08
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

コガネムシの幼虫に注意の季節に

2010
08/20
Fri
Category:病害虫
今日も水やりしていた時目につきかなり捕捉しました。

コガネムシが居ると言うことは、次の段階で当然幼虫が居ると思ったほうがよいです。
今が産卵時期と言われています。
注意が必要なのは鉢植えです。鉢内で孵った幼虫が有機質の食べるものが無くなると根を食害します。
10月ごろ鉢植えバラが元気が無くなるのは、この幼虫が原因のことが多いです。
冬に植替えの時幼虫が出てきて驚くことがありますが、バラが元気でしたらラッキーです。

コガネムシ

対処の仕方はいろいろなやり方をしているようですが、効果的なやり方としては9~10月に二度ほど顆粒殺虫剤を鉢の表面撒きます。
薬分が鉢の中に拡散するので効果があり、根から吸い上げられた薬分がアブラムシなどの害虫にも効果があります。
またその時期液体薬剤を土壌注入するやり方もあります。

コガネムシ2

実は昨年の夏にこの薬剤に気が付いたんです。
元々肥料アンプルでは歴史があるメーカーです。
なんと肥料に殺虫剤がコラボになっているんです。

アンプルを地面に挿しておいてアブラムシに効果があると言うことは、殺虫成分が根から吸い上げる浸透移行性の殺虫剤だなと思いました。
で、その薬剤の成分を調べたら顆粒や液剤でよく使われるブランドの成分と同じなんです。

この薬剤の適用害虫には「アブラムシ」洋ランのシンビジュームにつく「カイガラムシ」とだけ記載されています。
でも実際はもっと多岐にわたる害虫に効果があるんです。
害虫の登録するには認可を受ける試験に莫大な金額がかかるんです。

そんなことはともかく昨年試しに10鉢ぐらいに挿して置きました。
肥料分もあるので良いと思いました。

冬の植替えの時には幼虫は一鉢も居ませんでした。
たまたま卵を産み付けていなかったのかはわかりません。

肥料分との一石二鳥なのと、お手軽なので鉢数が少ない方は試してみる価値はあると思います。


COMMENT

以前、庭に白樺ジャクモンティを植えていたときのことです。ジャクモンティの根の周りから、気持ち悪くなるほどたくさんのコガネムシの幼虫が出てきました。あまりにすごいので数えたところ、300匹をこえていたと記憶しています。。。。
もちろん、ジャクモンティの元気はありません。。。それ以来、薬をまくようになりました。根の被害って怖いですね。致命傷になります。
2010/08/21(土) 22:01:34 | URL | ばんた #- [Edit
ばんたさま
何かの拍子に地面を掘ったらすごい数のコガネの幼虫が居たとのお話時々聞きます。
それだけの数の幼虫がいますと木もたまらないですね。
気が付いてよかったです。
2010/08/22(日) 23:29:08 | URL | フレグランス #- [Edit
この話は、去年聞きたかったです。
うちのHardyさんは、まだ、瀕死の状態で...

今年は、真剣に予防しまっす。
2010/08/23(月) 22:28:17 | URL | パパ #/OkBMtgI [Edit
パパさま
ご無沙汰してます。
私も何年か前に酷い目にあったことがあるのですよ。
コガネムシを見ると、鉢の中に幼虫が居ると思うぐらいで丁度よいですよ。
2010/08/23(月) 23:01:54 | URL | フレグランス #- [Edit
こんばんは。 
昨年、地面にコガネムシの死骸が転がっているのを発見した時は、我が家の狭いベランダにもコガネムシはやってくるんだとびっくりしました。

昨年フレ様がバラ講座の時に紹介されて以来、使っていますが、いつ頃から使ったら良いのか?通年なのか?思い出せなくて、今度の講座の時に質問しようと思っていたところでした、このアンプルは今頃が使い時なんですね。

実は、8月に入ってすぐ鉢に挿しておりましたが、最近、2匹死骸が転がっているのを発見。
葉の食害の感じをみると、どうもERのCP マルガリータがやられたようです。
鉢の中を見るのがこわいです。植替えの時にあの幼虫の姿を見るとぎょっとします。
2010/08/24(火) 02:31:01 | URL | angelangel #- [Edit
angelangelさま
もう紹介して一年経ちますね。
今頃から10月ごろまでが孵化した幼虫に対処するのによい時期です。
その間にちゃ~んとやっておけば、植替えのときに幼虫を見ないですみますよ。
2010/08/24(火) 23:49:30 | URL | フレグランス #- [Edit
アンプル剤
8/29のバラセミナーに初めて参加させて頂きました。有りがとうございました。ご紹介のアンプル剤、私もかなり前から偶然にも使用していました。1Fのマンションの狭いベランダで鉢を数鉢育てており、おもてにはコガネムシがたくさんいるのになぜかうちの食害
されずバラは元気でした。これアブラムシ以外にもコガネムシや夜盗虫に効いてるな…と薄々感じていましたので、やったあv(=^_^=)vという気分です。農薬を撒くのに抵抗があり、私はアンプルと竹酢液を薄めたものをスプレーで葉にかけたりしています。これもおっしゃっていたバラシャワーに当たるかも!偶然の勝利です(笑)。
2010/08/30(月) 08:22:54 | URL | Mina #- [Edit
Minaさま
ご参加下さってタイミングが良かったですね。
あのような所ですと、活字で残らないので、ついポロッとアブナイ話をしてしまったり・・(笑)
どうぞまたご参加お待ちしています。
2010/08/31(火) 23:32:00 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.