02
6
25
26
27
28
<< >>

バラゾウの正体バラソー

2010
06/06
Sun
Category:病害虫
先日行きましたガーデンではバラの開花がドンピシャでした。

ガーデン説明ツァーも終わり、あまり美しく咲いているので昼食のあと記録写真を撮りに4Kでまた戻りました。

バラゾウ被害1

写真撮りながら途中まで来ましたら、害虫にめっぽう興味があるKが「あの枯れている蕾の中にバラゾウムシの幼虫がかなりの確率で居るよ」といいました。

バラゾウ被害2

花柄が枯れかけたツボミを取って見ると、なるほど子房のところに虫に食われた跡がありました。

幼虫A
幼虫B

マクロレンズを持っていなかったので、手振れを気をつけながら撮った画像をかなり拡大したのです。
幼虫の大きさは米粒の半分ぐらいです。

花柄が枯れると幼虫が入ったままのツボミが地面に落ちて、虫のことは詳しくないですが、きっとサナギになりやがてバラゾウの成虫になるのではないかと思います。

ここから降って行きましたらまた、Kがほかの害虫の被害を見つけました。
このお話はまたの機会にお話します。

COMMENT

こんばんは~。
枯れた蕾は、除去しなきゃいけませんねー。
講演会、ギャラリートーク、パーティー。
とっても楽しませて頂きました、ありがとうございました。
更には、気さくにお話して頂いて、感激しました。
ブログにもアップさせて頂いたのですよー。
好反応でしたー。
又、先生の講演に行きたいです。
これからも、ご活躍下さいね!!
2010/06/07(月) 00:19:37 | URL | さくら22 #- [Edit
バラゾウムシにはやられっぱなしです
おはようございます。
このような状態の蕾が多くみられた今春でした。さっさと切ってさよならしましたが、卵産んでいたんですね、バラゾー君は。危ない×2・・・
さて、ご報告。ローブリッター、下からすでにシュートとその候補が都合2本出ていたので安心しつつ40センチ残してバシッと切りました。オベリスク仕立てに一杯のコロコロ花、ちょっと夢見てます
2010/06/07(月) 06:33:48 | URL | raretaste #2bp38/lE [Edit
いつも楽しみにしています。
ところで、昨日マルチングのお話があったのですが、少し私の経験もお話したくて初めてコメントを送らせて頂きます。
ココマットによるマルチングは1月頃TVで紹介されていました。
目的は「凍結防止」です。
当時東京でも朝10時にやった水がお昼頃には凍ると言う寒さで、何日も水遣りができない日が続き不安だった私はすぐに屋上に走りました。(凍ったところで問題ないとは思いつつも、水遣りが薔薇との会話タイムなので心待ちにしているんです)
紹介されていた圧縮椰子マットはなかったのですが、スタッフの方のアイデアでハンギング用の椰子マットを解いて使う事にしました。
お蔭でそれ以来凍る事も無く、水遣りは基本通り「ピロッと捲って表面が乾いていたら底から流れる程度」することができました。雪が積もった時もすぐに捲ってポイでした。
普通は先生とは違って「休眠期植え替え」なので、水が凍るとまずいのだろうと思います。
圧縮マットは普通のマットとは違って繊維の目が密なので「虫が土中に入るのを防ぐ事もできる」けれど、「凍らなくなったらすぐに取り外してください。」とも仰っていました。
以前「見た目重視」でバークチップでマルチングをしてひどい目にあった(虫の棲みかを提供してしまいました)経験から、長期旅行時のマルチング(これも専用の資材があります)以外は何のためにするのかと思っていたのですが、使い方と資材を適切にすれば有用なんだな・・・と思った次第です。
お忙しいところ長文にて失礼致しました。
初めてのコメントで緊張して心臓がバクバクいってます。
2010/06/07(月) 17:39:10 | URL | tsuki #- [Edit
はじめまして・・・・
いつも拝見させていただいております。
トップにあるバラ・・・・ピンク・コロンコロン
の品種を教えてください。
2010/06/07(月) 19:00:28 | URL | マカロン #O/40eKYU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

■小さな庭の物語 vol.1
(BGMあり音量に注意ください)

★Youtubeで見るSlide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.