08
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

クリスマスローズ 子房とり

2010
03/14
Sun
二ヶ月も楽しませてくれたクリスマスローズも終わりに近づいてきました。

この時期になると受粉して種子が出来て子房が大きくなって来ます。
そのままにしておきますと株に負担がかかり、新芽の伸びが遅れてしまう事があります。
そうなりますと来年の花付きに影響が出てきます。

子房取り1 

子房取り3 

子房がこのくらい小さな時でしたら、指先で押さえると簡単に折れてポロッと取れます。
ゴールドは子房までゴールドです。

子房取り2 

子房が大きくなってしまったら指でネジルようにして取ってください。

長く花(ガク)を付けておきたい時は、子房を取って置くと良いでしょう。
でも来年のことを考えると、せいぜい今月末には花茎を元から切て下さい。

COMMENT

はじめまして、いつもブログや紙面や講演会などで楽しく拝見させて頂いてます。
クリスマスローズ初心者なので教えていただきたいです。
来年の事を考えると今月末には花茎を元から切った方が良いとのことですが、まだまだ蕾がついている場合もやっぱり切った方がいいのでしょうか?
バラもそうですけど切るのに勇気がいります。
2010/03/16(火) 13:33:18 | URL | みけねこ #- [Edit
みけねこさま
いつもご覧頂きまして有難うございます。
ハイ、来年の事を考えると切った方が良いです。
いつまでも花柄がありますと新芽の上がりが遅れます。
結果として充実しきれないと来年に影響します。
バラの花に比べれば長く見られたので決断も必要ですよ・・(笑)



2010/03/17(水) 00:00:44 | URL | フレグランス #- [Edit
過日は、フレグランス様の素晴らしいクリスマスローズ
いr鉢植えを見せていただきながら、楽しいお話をありがとうございました。
百輪は軽く花をつけている見事な鉢を見て
ただただ、驚いていました。
子房を取るなんて、知りませんでした。
早速、庭のクリスマスローズ、取ってみました。
ためになるアドバイスをいつも、ありがとうございます。
2010/03/17(水) 17:51:13 | URL | おめめ #- [Edit
おめめさま
クリスマスローズ展ご覧になっていただき有難うございました。

植物全般に言えることですが、実をつけると株に負担がかかります。
なので大株を目指したり、来年も沢山花を咲かせるには子房はとった方が良いです。
2010/03/17(水) 21:48:02 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.