08
16
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

原種クリスマスローズ

2010
02/08
Mon
今までいろいろな原種も育ててきました。
原種は決して育てにくいものではありません。
私は原種も交配種の分け隔てなく育てています。

ほとんどの原種は10年位前から国内で手に入りました。
実はもっと前から手に入ったのかも知れませんが、私が興味を持ち始めたのがそのころです。

その頃は地味な花なので、原種は山野草扱いさせてそのような専門店が結構扱っていました。
栽培法も普通にわかっていました。

1プルプラセンス
画像は10年物のプルプラセンスです。

近年のクリスマスローズの人気で、当然の結果として趣味で育てていると行き着くところは原種です。
これは私の経験でもあります。その最たるものはランでした・・(笑)
前にも書いたことがありますが、原種デンドロビュームで品種名が付いているだけで今では2500種以上はあると思いますし、その他のSPはどれだけあるかわかりません。カトレア属walkerana、trianae、に夢中になった時など懐かしく思います。

それに比べクリスマスローズの原種は有茎種を含めてもたかだか約30位で、いま流行の原種交配に使うため育てるのでしたらともかく、地味花が多く一過性のはやりで、また一部の愛好家だけがほそぼそと育てるだけのものになるかも知れません。  

2チベタヌス
東洋で発見された唯一のクリスマスローズの「チベタヌス」です。

原種クリスマスローズは育てにくいと言われていますが、今発売中の雑誌に原種は「林緑や日当たりの良い道はたや、牧草地で咲く」と書かれているので納得しています。

それなのに日本での育て方が重過ぎます。
原種に興味をもってこれから育ててみようと思っていても、腰が引けてしまいます。


3ボッコネイ
原種「ボッコネイ」香りがある花です。香りはバラのような香りは期待しないで下さい。

交配種と同じように育てていますので、用土も培養土かバラの土と同じです。
バラを植え替えて出た残土で植えることすらあります。
原種のために色々な用土を購入しても、そんなに沢山植え替えるわけでもないので、半端にいろいろな用土が残ってしまい置き場所に苦労します。

水はけの良い用土に植えれば、夏に過湿になんかなりません。劣悪な場所以外の普通の所では、過湿になる前に乾いてしまいます。
クリスマスローズは水が好きです。
私は白状すると5月~10月の六ヶ月ぐらい効果がある保湿剤を全鉢に入れています。

大切なことは風通しです。風通しがよければ原種の株が大きくなっても大丈夫です。

原種によっては夏ぐらいから葉を枯らして、宿根するのがあります。
当然のことながら、葉が無くなるので水分の蒸散も少なくなるので乾きが遅くなります。
落葉するバラや、宿根草などいろいろな植物を育てていると、その辺のことは自然にわかります。

それ故・・ ポイントは一点!
休眠打破して芽が動き出すまでは過湿ならないように、落葉した鉢はまとめて置き
日々の水やりから隔離して、芽が動き出すまでは肥料も控えた方がよいです。



4オドルス
原種「オドルス」香りがある固体があります。

だいたいの植物は太陽が好きです。
原種も梅雨明けまで直射で問題なく、夏もそのままにしておく人も知っています。
あまり神経質にならない方がよいです。

風通しが良いところで、水を切らさないように育てれば大体の原種は大丈夫なのでどんどん挑戦して見て下さい。


COMMENT

こんばんわ

ああ 憧れのチベタヌス! です(笑)
去年の夏、大株に育っていた子を駄目にしてしまいました。蒸れてしまったのです。
本当にショックで、クリスマスローズ熱が下火になるほどでしたが、最近の記事を見ていましたら再チャレンジしてみようかという気持ちが動き始めました。
難しく考えすぎないと言うのは、大事かもしれませんね。

2010/02/08(月) 02:24:36 | URL | チーママ #- [Edit
ああ。。。本当に素敵。。。
とても嬉しい記事でした。ありがとうございました。
2010/02/08(月) 22:39:01 | URL | サフラン #- [Edit
原種はいいね
フレさん、ご無沙汰です。
クリスマスローズの原種、いいですねー。
僕は、どういうわけかクリローは
最初から原種に惚れ込んでしまいました。
フレさんが書いているように、
原種だからといって特別扱いはしていません。
それでも、みんな元気に
毎シーズン、素朴な花を楽しませてくれています。
「ボッコネイ」欲しくなってしまいました。
2010/02/10(水) 16:11:24 | URL | kajiny #zwg4Ifl. [Edit
フレグランスさん こんばんは。

昨日は今日と違い暖かく園芸に一日没頭していたところ、大きな鉢の後ろから雑草の茂った4号ポットが出てきました。確か昨年、小さな苗で購入した原種、水遣りの時に水圧が強く土が飛ばされ根が1/3程露出し土を足さなくてはと思いながら忘れ、いつの間にか記憶の外へ!! 出てきた株の葉は茶色くなり生い茂った雑草を毟ったら、新しい芽か出てきた。こんな事もあるのですね!! お水を与えた記憶もないし・・・・・・
もしかしたら我が家の水やり名人が密かに与えていたりして (笑
2010/02/10(水) 22:28:22 | URL | いわ #- [Edit
チーママさま
チベタヌスまた挑戦して見て下さい。
なんでしたら、お手軽栽培法伝授しますよ・・(笑9


サフランさま
沢山の素敵なクリスマスローズをお育てですが、原種は如何ですか。

2010/02/11(木) 00:40:00 | URL | フレグランス #- [Edit
kajinyさま。
こちらこそご無沙汰してます。
そうですね。
屋上でも原種の話しきゃした事ないですね。
そんなカジニーの「原種だからといって特別扱いはしていません」とても説得力があります。
「ボッコネイ」決して良い香りではないですけどね。

いわさま
あらあら気がついてよかったですね。
小苗って鉢の陰になってわからないことがありますよね。
いや~~「水やり名人」がいらっしゃいますと助かりますね。
過酷な条件下で生きながらえた原種、どうか大切にしてやって下さい。

2010/02/11(木) 00:49:34 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.