FC2ブログ
09
<< >>

This Archive : 2020年09月

クリスマスローズの10月の管理について

2020
09/30
Wed
Category:月別管理
今月の作業は植え替えくらいです。

9月は残暑が厳しく、後半天気が悪い日が多く、植え替えは春にやっていますが、根が廻って水の通りが悪いので、春に植え替えが出来なかったのだけは今月やります。


○水やり
10月は雨も降り、夏に比べ水分の蒸散も少なくなるので、水やりにはあまり神経を使いません。

○肥料
今月はまだ我慢してやりません。

200930-1 雅

写真は冬に咲いた花です。

雅 若泉ファーム
銅葉の葉によく映える深みのあるワインレッドで、内弁の先に白のイトが入る雅な花です。

200930-2 加藤農園

フレグランスなセミダブル 加藤農園
クリスマスローズの香も毎年進化しています。

200930-3 しゃらく

しゃらく 堀切園
小輪の黒で、この弁の丸みがいいですね。

散歩道のグラス??

2020
09/29
Tue
200929-1 散歩道

川沿いの散歩道にはいろいろな雑草が生えていますが、今時分になるとグラスの庭に使えるかなんて思ってしまう事があります。

200929-2 散歩道

ねこじゃらしも使えますよね^^
道の右側にはドングリの木も多く、今頃はいろいろな形のドングリが落ちています。

200929-3 散歩道

写真を撮る時は、柵の支柱にリードをかけておきます。

ケイトウ 「日向の秋」

2020
09/28
Mon
宮崎県小林市の山深い所で、今も熱心に育種をしている御年92歳の松永氏が長年交配、
選抜を繰り返し作出したケイトウです。

昨年11月に伺い植物に対し熱く語るのに圧倒され、深く感銘をうけました。
その時ハウスで咲き誇っている、今まで見た事のない花色にくぎ付けでした。

ケイトウは先入観でビビッドな赤や黄でしたが、フェミニンな温かみのある色合いで、
帰りに2本頂いて持って来ました。

松永さんは四季咲き紫陽花「霧島の恵み」でも有名な方です。

200928-1 ケイトウ

昨年松永さんの所にご案内頂きました宮崎市の園芸店アナーセンの川口さんからメールを頂き、
「日向の秋」を送るからと言われ、届いた花たちです。

まだ咲き始めで、これから寒くなるとボリュームが出て、霜が降る頃まで楽しめます。

今、アナーセンさんには松永さんの所に出向いて仕入れて来た「日向の秋」が沢山入荷しています。

200928-2 ケイトウ

200928-3 ケイトウ

秋色グラス

2020
09/27
Sun
Category:グラス
200927-1 ワイルドオーツ

春から長い間若草色で風にそよぐ姿が自然で、庭の景観の一部になってきました。

この時期なると秋色になるワイルドオーツ(コバンソウ)は長い間楽しませてくれます。

200927-2 ワイルドオーツ

判り難いですが、真ん中辺でヒラヒラしています。

200927-3 ワイルドオーツ

前の写真の上の方に映っている紅オクラです。
銅葉なのでグリーンのグラスの中で映え、収穫と一石二鳥です。

バラの鉢にはいろいろ生える。

2020
09/26
Sat
200926-1 実生

バラの鉢には周辺で咲いた草花のタネがこぼれたのや、雑草などが芽を出してきます。

暑い間は草むしりもサボっていたので、見るにみかねて先日から草むしりを始めて、雑草ではないなと思われるのはそのままにして置きました。

200926-2 実生

ツボミも見えて来たのでポット上げしました。
だいたい判るのですが、咲く時期が違うので確証できないので咲いたらまたご覧に入れます。

挿し木のガイダルディア

2020
09/25
Fri
200925 ガイダルディア

昨年から育てていて気に入っているガイダルディアを、挿し木して置きました。

挿したのは咲いた枝の元の方を、2節位表に出して挿して置いたのです。

株作りしているので、自由にしています。

パット・オースチン

2020
09/24
Thu
200924 パット・オースチン 

昨日から台風の天気予報が気になっていましたが、予報を見るたびに進路が海側になって行くのでホッとしていました。

起きたら風もなく雨は降っていましたが、見回った所パット・オースチンの真ん中辺に花が咲いているのがありました。

雨が止んだので、水滴をはらって撮りました。


フロックスの切り戻し

2020
09/23
Wed
200923-1 フロックス切り戻し

まだまだ咲いていますが、株元から新しく芽が出て来たので、経験的に咲いた枝を元から切っても大丈夫なので、
二番花が終った枝を元から切り始めました。

200923-2 フロックス切り戻し

7月10日には花も上がりだし、満開の花も終わりに近づいて来ているので花茎を切る時は2~3節下で切ります。

200923-3 フロックス切り戻し

8月21日には二番花も咲き始めました。
二番花の方がボリュウームもあり、フロックスは長く楽しめるので夏の庭では重宝です。


シクラメンのツボミが上がって来ました。

2020
09/22
Tue
200922-1 シクラメン

ここにあるのは、原種シクラメンのヘデリフォリウムです。
秋咲きで咲きだすのが早いです。

200922-2 シクラメン

200922-3 シクラメン

200922-4 シクラメン

ヘデリフォリウム・スターゲイザーホワイト
上を向いて咲くタイプで、球根が小さいので心配していましたが、ツボミが上がってきたのでホッとしています。





今日の花です

2020
09/21
Mon
Category:Rose・花
200921-1 今日の花

これから咲こうとするのや、咲いた花は決して綺麗ではないですが、一生懸命咲いた証を撮って置きました。
日が暮れるのが早く、撮るのがやっと間に合いました。

バーガンディ・アイスバーグ
アイスバーグの姉妹なので、よく咲きます。
咲こうとしているツボミの下には次のツボミも見えて来ています。

200921-2 今日の花

シスター・エリザベス
夏に葉を完璧落としましたが、一生懸命花やツボミを付けて新しい葉も伸びてきました。

200921-3 今日の花

ロッキンバー 
小さなトゲが無数にある細くて硬い枝先に、何処かで咲いています。

この手の葉色が好きです。

2020
09/20
Sun
200920-1 アルテルナンテラ

園芸店に行って赤紫の葉色のポットがあると、使うあてもないのについ買ってしまいます。

アルテルナンテラ
これは寄せ植えに使いましたが、伸びてくると紅色になって来ます。
ペニセタム・パープルファウンテングラスに合わせて寄せ植えに使いました。

200920-2 ヘミグラフィス

ヘミグラフィス
迷わずカゴに入れました^^
成長してくると枝垂れてきます。
小さな白い花が咲きますが、散りは早くオマケみたいなものです。

200920-3 赤葉せんにちこう

赤葉せんにちこう
まだ使うあてがないのでポットのままです。

今日咲いた花

2020
09/19
Sat
Category:Rose・花
200919-1 リラ 

少しずつですがバラも咲いて来ています。

リラ ロサ・オリエンティス
株作りのため、8月半ばまで摘蕾してきたので、枝数も増えて一気に咲き始めました。
まだ、夏花の名残がありますが、これからが楽しみです。

200919-2 ウィズリー

ウィズリー
枝が細いのに花弁が多い花が咲くので、どうしてもうつむき加減に咲きます。
花は飛び切りいいと思います。

200919-3 ジュード・ジ・オブシュア

添わせているアーチからはみ出した枝に咲いていうジュード・ジ・オブスキュアです。



庭のバラとケイトウ

2020
09/18
Fri
200918-1 シャリファー

タネから育てたケイトウが成長してきましたが、花が咲くまではしばらくかかりそうです。

鉢に植えてあるシャリマーもケイトウに囲まれてしまいました。

200918-2 グラミス・キャッスル

グラミス・キャッスルもツボミが増えてきていますのでこれからが楽しみです。

秋らしい庭に

2020
09/17
Thu
200917-1 秋の庭

グラスの穂も伸びて秋本番になって来ました。
色添えにプチポタジェから、紅オクラと葉ケイトウの鉢を持って来ました。

200917-2 秋の庭

嬉しいプレゼントです。

知り合いの方からマスクの生地を探しに行ったら、コユキちゃんのプリント地を見つけたので、マスクにしたからって送って下さいました。

早速コユキの散歩にして行ったら、犬ともさんたちから大うけでした。

クレマチスも復活してきました。

2020
09/16
Wed
Category:クレマチス
200916-1 スカーレット

スカーレット
この品種はツルが夏枯れてしまい、最初の時はショックでしたが、その後芽が出てきてホッとしました。
今年も一度枯れて、復活して咲いた花です。

200916-2 エール・フクシマ 200914

エール・フクシマ
冬から小さな苗から育てたので、ツルは一本なので貴重で、夏の終わり頃から再度咲きだしました。

200916-3 マリア・コーネリア

マリア・コーネリア
白い花が春は白く埋め尽くすように咲き、今も結構咲いています。

朝撮りです。

2020
09/15
Tue
Category:Rose・花
200915-1 朝撮り

少しずつ写真が撮れるようになりました。

アリアドネ ロサ・オリエンティス
本来の花にはまだほど遠いですが、花芯のマダム・アルディを思わせるグリーンアイは健在です。

200915-2 朝撮り

グラミス・キャッスル 
花は少し小ぶりですが、いい感じで咲いて来ました。

200915-3 朝撮り

パット・オースチン
花色はらしくなってきましたが、写真を撮れるいい時はせいぜい半日です。

いろいろ

2020
09/14
Mon
200914-1 いろいろ

プチポタジェで育てている1本のキュウリで、目線の辺のは普通に収穫していますが、
ツルが垂れ下がり地面近くになっているのに気が付きませんでした。
30㎝位あります。

200914-2 いろいろ

こちらのナスも収穫期を迎えました。
こちらも1本で二人で充分なほどなります。

200914-3 いろいろ

アジサイの「霧島の恵み」は繰り返し咲いています。
後ろの方の顔の陶器の所に判り難いですが、ロサ・ムルガリィのヒップが色づき始めました。

朝撮りです。

2020
09/13
Sun
Category:Rose・花
200913-1 リラ

今日は少ししのぎ易すかったですが、バラはまだ夏花です。

リラ ロサ・オリエンティス20年春発表
木作りするので、春少し咲かせた以降は摘蕾を続けてきたので、枝数は増えてきています。

その中で、勢いのある枝の房咲きを咲かせました。

200913-2 コフレ

コフレ 河本麻記子さん作出
花はまだ小ぶりですが、花形といい花色ものって来ました。

200913-3 クリスティアーナ

クリスティアーナ (独)コルデス
春はコロッとしたカップ咲きですが、秋に期待します。


紅オクラの花

2020
09/12
Sat
200912 紅オクラの花

これ1本ですが、引き続き収穫しています。

もうじき採れるのもあり、当分見て楽しみ、食べて楽しみます。

秋らしく。

2020
09/11
Fri
200911-1 エキナセア・グリーンジュエル

秋の庭をどうするか考えています。

いろいろなシーンが思い浮かぶ中で、エキナセアとコリウスをコラボして見ました。

これはあくまでアイデアで、どうするかはもう少し考えてみます。

エキナセアはグリーンジュエルです。

200911-2 エキナセア・シャインスピリット

エキナセア・シャインスピリットです。
コリウスには葉色が豊富なので、エキナセアとなじみやすい葉色で組み合わせてみました。

200911-3 エキナセア・ダブルスクープ・ラズベリー

エキナセア・ダブルスクープ・ラズベリー
カラフルなコーナーが出来るのは大分先になりそうです。

夏花イングリッシュローズ

2020
09/10
Thu
200910-1 ザ・ナイト 

残暑が続いていつまで夏花なんでしょうね。

涼しいイギリス生まれのイングリッシュローズはこたえるのでしょうか、当分夏花の気配です。

ザ・ナイト
花弁数が減って見る影もないです。

200910-2 ビショップ・キャッスル

ビショップ・キャッスル

良い花なんですけどねって言っても、現実はこうです。

200910-3 デスデモーナ

デスデモーナ

一生懸命咲こうとしています。


実生のグラス

2020
09/09
Wed
Category:グラス
200909-1 実生グラス 

バラが植わっている鉢に、苗床かわりに種子を蒔く事があり、芽が出てしばらくしてポットに移します。

このグラスもそうやって成長させたのですが、手持ちのグラスの葉で同じなのが無いのです。

200909-2 実生グラス 

一つ考えられるのは、昨年12月横浜市金沢区にある能見台谷津坂第一公園で自然な
ナチュラルスティック・ガーデン作りの第一人者の平工さんに、グラスについて熱く語ってもらいました。

その時枯れた風情がとても良かったカゼクサの穂をお願いして、頂いてきたのを蒔いたのかも知れません。

穂が出れば品種が判りますので、しばらく楽しみにしています。

フレーズはイチゴ色

2020
09/08
Tue
Category:鉢植え
200908 フレーズ 

ストロベリーレッドのフレーズはフランス語「イチゴ」
良く咲いて花持ちが良いので、庭の定位置が決まっています。

小ぶりなピンクのガウラと背比べする大きさなので、景観に溶け込んでいます。

コユキの散歩コース

2020
09/07
Mon
200907-1 野川沿い 

昨日の台風の余波だと思いますが、今日は強い風が吹いていました。

大きな木も揺れていていたので、緑のドングリが沢山落ちていました。

200907-2 野川沿い 

このごろこの枝にカワセミが止まって、小魚を狙っているのをよく見かけるようになりました。

散歩していると、カワセミが止まる枝って決まっているようです。

コスモスは秋の花

2020
09/06
Sun
200906 コスモス

園芸店で見つけたコスモスのポット植えを買ってきました。

秋が待ち遠しいので、願いを込めて。

内芽で切る事もあります。

2020
09/05
Sat
200905 内芽切り

横張性のバラで、外側の芽の上で切ると枝はますます外に向かって広がって行きます。

整った株姿にするには、時には内芽の上で切ることがあります。

そして次には外側の芽を生かして切ると、株姿がまとまります。

グラスの寄せ植え

2020
09/04
Fri
200904 グラス

ペニセタム・パープルファウンテングラスの葉色が好きで、穂が出て来た頃に作りました。

同じような色のアルテルナンテラを合わせて植えたけど、日にちが経ち伸びて来てしまい、ユーフォルビアは花が終りに近づいています。

かえって馴染んできていいかなって思っています。

夏の終わりの花

2020
09/03
Thu
Category:Rose・花
200903-1 クロッシェ

8月の酷暑の中を頑張って咲いてきた花なので、多くは望まず良く咲いたねって労わってやりたいきがします。

クロッシェ
日暮れが早くなり、撮るにはギリギリの時間でした。

200903-2 ブルー・ムーン・ストーン

ブルー・ムーン・ストーン
夏の間も咲き続けてくれました。

200903-3 ルリール

ルリール
個人育種家が作って品種で、夏花は花色が乗っていません。


秋庭作りを始めました。

2020
09/02
Wed
200902-1 秋庭

8月は暑くて水やりだけで何も出来ませんでしたが、放置していた植物は季節を感じ取って、
グラスは穂を出し、後ろの方のウツギは枯れ秋の景観にいいかなってこのままにして置きます。

鉢植えと寄せ植えで、小さな庭の一部でこれから秋を楽しもうと思っています。

200902-2 秋庭

リーフの寄せ植えも、一部手持ちの植物で入れ替えました。

200902-3 秋庭

ペニセタム・パープルファウンテングラスや千日紅も、長く咲きづづける貴重な一員です。

background-image

2020
09/01
Tue
Category:2020
vol.114 (2020.09.01~)

back

品種名 : パートナー Partner
作出 : (仏)アンドレエブ 2020年発表
花期 : 四季咲き
花色 : アプリコット
花径 : 7~8cm
樹高 : 大きくなる性質
香り : 強香

勢いのある花茎に房咲きになる花は、
アプリコットで外弁がほんのりピンクになる花で、花形はロゼットで花持ちがいいです。
花にはティにフルーツを含んだ爽やかな香りを強く感じます。
まれに見る旺盛な生育で、直立ぎみにしっかりした枝が伸びるシュラブ樹形です。

このバラは上に向かって伸びるので場所を取らず、
育てる所によって、鉢植えでも伸ばすとツルバラとして使え、
剪定で高さを抑えると庭の景観に合わせて置くこともできます。
冬剪定で深く切り込むか、大きく育てる時は剪定で切る枝に段差を付けて切るようにすると、
花の咲く位置が広がり見応えがでます。

深緑の葉は耐病性が良く、冬に大苗を鉢植えした時に殺菌消毒を他のバラと一緒にやっただけで、
その後は殺菌消毒を一切やっていませんが病気とは無縁で、
今年の酷暑でも葉を落とさず、そのままでなんの変化もなく育っています。

品種名の通りにこのパートナーは、花が綺麗で、香もよく病気に強く育てやすいので、
きっと皆さんの良きパートナーになることと思います。



Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.