08
16
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

オベリスク仕立て Ⅱ

2010
03/12
Fri
Category:鉢植え
こりだすと止まらない悪い癖で・・(爆)

オベリスクが足りなかったのか、長尺バラが多すぎたのか、さぁ~~てと見回すと枯れたつるが絡まっているクレマチスが目に入りました。
クレマチスには丁度良い直径12cmのオベリスクに巻いていました。

何とかなるかなと枯れたつるをむしりとり、8号スリットにさして見ました。

結果的に何とかなってしまいました・・(笑)

フェリシテ・エ・ペルペチュ0

これが完成した様子で、頭の中にはフェリシテ・エ・ペルペチュがたわわに咲い咲いちゃっているんです。
もう根っからの極楽トンボです。

フェリシテ・エ・ペルペチュ1

オベリスクを差し込むと、枝が外に出せないんです。
芽が小さいうちでしたらやってしまうのですが、芽が膨らんでいてムリすると芽がぼろぼろ取れてしまいます。
そこで下の輪を金ノコで切り取りました。
これも「バラ遊び」でこんなことやっているときが最高に幸せデス。

フェリシテ・エ・ペルペチュ2

7号ポットで2mぐらい伸びているので覚悟はしていましたけど、見事な根の回り方でした。
毎度のことハサミの先で荒っぽく根をほぐしました。
こうすると植え付けた時、発根が良いのです。

フェリシテ・エ・ペルペチュ3

8号スリットに植えて、根を外側に出して上からオベリスクを差し込みました。
ぐるぐる巻きを拡大したところです。
12cmのオベリスクに枝も折らずに良く巻けた方ですよね。
でも、足元に芽が幾つもこぼれていました・・(笑)


こちらは大きなオベリスクに巻いたものです。
メイ・クイーン

こちら逆に大型オベリスクで直径28cmある太い方です。
これは前回と同じところのです。
太い枝を巻くのに向いています。
バラは大好きな「メイ・クイーン」です。

大型

こちらは細いタイプの方です。
これに硬い枝のを巻きましたが。結構巻きがいがありました。
右側の画像に太いシュートが見えますね。
さすがにこれだけは巻けませんでした。
涙をのんで50cmぐらいでカットして、芽を吹かせる考えです。
この品種は内緒で、上手く咲いたらご覧に入れますね。


実はまだあるんです。
また機会がありましたらご覧にいれますね。

COMMENT

こんばんは。いつも楽しみに拝見しております。

なるほど~~^^ こうやって巻くんですね。
路上実演見たかったです。

実は、私もオベリスクにはまりそうな予感をしております。
昨年の秋、枝が伸びてしまったギョーのアニエス・シリジェルの枝が
結構しなやかだったので、ひらめいたのが、オベリスク巻き。
(「趣味園」のバラのコミュニティに画像を載せました)

我が家は、狭い壁囲いのベランダのため、高床式。
そのため、小型でも丈80cmになると、咲いた花は目線より遥かに高い所に!! そこで、小型にこだわるより、風通しやスペースの効率利用のメリットも考えると半つる性のバラをオペリスク巻きにする方が良いかも?!と・・・

無謀にも実家から挿し芽をしたクラウン・プリンセス・マルガリータを持ってきてしまいました!まだまだ小さいのでミニオベリスクでやってみようと思っています。他に、ゴールデン・セレブレーションの挿し芽苗もあるので、これもオベリスク巻きでと考えています。両方とも大きく育ったら・・・その時は何か考えます・・・(笑)

25日が楽しみです。
欲しいERが増えそうで怖いです。
2010/03/13(土) 00:41:53 | URL | angelangel #- [Edit
フレグランスさまこんばんは。
実は、巻き巻きマイブームで^^とっても参考になります!地植えも限界になりつつあって、今年は何鉢増えるのか・・・考えるとうれしい悲鳴の日々!!

あ~クレマチスと一緒にからませてみたい^^
2010/03/13(土) 21:41:38 | URL | ショウコ #- [Edit
あらら、なんだかバラ好きは同じ頃に同じ様なブームにはまるのですね~
私は行灯ですっ!

今までは、伸びた蔓をあちらこちらの植木にからませ、もぐりこませていましたが、この冬は行灯仕立てにしてみました。
おしゃれなオベリスクを買うまで待てなくて、無骨なグリーンの支柱を4本立てただけです。

脳内には既に、支柱も折れんばかりに咲き誇るあれとあれとあれが~~~!
2010/03/14(日) 21:31:09 | URL | レダ #- [Edit
angelangelさま
まいまいするのは何でも出来ますよ。
ま、3m位までのでしたら巻きがえがありますよ。

今度の本には古くてよい花も全部出ています。
それが怖いです・・(笑)


ショウコさま
どうも皆さまオベリスクに巻く機運が盛り上がってきていた時期なんでしょうか。
沢山の方に興味を持ってもらいました。
クレマチスと一緒に見事な花が咲くのを想像しますが、バラが嫌がる所があります。

クレマチスとは程よい関係が良いですよ・・(笑)


レダさま。
実は私も今回オベリスクが足りなくなり行灯あるんですよ・・(爆)
これは葉が出てきて無骨な支柱が見えなくなるまで見せられないと思っています。





2010/03/14(日) 23:54:08 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.