咲き、
来春は通常通りに咲くと説明してありました。

山百合もどきかも知れませんが、今時分の百合って変ですが咲いてくれました(笑)

早くも本領発揮^^

2018
11/29
Thu
181129-2 コユキちゃん

ブリーダーさんからこの子は悪いですよ~と言われていましたが、早くも本領発揮です(笑)

181129-3 コユキちゃん

コラコラ何処に持って行く

181129-1 コユキちゃん

さんざ遊ぶと座ってる横に来てコテンと寝てしまいます。

どんな夢を見ているんでしょうね。

今年もやりました。

2018
11/28
Wed
181128-1 壺とビオラ

壺から水が流れ落ちるイメージで、壺の近くはテラコッタの壺の陰になるのでビオラも茶色に^^

流れ落ちるにしたがい、水色も薄くなって行く….

181128-2 壺とビオラ

3月になるとこんな風になります。

フレグランス・オブ・フレグランシズは香りの花

2018
11/27
Tue
Category:Rose・花
181127 FF

香りの花の言われは、薫→香り→フレグランス、これに香りがとても良い事からつけられました。

今からさかのぼる2008.4.24にNewRoses掲載の花の撮影の時、耕生さんが始めて見る
画像のような花で香りがとてもいいのを持って来ました。

撮影も進んだ時、玉置さんがこのバラは耕生さんが私との長年の親交に感謝して
私に贈りたいと言っていますがどうですかと言われ、こんな嬉しい事は無いので喜んで頂きました。

フレグランス・オブ・フレグランシズの名付け親は玉置さんで、その時つけてくれました。

ようこそコユキちゃん

2018
11/26
Mon
181126-1 コユキちゃん

私の名前はコユキです。

5月にユキちゃんとお別れして、少しずつ寂しさが薄らいだころ、30数年前の初代の仔から
お付き合いしているブリーダーさんから、8月末に可愛い仔が生まれたと家内に連絡がありました。

その電話で家内はもう一気にまた飼う気になってしまいました。

181126-2 コユキちゃん

もう見たいみたいの一心で、9月13日に行った時は生後一ヵ月でした。

ケージの中に女の子が3頭居て、手を中に入れたらヨチヨチって近付いてきて手をなめたのがコユキちゃんでした。

もうこれで決まりです(笑)

181126-3 コユキちゃん

二回目に見に行ったのが10月16日でした。

二カ月経つとしっかりして来て、かなり元気な女の子になっていました。

親元に三カ月は居た方が良いというので、やっと今日お迎えに行って来ました。

アイスバーグ3姉妹

2018
11/25
Sun
Category:Rose・花
181125-1 アイスバーグ

アイスバーグはよく咲いてくれるので、我が家には3種類のアイスバーグがあります。

ワインカラーのバーガンディ・アイスバーグは存在感があり、庭のポイントになります。

近くの育種ビオラの所に枝垂れて咲いています。

181125-2 アイスバーグ

アイスバーグ

秋の花には花芯近くに淡く色づく事があります。

181125-3 アイスバーグ

ブラッシング・アイスバーグ

庭では淡いピンクの花の所に置いて居ます。

今日の花

2018
11/24
Sat
Category:Rose・花
181124-1 秋花

ザ・ナイト

油断して居たら少し咲き進んでいますが、何日か前の開き始めの時は綺麗でした。

181124-2 秋花

ジェフ・ハミルトン

アーチに添って思い出したように咲いています。

181124-3 秋花

ウィリアム・モリス

アーチから枝がはみ出して咲いています。

枝は冬までこのままです。

左側は竹に沿わせていたクレマチスが伸びすぎるので、枝先をピンチした所です。

ハボタンの季節

2018
11/23
Fri
181123-1 寄せ植え

寄せ植えにすると存在感があるハボタンが、園芸店にカラフルに並んでいました。

とりあえず二つの寄せ鉢に入れ替えで植えました。

181123-2 寄せ植え

寄せ植えを作り過ぎちゃったみたいで、通路も無くなりそうです(笑)

クイーン・オブ・ジ・エルブス

2018
11/22
Thu
181122 イーン・オブ・ジ・エルブス

雨上がりの朝、重たげに俯いて咲いていた花で、下か覗き込むように見たら、
なんと優しげな私の中で点数は一気に上がりました。

この写真を撮るのに膝をついて、低い位置からとりましたが、普段はそんな事はありません。

オールドローズを思わせるダマスク香を感じ、その中に交配親から引き継がれたと思われる
ハーブの香りも感じられました。

台風でふるった葉も戻り、消毒も一切やっていない浅緑の葉もこの花を引き立てています。

この品種は木村さん作出で、コンパクトな樹形は鉢で育てるのにも向いています。

ウィリアム・シェイクスピア2000

2018
11/21
Wed
Category:S~Z
181121 ウィリアム・シェイクスピア2000 

晩秋の斜めから差し込む光を背後から受け、秋花の花弁が多い重い花を次々と咲いています。

例年より遅れて、今が秋花の盛りのような気がします。

ビオラと寄せ植え

2018
11/20
Tue
昨日寄せ植えも少しずつやっていくと書いたので「有言実行」早速近くのホームセンターに
寄せ植え用の花材を買いに行きました。

ついでにビオラの売り場に行ったら一つ買ってしまいました(笑)
値段は98円。
後の二つは育種ビオラです。
さあどれが98円なのか当ててみて下さい。

右側の巣箱は先日花フェスタに行った時、ターシャの庭にある館にあったものです。

いいなと思ったのですが、次の日はセミナーもあり荷物になるのでどうしょうかと思ったのですが、
後で後悔するのも嫌なので買ってきたものです。

181120-1 ビオラ寄せ植え

寄せ植えの花材はスィートアリッサムに葉牡丹です。

181120-2 ビオラ寄せ植え

寄せ植えの花材は、右側の赤い葉はアルテルナンテラで、それに葉牡丹と挿し木して置いたコリウスを合わせました。

181120-3 ビオラ寄せ植え

薄紫から白くなる淡いビオラに、ヒナソウと葉に切れ込みがある葉牡丹を合わせてみました。

つらつら思うこと

2018
11/19
Mon
181119-1 秋庭

人間趣向が変わって行くのが進化だと思うようになりました。

オールドローズに目覚め、イングリッシュローズに夢中の頃は、それ以外のバラは目に入らなかったです(笑)
その頃は欲しいと思った品種を探すのに国内外を問わず探しまくりました。

植える場所があった時は一季咲きでも良かったのです。

それが越してから育てる場所も少なくなり、目の前だけになると何時も咲いていてくれるバラがやはり嬉しいです。

バラの仲間と話していたとき、以前とバラの好みが変わりましたねと言われました。

バラは育てる環境によって趣向が変わるものだとつくづく思いました。

181119-2 秋庭

それに加え花が絶えない庭って良いですね。

「小さな庭」作りを始めてから、バラと共に草花の絶えない庭作りをするのに、草花の事も大分覚えて来ました。

ビオラも今までも秋になると植えていましたが、今秋育種ビオラに興味が深まり大分増えました^^

181119-3 秋庭

寄せ植えも今までは大雑把にやっていましたが、季節の折々の寄せ植えも初めは
上手くいかないと思いますが、少しずつやって行こうと思っています。

これからも知らないもの、新しいものに感動して、進化出来たらいいなと思っています。

咲き出した秋花

2018
11/18
Sun
Category:Rose・花
181118-1 秋花

アブラハム・ダービー

咲く度に花色が違う所が魅力なダービーですが、この花チョットあっさりしすぎです^^

181118-2 秋花

シスター・エリザベス

出場回数が多いですが、それだけ良く咲いてくれます。

181118-3 秋花

リベルラ

花持ちが良くて長く咲いているので、今日は撮ろうと思っていたら日が暮れるのが早く、
周囲がうす暗くなって来てしまいました。

かえって紫色が綺麗に撮れたような気がします。

朝撮りデスデモーナ

2018
11/17
Sat
Category:Rose・花

朝出かけに見たら、デスデモーナが優しく咲いていました。

これぞデスデモーナです。

明日は福山で今年最後のセミナーなので、福山に来ています。


ビオラを植えました。

2018
11/16
Fri
181116-1 ビオラ 

また増えてきたビオラを植え付けました。

優しい花に引かれ手に入れました。

181116-2 ビオラ 

花のボリュームが出て来ると、鉢にマッチします。

181116-3 ビオラ 

鉢が大きいので、2株植えています。

我が家のプチポタジェ

2018
11/15
Thu
181115-1 ポタジェ

小さな庭の小さな野菜畑はレイズドベッドで、これですと立ったまま作業が出来るので楽です。

野菜畑はカナイがやっていて、園芸店に一緒に行くと私は花苗、家内は野菜苗の方に行きます(笑)

181115-2 ポタジェ

朝のサラダの材料に使っていますが、二人ですと食べきれない程です。

181115-3 ポタジェ

もう少しするとブロッコリーが収穫できます^^

今日は花フェスタ公園

2018
11/14
Wed
Category:散歩&旅

ナエマが元気です。

花が咲いている所から上の枝ほどうするのでしょう。

ターシャの家の周囲も色づいてきています。

ターシャの庭です。

ご本人が住んでいた庭を取り入れて作ったそうです。


岐阜ミーティング

2018
11/13
Tue

この時期各地から岐阜、河本バラ園に集まって、畑で新品種のバラを前にして、意見を交わしたり写真を撮ったりして、その後懇親会を先ほどまでしていました。

明日は朝から花フェスタに秋バラを見に行きます

明後日は豊橋のガーデン・ガーデンさんでお話をさせていただきます。


また増えちゃいました。

2018
11/12
Mon
181112-1 ビオラ

園芸店に行った数だけビオラが増えていきます(笑)

また増えたビオラに一貫性は無く、一株で大株になると言われると欲しくなり、沢山並んでいる育種ビオラはラベルを見ても判らず、いいなって思ったものを、ホームセンターで98円で買ったのも入っています^^

98円で買ったのと、育種ビオラとそばに置いたら判らないのもあり、一部の育種ビオラは判りますが、育種ビオラって言うからにはオリジナル性があって欲しいものです。

181112-2 ビオラ

もうこれで空鉢も無くなりました。

置く場所も無くなって来ましたけどね。

181112-3 ビオラ

さあ、これで三月頃にどうなって居るかですね。

復活して居ました。

2018
11/11
Sun
181111-1 大船フラワーセンター

24号台風の塩害をまともに受けた直後に「大船フラワーセンター」にセミナーの打ち合わせに行った時の画像が右側で、
今日セミナーで伺った時撮った画像が左側です。

約40日でほぼ被害の後が判らない程になっていました。

181111-2 大船フラワーセンター

園内の一部にまだ被害を受けた跡が見受けられましたが、今日も沢山の方が見にきていましたが、
台風の跡は判らなかったと思います。

181111-3 大船フラワーセンター

ここには貴重な品種も植えてあります。

この品種は「ソレイユ・ドール」で、フランス語で"黄金の太陽"の意味です。

この品種の元は、中東を原産とするロサ・フェティダで、ソレイユ・ドールをもとに
黄色のハイブリッドティーに発展して行った歴史的にも貴重なバラです。

乾燥した大地で育ったので、高温多湿の日本は苦手で育てるのが難しく、流通は少ないです。

花の画像はここで2005.5.12に撮ったもので、この品種が残っているか真っ先に確認に来ました。

京成バラ園に行って来ました。

2018
11/10
Sat
Category:散歩&旅
181110-1 京成バラ園

まだ良く咲いています。

ここも風が通る所は、24号台風の塩害を受けていて、手前の方の葉に影響が出ています。

181110-2 京成バラ園

秋にここに来ると枝が伸びていて、写真を撮るのも大変でしたが、今年は切り位置を低くしてあるのか、
花が見やすかったです。

181110-3 京成バラ園

ウチのアーチにウィリアム・モリスを添わせていますが、ここのウィリアム・モリスは木の上の方まで
登り上がっているので、これを見たら恐ろしくなりました。

雨でしたね。

2018
11/09
Fri
Category:Rose・花
181109-1 デスデモーナ 

日替わりのように目まぐるしく天気が変わりますが、雨だと折角咲いた花もうつむいてしまいます。

デスデモーナにはまだ沢山のツボミがあるので、晴れた日に咲いてほしいものです。

181109-2 ヴァネッサ・ベル 

ヴァネッサ・ベル。

昨日はツーショットで撮れると思っていたら、一つは散ってしまいました。

細い花枝に花弁の多い花なので、どうしても雨がつらいです。

181109-3 メアリー・ローズ

公園の桜の葉も色付いて来ました。

アーチに添わせているメアリー・ローズも雨を含んで、アーチから外れました。

アリアドネ

2018
11/08
Thu
181108 アリアドネ

今日は穏やかな日でした。

アリアドネがやわらかな日を受けて、ハチミツ色で咲いています。

この花はロゼットが少し崩れたような、オールドローズにある趣で咲くので気に入っています。

植え替え始めました。

2018
11/07
Wed
Category:未分類
181107-1 クリスティアーナ

この株は24号台風で、枝が折れて酷くなっています。

手始めにこの株から植え替えました。

181107-2 クリスティアーナ

私は植え替えが必要な株は、水を控えて土を乾かせてやると、土がボロボロ落ちて植え替えが楽になり、
手袋も濡らさないですみます。

枯れた片側の部分は切り落としています。

181107-3 クリスティアーナ

植え替えと、形を整えるのを一緒にやった所です。

ビオラに歯止めがかからなくなって来ました(笑)

2018
11/06
Tue
いままでビオラは好きで庭や鉢で育てていましたが、部屋やテラスから置いてある所まで距離があり、
トータルで綺麗に見えればいいと思っていました。

それが先月日比谷公園のガーデニングショーでお二方のビオラリアン(と言うそうです)の
熱く語られたビオラの話を聞いて、心を動かされました(笑)

そこで展示してあったビオラの即売で手にしたのが運のつきで、あっという間に増えました^^

でもやっぱり近くで見ないと良さが判らないのが難点で、もっぱら庭に出て水をやる時などに近くで見ています。

181106-1 ビオラ

人並みに寄せ植えをやって見ました。

ビオラに、人気がある松村さんのクリスマスローズのカラーリーフの中から「ステルニーネオ・ゴールドリーフ」に
ユーフォルビアで寄せ植えの真似事をしました。

ステルニーが咲く頃には馴染んでくると思います。

181106-2 ビオラ

いろいろ愛称をつけて販売されていますが、うさぎが空飛んだり、蒼かったり、かけっこしたり、
追っかけたら大変な事になりそうです(笑)

181106-3 ビオラ

私はラベルの愛称とか系統だって買うのではなく、見た目いいなと思ったので選んでいますので、種々雑多です。

持ち駒はあるので、折に触れご覧入れようと思っています。

春には鉢から溢れるように咲かせられたらいいなと思っています。 

アーチに添わしたバラ

2018
11/05
Mon
Category:Rose・花
181105-1 アーチのバラ

アーチの側面でも花が咲き始めました。

メアリー・ローズが順番に咲き始めました。

181105-2 アーチのバラ

チラホラ咲いているジュード・ジ。オブスキュアです。

柑橘にティーの香がいいです。

「クレマチスとバラ とっておきの話」

2018
11/04
Sun
Category:未分類
181104-1 クレマチスの丘

今日はクレマチスの丘で金子さんと、クレマチスとバラお話をさせて頂きました。

クレマチスは時期的に花が少なかったですが、ガーデンのクレマチスの前で、金子さんに興味深いお話を沢山聞けて私にとっても有意義でした。

それからまだ花が残っているバラのコーナーに移り、ここだけの話(笑)なんかを交えバラの解説を致しました。

その後室内に移り、クレマチスとバラのお話や、質問にお答えし、アッと言う間に時間が過ぎました。

181104-2 クレマチスの丘

テッセンが咲いていました。

金子さんがこれを見て、一株に4弁、5弁、6弁の花が咲いていると教えてくれました。

181104-3 クレマチスの丘

シクラメンの丘です^^

白やピンクの濃淡のヘデリフォリウムが咲いていて、金子さんのよる斜面の上の方に植えといたのが、種子がこぼれて丘の下の方に向かって増えてきたと言っていました。

芝の中をよく見ると、コームの色々な葉の形をしたのが出始めていて、ヘデリフォリウムの花が終わる頃になるとコームが咲き始めると言っていました。

小さな庭にも冬が来る

2018
11/03
Sat
181103-1 秋

あの台風のお蔭で、一時酷い状態でしたが、新しい葉が揃ってくると春の若葉のようにみえます。

コキア(ホウキギ)がしっかり色付き、コリウスも徒長した先に油断するとツボミが見えて来ました。

コリウスも霜が降るまで、もう少しの間ガンバツってもらいます。

181103-2 秋

間もなく落葉して行くと冬枯れの庭になってきます。

そうなると大鉢に植えた草花が庭の賑わいの主役になるので、それに向かって今は草花の植え替え中です。


香りのバラ ヘレン

2018
11/02
Fri
181102 ヘレン 

毎日いいお天気で気持ちがいいです。

秋バラも少しずつ咲いて来ました。

ヘレンも秋の本来の花が咲き出し、四季咲性がよくまだツボミもあるので楽しみです。


Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.