FC2ブログ
08
25
<< >>

This Archive : 2019年08月

中之条ガーデンズ

2019
08/31
Sat
Category:未分類



軽井沢へ行く途中立ち寄りました。
当然バラの花は少なかったけど、満開時が想像できます。
今回はコユキも連れて来ました。

天気が悪いのでハサミのメンテ

2019
08/30
Fri
190830-1 ハサミのメンテ 

朝から雨が降っているので庭に出られないので、晴れたら枝切りが待っているので、ハサミの手入れをしていました。

私が普段使っているハサミです。

右から切り刃が真っ直ぐで切り口が綺麗に切れる「楽なんです」。次はFELCO6で手に馴染むので長く使っています。
小ぶりな鉄製の剪定ハサミは細枝用で、左は何でも切っちやうFELCOの万能ハサミです。

鉄製以外のグリップが赤なのは、庭でチョット置き忘れても目立つからです(笑)

2190830-2 ハサミのメンテ 

使っていると刃にヤニが付いてしまうので、「ヤニピカ」をスプレーしてしばらく置くとヤニが取り易くなりますが、それでも取れない時は「ケスピカ」でこすると綺麗になります。

2190830-3 ハサミのメンテ 

最後は砥ぎです。

剪定ハサミはカーブになっているので慎重にやります。

終ったら椿油を付けて動きを良くして置きます。
(N)




夏花

2019
08/29
Thu
Category:Rose・花
190829-1 イリアス 

今の花は総じて小ぶりな夏花ですが、秋剪定に関係なく咲いたら切るの繰り返しをしています。

イリアス ロサ・オリエンティス

繰り返し良く咲く、薄紫は春より淡いですが、花のイメージは似ています。(L)

190829-2 スターリィ・ヘブンズ

スターリィ・ヘブンズ ロサ・オリエンティス

よく咲いてくれて、夏バテ気味の葉が多い中、濃い緑の葉はビクともしないので、庭が締ります。(N)

新苗シャリマーの途中経過です

2019
08/28
Wed
Category:情報
190828-1 シャリマー

小雨がぱらつく朝撮った画像です。

新苗を植えた時から来年5月の開花をイメージして育てて来ました。

シャリマーは丈夫で耐病性もよく、摘蕾して伸びてきた枝先にツボミが付き繰り返し咲く性質も良く、
この品種は令和で名を残すバラと言って来ました。

性質がシュラブで耐病性がある品種の中に、秋に咲き難いのがありますが、シャリマーには
当てはまらず枝先にはツボミが付いているので、あえてツボミの一部も一緒に載せました。

今まで摘蕾して来ましたが、今あるツボミからは一部咲かせようと思っています。
(O)

190828-2 シャリマー

左上は四月の新苗で葉を3枚つけて剪定した所です。

その後プラ鉢に植え替えてきて、8月4日に形を整えるため剪定しました。

暑い盛りに撮った画像なので綺麗でないです。

190828-3 シャリマー

8月12日の暑い盛りに鉢替えしました。

新苗を四カ月でウイッチフォードの32cmの鉢に植え替えたのは初めてです。

シャリマーの成長が良いのと、このバラに相応しい鉢をと思って植え替えました。

シュートの先に咲いた花。

2019
08/27
Tue
190827 スピリット・オブ・フリーダム

品種はスピリット・オブ・フリーダム・ERで、シュートが3m以上伸びた先に房咲きにになって咲いていました。

あまりにも高い位置で咲いているので、枝を寝かせて撮りました。

今時分シュラブで3m以上伸びた枝先に房咲きになるのは、四季咲きする証です。
(L)


よく咲くクレマチス

2019
08/26
Mon
Category:クレマチス
190826-1 プリンセス・レッド

プリンセス・レッド

この時期数は少ないですが、よく咲いてくれます。
(L)

190826-2 ヘザー・ハーシェル

ヘザー・ハーシェル  

アーチの内側でバラにじゃまにならないように咲いています。
(N)

190826-3 マリア・コーネリア

マリア・コーネリア 

一番花の後、ツルを切り詰め過ぎたかなって思っていたら、支柱の半分位の所で春と同じような咲き方しています。
(L)

岡山に来ています。

2019
08/24
Sat
Category:未分類



久しぶりの岡山なので、岡山城、後楽園を一回りしてきました。

雨上りの花

2019
08/23
Fri
Category:Rose・花
190823-1 パウル・グレー

パウル・グレー

暑い夏はオレンジ色で咲き、温度が低くなるとピンクを帯びて来ます。
四季咲性がよく、咲き終わった花がら取ると次に咲く枝の目出しが早まります。

小ぶりな樹形ですが、背伸びして咲いた花です。

190823-2 シャンテ・ロゼ・ミサト

シャンテ・ロゼ・ミサト

この品種は季節に関係なく良い花を咲かせます。

勿論香りも四季を問わずです。
(L)


切り戻し前のトレニア・カタリーナ

2019
08/22
Thu
190822 トレニア・カタリーナ

寒さに弱い宿根草なので、以前は冬に入る前に枯らしていましたが、
昨年の冬はテラスに置いたら、冬越しに成功しました。

緩やかなつる性なので、時々切り戻しています。

ブルーの花が今時分でも咲いているので、花の少ない今は貴重です。
(L)

夏咲きレディ・ヘアルーム

2019
08/21
Wed
Category:Rose・花
190821 レディ・ヘアルーム

この品種は中輪で花数が多い房咲きになるのですが、真夏に珍しく一輪で大輪が咲きました。

珍しいと言えば、梅雨の期間が記録的に長く、終わったらうんざりする様な真夏日がこれまた記録的に長く、
嫌なメリハリの付き方でした。

夕方涼しくなったので、近くのコンビニに行ったらおでんの準備をしていました。
このまま秋になるとは思いませんが、待ち遠しい事も事実です。(N)

講座のご案内

2019
08/20
Tue
190820 レイニー・ブルー

オベリスクに巻いて育てているレイニー・ブルーの夏花です。

秋の花も期待出来そうな咲き方しています。(L)

講座のご案内。

岡山・吉備路 農マル園芸
岡山県総社市西郡411-1
電話 0866-94-6755

8月25日(日)
午前 10:00~ 
午後 13:30~
セミナー内容
 秋に形よく沢山咲かせる夏剪定と、これから秋の育て方を詳しくお話させて頂きます。

秋花を咲かせるためのタイミングのよいセミナーです。
沢山の方のお出でをお待ちしています。

団十郎が三輪咲きました。

2019
08/19
Mon
190819-1 団十郎

花色の海老茶が歌舞十八番の「暫」で用いた衣装の色と同じなので、
それにちなんで名付けられたと言われています。

190819-2 団十郎

花色の海老茶が歌舞十八番の「暫」で用いた衣装の色と同じなので、それにちなんで名付けられたと言われています。


つぼみで膨らんで来ているのがありますので、これからが楽しみです。
(L)

試し撮り。

2019
08/18
Sun
190818-1 試し撮り

ピラミッドアジサ・ライムライト

小さな花の集合体がドーム状にビッシリ咲いた所です。

190818-2 試し撮り

四季咲き野ばら

繰り返しよく咲き、咲き終わるとヒップになります

190818-3 試し撮り

三尺バーベナ

アップにするとこちらも小さな花の集合体ですが、アップにするまでわからなかった。

190818-4 試し撮り

暑さが続き庭仕事も出来なかったけど、植え替えをしないといけないのは、後々影響が出るのでパラソルを立ててやりました。

日陰になって、風も通るので思ったより快適でした。






花が無いときはリーフで。

2019
08/17
Sat
190817 ハゲイトウ コリウス

花が少ない時は葉物が頑張ってくれています。

ハゲイトウ、コリウスや斑入り葉植物など、花と違って散ることもないので長く楽しませてくれます。

風が収まるまで待ちます。

2019
08/16
Fri
190816 台風のアーチ

今回の強風は長かったですね。
見通しが良くなったと思ったら、オベリスクの鉢が3つ倒れて居ます^^。

アーチの上のシュートは大丈夫でしたが、鉢ごと倒れたのに出ていたシュートは何本か元からとれていました。

一花一花大切に

2019
08/15
Thu
Category:Rose・花
190815 クロッシェ

今の時期咲く花は貴重です。

河本麻紀子さん作出のクロッシェです。

小ぶりですが、繰り返しどこかで咲いています

クイーン・アン・レース

2019
08/14
Wed
190814-1 クイーン・アン・レース

花の拡大です。

五月頃には似たようなオルレアが丁度バラと一緒に咲き誇っていますが、
クイーン・アン・レースは花の少ない今時分白い花で目立ちます。

190814-2 クイーン・アン・レース

咲き始めは雪の結晶のようで、この時が好きです。

190814-3 クイーン・アン・レース

1.2m位で咲いているのを見かけますが、我が家のクイーン・アン・レースは草丈が30cm位で庭の草花に丁度いいです。

久々に雨が降りました。

2019
08/13
Tue
190813-1 シスター・エリザベス

朝方からまとまった雨が降ったので、植物も生き返った感じです。

シスター・エリザベス。

花芯がボタンアイになる何時もの咲き方します。

後ろの宿根カスミソウ切り戻したのに再び咲き始めました。

190813-2 ルドベキア

丈夫が取り柄のようなルドベキアが咲くと、花が少ない今時分庭が明るくなります。

遅起きは三文の損

2019
08/12
Mon
190812  団十郎

宵っ張りの朝寝坊。
ガーデナーとしてはあまり褒められた生活ではありません。

あまり起きてこないので、コユキが起こしに来る時間は恥ずかしくて書けません^^

頂いた団十郎の種子を蒔いたのに花が咲きました。

朝顔って言うくらいだから、朝綺麗なんですね。
不覚にも気が付いたのが10時過ぎていました。

今度綺麗に撮れましたらリベンジしますね。

オミナエシ

2019
08/11
Sun
190811-1 オミナエシ

立秋も過ぎ表の緑地帯からヒグラシの鳴き声も聞こえて来ました。

オミナエシは季語では秋の花ですね。

日も少しづつ短くなってきて、自然界では秋を感じ始めているので、残暑の我慢ももうしばらくですね。

日中は表に出られません。

2019
08/10
Sat
190810 庭全景 

庭も荒れ放題です。

表に出ていて熱中症になって運ばれて、熱中症にかかった人のカウントを増やすのもイヤだし、
植物も枯らさないための水やりだけで、  人も植物も何とかこの暑さをしのぐだけでいます。



頑張っている夏花

2019
08/09
Fri
Category:未分類
190809-1 パット・オースチン

パット・オースチン

これだけ暑いと薄着になりたい気持ちわかります^^。

190809-2 ユーステイシア・ヴァイ

ユーステイシア・ヴァイ

2019年発表のイングリッシュローズです。

こちらは,暑さにも負けず良く咲いてくれていますが、残念ながら花は小さ目です。

190809-3 カラー・オブ・ジュピター

カラー・オブ・ジュピター

暑いと庭を見るのがおろそかになるので、バラの花も気がつくと咲き進んでしまって居る事が多いです。

薄紫が綺麗な花ですが今は色も薄めです。

今になって今年の初花です。

2019
08/08
Thu
Category:クレマチス
190808-1 ヴィオルナ系

冬にクレマチス愛好家の方から頂いたのが、いつ咲くかと楽しみにしていたら今になって咲きました。

壺形って近くで見るのがいいですね。

190808-2 ヴィオルナ系

待たされましたが一気に咲いて来ました。

四季咲っていいですね。

2019
08/07
Wed
Category:Rose・花
190807-1 四季咲き

レイニー・ブルー

夏花は色が褪せていますが咲いています。

春咲いた以降は、花が咲いた枝の中ほどで切って置くと、繰り返し咲いてくれます。

秋までこの繰り返しで行きます。

190807-2 四季咲き

四季咲野バラ

野バラと四季咲きばらの交配又は交雑で出来たものと考えています。

咲いた後そのままにして置くとヒップが色づき、その房に下から芽が出て、繰り返し咲きます。

赤花いろいろ

2019
08/06
Tue
Category:Rose・花
190806-1 赤花

二番花の赤色ですが赤でもいろいろですね。

アルチーナ ロサ・オリエンティス
シュートの先です。
この場合咲いた花を早くカットすると、周囲の花が一斉に咲くので華やかになります。

190806-2 赤花

ライラ ロサ・オリエンティス

ライラはアラビア語で「夜」だそうですが、二番花は紫を帯びているので深夜の黒赤ではないです。
ダマスク系の強い香りがあります。

190806-3 赤花

レッド・レオナルド・ダ・ビンチ

目立つ赤色の花はとても持ちがいいですが、残念ながら香りはないです。


ボチボチ咲いています。

2019
08/05
Mon
190805-1 庭の花

一年草は別として枯れるのが少ないので、何かしら咲いて来るので助かります。

ルリタマアザミ
花持ちがよくて、次々咲いて来るので花が増えていきます。

190805-2 庭の花

スカビオサ・オックスフォードブルー
背が高くなるタイプで、バラと背比べしています。

190805-3 庭の花

ジュエリー・ローズ
小さめの花のビチセラ系のクレマチスで、他の草花となじみがいいです。

アップして思うんですが、選ぶのがブルー系が多くなっているんです^^

マルチングしました。

2019
08/04
Sun
190804-1 マルチング

何時も梅雨明けにマルチングしていますが、今年の猛暑で身の危険を感じ(少しオーバー)出遅れていました。
少し慣れて来たので始めました。

190804-2 マルチング

使っているたい肥は品質が良いので長く使っていますが、数年前から元肥を混ぜてやるようにしています。

たい肥1袋に元肥500㌘を混ぜています。

190804-3 マルチング

マルチングしたら活力剤入りの水をやって置きます。

アーチに咲いた花

2019
08/03
Sat
190803-1 アーチのバラ

二連のアーチには大きくなるイングリッシュローズを添わせているので、あちこちで気が付くと咲いています。

ウィリアム・モリス
アーチに添わせている中で一番優秀で、今の時期花痛みもありますが結構咲いています。

190803-2 アーチのバラ

ジュード・ジ・オブスキュア
連日暑くて水やりするだけで精一杯で、下ばかり見ていて気が付かなかったら、上の方で咲き進んでいました^^

サマーカットにしました。

2019
08/02
Fri
190802-1 コユキちゃん

ビションカットは暑そうでかわいそうなので、サマーカットしたら小さくなってしまいました^^

今月で一歳になりますが、4.2kgしきゃなくビションフリーゼでは小型の部類で、オモチャ犬には丁度いいです。

190802-2 コユキちゃん

カットしたペットショップで浴衣を販売していて、着せて見たらどうですかって言われ、着せて見たら
可愛い可愛いと言われ(犬バカ)買って来たのを着せてみました。

190802-3 コユキちゃん

間もなく夏祭りなので、これを着せて抱っこして行きます。

background-image

2019
08/01
Thu
Category:2019

vol.101 (2019.08.01~)

back

品種名 : アリエッタ Arietta
作出 : 河本純子 2018年秋発表 
花期 : 四季咲き
花色 : 淡いピンク
花径 : 4cm
樹高 : 2.0m
香り : 甘い香り

小輪の花は花弁がギッシリ詰まったカップ咲きで、何処までも淡いピンクの花弁は外に向かって一層淡くなります。
花に合わせるように葉も小さく、節間も広いので邪魔になりません。
スプレー状に咲く房咲きで、花の重みでうつむき加減に咲く。
育てて枝が伸びてくると、この咲き方が丁度よくなります。
枝はしなやかなシュラブタイプで、伸ばすと支えが必要になります。

1枚目画像の花は、河本バラ園の温室で咲かせた花です。
環境によっては、小輪で花弁が多い花に見られる開きにくい事があります。



back

こちら(2枚目画像)は、我が家で咲いた二番花です。
花のイメージが違いますが、花は小さくなっても驚くような花弁の多さがうかがえます。
庭では近くに明るいブルーの花のヴィチセラ系のクレマチスを添わせていますが、とても良く合います。





Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.