FC2ブログ
08
<< >>

This Archive : 2020年08月

クリスマスローズの9月の管理について

2020
08/31
Mon
Category:月別管理
毎年言っているようですが、今年の夏も酷暑と言っていいくらいの暑さでした。
暑さが苦手のクリスマスローズは見た感じ、動きはないようですが根はもう目覚めています。


○水やり
根も活動を始めるので、引き続き水切れに注意してください。


○肥料
未開花株以外は肥料はやりません。

○植え替え
例年9月中旬頃から、春に植え替えが出来なかった株の植え替えを始めています。

200831-1 9月のクリスマスローズ

根が回って、水がしみ込みにくい株は植え替えます。

200831-2 9月のクリスマスローズ

根の底の部分3㎝位カットして、根全体の約半分は切り取り、枯れた根があったら取り除きます。

200831-3 9月のクリスマスローズ

新しい用土で植え付けた所です。

200831-4 9月のクリスマスローズ

2月にはこのように咲きました。


グラスの季節になって来ました。

2020
08/30
Sun
200830-1 グラス

春にも穂が綺麗なのがありますが、私はグラスは秋が似合うと思います。

穂が上がって来ましたので、昨年みたいにグラスの咲くコーナーを作ろうと思いますが、ある植物でどうやりくりしていくので、どんなコーナーになるか私にもわかりません^^

スッと伸びて来たペニセタム・スカイロケットで、これから増えてきます。

200830-2 グラス

穂の部分をトリミングしました。

いろいろな色が光って綺麗ですね。
これは病みつきになりそうです。

強剪定したル・シェル・ブルー

2020
08/29
Sat
Category:鉢植え
200829-1 ル・シェル・ブルー

三回目の花が満開になりました。

200829-2 ル・シェル・ブルー

いいとこ撮りしたところです。

日中暑いので、室内でダラダラしていて、日が落ちてから撮ったので紫が濃く出ています。(Z)

200829-3 ル・シェル・ブルー

12月末に剪定したのが、3月12日にはここまで成長しました。

千日紅

2020
08/28
Fri
秋の庭にはグラスなど葉ものが多くなるので、一緒に植えても馴染みやすいので毎年植えています。

さて、この3色の千日紅をどこに置くかはもう少し先になりそうです(Z)

200828-1 千日紅

200828-2 千日紅

200828-3 千日紅

今夜も美味しそうだな

2020
08/27
Thu
200827-1 コユキ

私が椅子に座る前にコユキが座った所を家内がスマホで撮った画像です。

しばらく匂いを嗅いでいますが、決して食べる事はしません。
しつけていないけど、待っていればちゃんと口に入ると思っているのです。

200827-2 コユキ

待てば海路の日和ありです。
食事する時は、横の小さな椅子に座って、少しだけ手のひらに乗せてくれるのを待っています。
体重が増えないよう、やるのは少しですよ^^

フルーツも何でも食べますが、少し噛んでやらないとダメなんです。

親バカってあきれて笑って下さい。

アサガオのつるが伸びてきました。

2020
08/26
Wed
200826-1  アサガオ 

今の所は誘引していますが、いつまで続くか判りません。

クレマチスの時がそうでしたから(笑)

200826-2 アサガオ

200826-3 アサガオ


シャインマスカットの木姿

2020
08/25
Tue
200825-1   シャインマスカット 紅オクラ

23日に左下のシャインマスカットの収穫を載せたら、鉢か地植えか?とかどんな育て方をしているか問い合わせを頂きました。

ウチのシャインマスカットは地植えです。
見ての通り2m位で自立していて、南の方にどうしてもツルを伸ばしてきます。

この葉の中から20房位収穫が出来ました。

元は家内が園芸店で実が付いている行灯仕立てを買って来たものです。

このブドウで毎年収穫したいと無理な事言われましたが、狭い場所なので棚など作れずヒラメイタのは、ワインを作るブドウ畑では木立で作っているので、これなら狭い場所でも出来るなって思い、初めは支柱を立てていましたが、今では自立しています。

剪定のやり方など判るわけないので、バラの剪定を応用しています(笑)

マイローズがタフに咲いています。

2020
08/24
Mon
Category:鉢植え
200824-1 マイローズ

五月から花が途切れず咲いています。

7月に注意を怠ったらコガネムシが大量発生して、葉を食害されました。

深緑の葉がビッシリ付いていたのですが、葉脈だけ残して食べられた葉を残念ですが、切り取ったら風通しがいい夏姿になってしまいました。

200824-2 マイローズ

咲いている部分ですが、コガネムシに食害されて葉に穴が開いたり、食べられた跡があります。

小さな収穫

2020
08/23
Sun
200823 シャインマスカット 紅オクラ

シャインマスカットは今年なんの手入れもしてなく、摘果もしてなかったので小粒ですが、味は極甘です(笑)

紅オクラも一本獲れました。

笑われるかも知れませんが、ふたりだけなのでこの位で旬の味も楽しめるのでいいのです。

夏の花

2020
08/22
Sat
Category:Rose・花
200822-1 シャリマー

暑さを潜り抜けて来た花は、どうしても小ぶりなるのが多いですが、シュートの先に咲いた花も影響を受けています。

シャリマーの太いシュートの先には花数も多くついています
散りかけた花柄から切って、全部の花が咲き終わる頃には枝も充実してきます。

200822-2 リサリサ

リサリサのシュートの花です。

夏の花としては花色も綺麗なので、写真撮った後カットして花瓶にさして室内に置いてあります。


何時まで「暑いって」言っているのだろう。

2020
08/21
Fri
200821-1 夏花

暑さも最後のあがきか、いゃ~厳しいです。
辛抱の先が見えそうで見えないです。
そんな中元気に咲いている花に癒されています。

背の高さまで伸びたルトベキアです。

200821-2 夏花

鉢と鉢の間の地面からたくましく咲いている、ルトベキア・タカオです。

200821-3 夏花

切り戻した枝からたくましく咲いてきたフロックスです。

まだ暑い日が続いていますが・・・

2020
08/20
Thu
Category:情報
200820-1 ベニカXガード粒剤

暑さはもう少しの辛抱ですが、季節は間違いなく動いています。
あと10日もしますと秋花のための整枝剪定の時期になります。

また7月はコガネムシが多く、油断すると葉を食害され葉脈だけにされたのがありました。
そうしますと当然鉢内に卵を産み付けられています。

夏の暑さの後に来るのは、台風や秋の長雨で病気も出るし、苦難が続きますね。
なのに、なぜバラを育てているのだろうと自問することがあります^^
やはり綺麗に咲いた花を見ると何物にもかえられませんね。

200820-2 ベニカXガード粒剤

暑くて薬剤散布も大変な時、いい薬剤が今年発売になっています。

土に撒くだけで虫と病気の予防になるので、お手軽な所があります。

殺虫成分はオルトランDXに使われているのと同じなので、コガネムシ幼虫など土の中に居る害虫や、鉢植えの葉を食害する虫に効果があります。

殺菌効果は微生物(B.t.菌)の作用により植物の抵抗力を高め、丈夫にすることで病気を予防する(抵抗性誘導)と言う薬剤で、うどんこ病に加えて黒星病の認可も取れたとの事です。

これから月末位に撒くのが効果的だと思っています。
孵化したコガネムシの幼虫などの害虫や、夏の暑さで葉をふるって新しく出て来た新芽や、秋剪定した葉の病気に対する抵抗力付けるのにいいと思うからです。

8~10号鉢で約5g(アバウト茶さじ一杯)を鉢の表面に撒いたら、必ず水やりして浸透させて下さい。

200820-3 ベニカXガード粒剤

バラはロサ・オリエンティスの「リラ」で耐病性に優れ葉が綺麗です。
でも害虫のためにやりました。


蒔いたタネが全部咲きました。

2020
08/19
Wed
200819-1 アサガオ

一昨年由緒あるタネ(笑)を6粒頂き、昨年は蒔くのを忘れ今年蒔いたら全部発芽しました。

それが先日から咲きだし、寝坊した時はすでにしぼんでいたりして、やっと6花の写真が揃いました。

確か2種類のタネでしたが、実生は花が違うので一株一株花が咲くのが楽しみでした。

右側の花が一番好みです。
花弁が薄いので触ることも出来ず、すぐしぼんでしまいます。

200819-2 アサガオ

200819-3 アサガオ

左側の花が咲いたの見た時、かき氷のガラスの器を思い出しました(笑)

オクラの鉢に葉ケイトウが

2020
08/18
Tue
200817-1 葉ケイトウ 紅オクラ

園芸店で苗を買ってきた時、ポットの中にタネが入っていたのか、育てたことが無い葉ケイトウが生えて来たのでそのままにして置きました。

今では葉ケイトウの方が目立っています。

200817-2 葉ケイトウ 紅オクラ

一度収穫してこれが二本目の紅オクラです。
間もなく収穫で、色が鮮やかなので刻んでサラダの色添えになっています。


ガイラルディアが咲き続けています。

2020
08/17
Mon
200817-1 ガイラルディア・ラズルダズル

夏の暑さにもビクともしないで咲いています。
花は5月くらいから咲きだし、咲き終わった花茎を取っていくと初冬まで次から次と咲き続けます。

私は夏が一番似合う花だと思っています。

ガイラルディア・ラズルダズ
小さな花がボール状に咲き、みせびらかしたくような意味が解ります。

200817-2 ガイラルディア・グレープセンセーション

ガイラルディア・グレープセンセーション

小ぶりな花が良く咲き、株が少し広がるようです。

200817-3 ガイダルディア・トーチライト 200808 (1)

ガイダルディア・トーチライト

未開花の苗でガイダルディアの名前に引かれ手に入れたのです。
咲いたら一重でえぇ~と思いましたが、タフにガンガン咲いてくるし、今では夏に合う貴重な花です。

200817-4 ガイラルディア・イエロープルーム

ガイラルディア・イエロープルーム

ガイラルディアにはいろいろ花色があるのでしょうが、園芸店でたまたま出会ったのです。



朝撮りです。

2020
08/16
Sun
Category:Rose・花
200816-1 マリーヌ  河本麻記子

連日の猛暑で朝咲いている花を撮るのと、水やりだけで精一杯で熱中症も怖いのですぐ室内に入っています。

マリーヌ 河本麻記子さん作出
大きなバラの傍で、斜めからやっと日が差し込んできた所です。

200816-2 サント・ノーレ

サント・ノーレ デルバール
一度葉をふるい、新しい枝に葉とツボミが上がって咲いた所です。

200816-3 スピリット・オブ・フリーダム

スピリット・オブ・フリーダ イングリッシュローズ
フェンスの高い所に咲いていて、今回は咲いている所を見逃さず撮れました。 

今日も暑かったですね。

2020
08/15
Sat
200815-1 夏庭

暑い時の鉢植え植物の手入れは、手間でもこのパラソルの下に持って来てやって居ましたが、今日はダメでした。

熱中症になり救急車のお世話になるのもみっともないので、朝水やりした後はクーラーを効かせて室内で
出来る事をやって居ます。

パラソルの手間に置いてある、ジュエリー・ローズ・ビチセラ系は元気に咲いています。

200815-2 夏庭

はやて・フロリダ系
これも暑さにビクともせず咲いています。

多様なエキナセア

2020
08/14
Fri
私の中ではどうも二回目のエキナセアのブームのようです。

園芸店でずいぶん花の種類が増えたなって思っていたら、いつの間にかこんなに増えてしまいました。

人気がある花色と花弁の面白さに魅かれました。
丈夫な宿根草なので、株が大きくなってきたらどうしましょう。

200814-A エキナセア 


200814-B エキナセア 


200814-C エキナセア 



ピンクアナベルの二番花

2020
08/13
Thu
200813 ピンクアナベル  宿根草カスミソウ

咲き終わった花はドライにして、切り戻した枝に咲きました。
花のボリュームは半分以下です。

横の白い花は宿根草カスミソウで、こちらも切り戻した枝に咲いた花です。

きれいな夏花

2020
08/12
Wed
Category:Rose・花
従来夏花は咲かせない方がいいと言われて来ました。
理由は花が良くないとか、木に負担がかかるからと言われてきてきました。
確かに新苗など株作りをするため、咲かせに方が良く私も新苗は夏まで摘蕾して咲かせません。

今は四季咲き性が良い品種の中に、花は多少小さくなっても春花と遜色ない花を咲かせるバラがあります。

育種家のご努力で四季咲き性が良く耐暑性、耐病性がよい品種が出て来ています。
四季咲き性が良いってバラは夏花も綺麗でないと意味が無いと思っています。

私もそうですが、SNSをやって居ると綺麗な夏花を咲かせるバラは
必須です。

庭のバラが春から初冬まで咲いているって良いものですね、今のガーデンローズにはそれに答えてくれる品種も沢山出て来ています。

200812-1 夏花


シャリマー(ロサ・オリエンティス)は私の希望を叶えてくれるお気に入りです。

200812-2 夏花

シスター・エリザベス(ER)
発表から大分経っているイングリッシュローズなので、葉を綺麗に保つわけではないですが、夏もこれだけの花を咲かせるので、気にいっています。
小ぶりな木姿で鉢植え向きです。

200812-3 夏花

リアン・ローズ(河本純子さん作出)

ハイブリッド・ティの大型の品種で、香が良い大型の優しい花です。
丈夫で夏でもきれいな葉がついています。

ジキタリスの四番花??

2020
08/11
Tue
200811 ジキタリス四番花

花が終ると切り戻して来たら、とうとう四回目の花が咲きました。

ここまで来たら夏越しさせて、株を大きくして来春は沢山咲かせようかと夢が膨らみます。

夏花も少しずつ咲いて来ました。

2020
08/10
Mon
Category:Rose・花
200810-1 夏の花

長梅雨でも葉を落とさずにいたのも、葉が無くなったのもそれなりに咲いて来ました。

ストロベリーレッドの花が房咲きになるフレーズが元気に咲きだしました。

200810-2 夏の花

7月31日に撮った写真で、ツボミが付いている枝が伸びて来たところです。

200810-3 夏の花

同じく7月31日に撮ったグラミス・キャッスルで、一度葉を落として新しく伸びた枝です。

200810-4 夏の花

グラミス・キャッスルはよく咲きますが、散るのも早いので咲くのが中々揃いません。

花の下の方の葉はありません。

今日はコユキの誕生日です。

2020
08/09
Sun
200809-1 コユキ2歳誕生日

2歳になりました。

ビションフリーゼとしては小柄で4.2㎏しきゃありません。
いつまでも我が家のベイビーです。

今夜は美味しいもの作ってくれているようです^^

200809-2 コユキ2歳誕生日

無理やりポーズをとらされています。

200809-3 コユキ2歳誕生日

生後二か月で我が家に来ました。

夏の庭

2020
08/08
Sat
200808-1 夏の庭

まだ長梅雨で痛めつけられたままの色の乏しい庭です。

今日は曇り空で、昨日までに比べ少し楽でした。
草だけは鉢の高さを超える勢いで、少し整理も出来ました。

白い花はクミスクチン(ねこのひげ)で何年も居ます。
背後のグラスのコバンソウずいぶん長い事咲いていて、その奥は水無月、ライムグリーンのノリウツギです。

200808-2 夏の庭

十和田アシの周囲はカラミンサで、一度葉を落としたバラも復活してきました。

バラは緑の葉が綺麗なのと、葉がひどい状態になったのと、はっきり分かれました。

ローズ・ドゥ・メルスリーのポストカード

2020
08/07
Fri
Category:情報
200807-1 河本麻記子

女流育種家河本麻記子さんが作出した、女性目線の優しく癒しになる花の数々は、ご本人が好きなレース編みや刺繍など手芸に因んで、「手芸屋さんのバラ」という意味を持つ「ローズ・ドゥ・メルスリー」というシリーズで、次々と新しいバラを発表しています。

今回その魅力的な花を、魅力的に撮った写真を使ったポストカードが発売される事になりました。

発売は岐阜花フェスタ記念公園内のカフェ「The Garden」と、ここのサイトで発売中です。

200807-2 河本麻記子

200807-3 河本麻記子


断熱シートを巻いています。

2020
08/06
Thu
200806-1 遮光シート トロイメライ (1)

いつもの年は梅雨明け前にやるのですが、今年は雨続きで遅れてしまいました。

プラ鉢に植えていると、夏の強い日差しを側面から受けると、プラ鉢が熱を持ち、根焼けをおこす事があります。

根焼けをおこすと、水分も養分も吸えなくなるので生育に影響が出ますので、
直射日光が当たる鉢にはこの断熱シートを巻きます。

これは優れもので、使いだして3年目になります。

200806-2 遮光シート トロイメライ (1)

バラはロサ・オリエンティスの「トロイメライ」の新苗です。

新苗の時、葉を2枚付けた上でカットしているので、枝が2本伸びて、間の細く枯れたのが新苗の時切った先の所です。

運よくシュートが出て来ているので、これを立派に育てたいので、根焼けをさせたくないのです。

断熱シート販売先の問い合わせがあるので、下記に記して置きます。

あいあいガーデン 〒485-0806 愛知県小牧市野口375
0568-79-2814 担当 西さん 


酷暑の強い味方

2020
08/05
Wed
200805 首掛け扇風機

暑さに心強い味方をプレゼントしてもらいました。

水やりなど動いている時は首に掛けて使い、パラソルの下で作業する時は、支柱に掛けて置くと、
涼しい風が来て作業も楽です。

植え替えや、切り戻しなどは面倒でもここに持って来て、水分補給しながらやっています。

いろいろやって居るようですが、午前中だけで午後は昼寝しています(笑)

後ろの方で一輪咲いているのはダリアの「黒蝶」です。
これからワサワサ咲いてくると思います。

水無月が咲いて来ました。

2020
08/04
Tue
200804 水無月

8月になって咲くアジサイ(ノリウツギ)なのに6月の異名が付いているの、何か意味があるのでしょうね。

寒い地方ですと、秋深くなると赤味のある綺麗な色になって行くのを、スキー場の道路脇で見かけ、ペンションのリビングにドライになった大きな束が懐かしく、植えていますが綺麗な色に染まらないのをいつも残念に思っています。

油断していたら、葉はコガネムシに葉脈だけになるまで食害されています。
後ろの方には緑になったアナベルが幾つもあります。

咲いてきたビショップ・キャッスルです。

2020
08/03
Mon
200803 ビショップ・キャッスル

過去にアメリカ限定で発売されたイングリッシュローズです。

大型樹形で、四季咲き、香り共にいいです。

みどりの中の向日葵一輪

2020
08/02
Sun
200802 ひまわり

このひまわりは先日新宿のデパートに行った時。
「おひさまひまわりプロジェクト」
つぼみから花を咲かせよう。
と言うイベントをやっていました。
通りかかったら、ビニール袋に入ったつぼみつきのひまわりをさし出され、「植物を育てた事がなくても
水だけやれば大丈夫ですよ」って言われて渡されました。

水だけやっていたら咲いたので(笑)みどりだけが目立つ所に置いてみました。

background-image

2020
08/01
Sat
Category:2020

vol.113 (2020.08.01~)

back



Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.