08
16
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

ラプソディ・イン・ブルーとの出会いの話

2010
10/03
Sun
Category:情報
ラプソディ・イン・ブルーと出会いの思い出話です。

画像の記録年月日からだと、2001年の西武ドーム「国際バラとガーデニングショウ」で初めて紹介されましたと思います。
この時は「青バラが展示される」と大きな話題になりました。

私もワクワクする気持ちで見に行きました。
展示されていた ラプソディ・イン・ブルーは、たしか三株で展示の脇にはガードマンが立っているというものものしいものでした。
確かに今まで見たことが無い花色と、その後「バタフライ咲き」と言われるようになった花形でした。

展示中会場に行った時は、前から、横から、いろいろな角度で飽きずに見てました。
こんなに希少品種だから、増殖して手に入るのはいつになるかな~なんて漠然と考えていました。

最終日、私も出品していたのがあるので閉館後取りに行きました。
その時もラプソディ・イン・ブルーはどうなっているのか見に行ったら、スタッフの人が片付け中でした。

ここからの話は思い出すままに(でも10年前なので少し漠然といています)

そこにたまたま居合わせたた出品した会社の社長「何度も熱心にみてたねぇ~~」
私「だって今まで見たことも無い花なんで気になるから」
社長「今回の目玉に頼まれて、輸入されたのが遅かったので咲くか心配したけど咲いて良かったんだ」 
私「これ何時になったら国内で発売されるの」

社長「まだ来てる親株が少ないから、少しかかるね」
私「そうなの」
社長「なに欲しいの」
私「それはあったりまえでしょう」

社長「じゃあ~~これ一本持っていきゃ~」(岐阜弁)
私(驚いて)「いいの~~」
片付けていたスタッフ(驚いて)「シャチョ~~それはダメですよ~~増やすのどうするんですか~~」
社長「今あげるって言っちゃたんだ。残りでなんとかやってくれ」
スタッフに両手をあわせ、社長の気が変わったら大変と、「じゃあ有難う」と株を抱えてその場からさ~~と遠ざかりました。

その社長とは、いま一緒に活動させて頂いている「K」の親父さんで、Kもその時撤収に来ていました。
チョット古い話でした。

ラプソディ・イン・ブルー1

この画像はその時撮ったもので、記録しているのが一枚だけです。

ラプソディ・イン・ブルー2

この画像を撮った日付けは02.05.06になっているので、次の年ですね。
ラプソディ・イン・ブルーはシュラブと言うことと、一年育ててみて枝がしなやかだったので、オベリスクにからめました。
宿根草で株元が見えませんが、鉢植えにいて屋上に置いておきました。

で、この年の夏に見る見る枯れこんできて、この画像の後の写真はありませんです。
まだこの時は、何故枯れたのか判りませんでした。


それにしても、その頃から新し物好きで、ギョーカイの一部では私の新し物好きは知れ渡っているようです・・(笑)






COMMENT

ラプソディーも、永遠の女神も
こんばんは。ラプソディーとのいきさつ、楽しく読ませていただきました。バラにガードマンなんて、すごいです、見てみたかったですね。
さて、イモーホニャララ。昨夜サイト検索して色んな方のブログを読んでみました。改めて、人の噂話というのは、色んな風に尾ひれがつくものだなと、つくづく思った次第です。
情報を発信する側に立つのは、大変ですねぇ。心中お察しいたします。
2010/10/04(月) 00:28:17 | URL | raretaste #2bp38/lE [Edit
フレグランスさま。

お久し振りです。元気にお過ごしですか?
フレグランスさまの物凄く欲しそうなお顔……目に浮かびます(笑)
相手が「うん」と言うまでジィ~っとですね?
僕も今度、真似してみようっと!
もうしてるじゃんって言わないで下さいね!

僕もこの時の物々しさは記憶にあります。
珍しかったですね、この色。今でも色褪せずいい薔薇だと思います。
本当の紫と黄金の蕊のコントラスト!
2010/10/04(月) 14:02:25 | URL | ブノワ。 #kZkdgmoI [Edit
raretasteさま
「イモーホニャララ」先ほど私も検索して見ました。
すごいですね。
驚きました。完璧一人歩きしていますね。


2010/10/04(月) 22:48:47 | URL | フレグランス #- [Edit
ブノワ。さま
大分ご無沙汰しています。
元気にがんばっているのは、人づてに聞いています。
このご時勢、男子が忙しいのはなによりです。

人のこと言えませんよ・・・(笑)
やっとの思いでゲットしたの欲しがったり、レアなバラの話すると、それ二つゲットして一つまわしてなんていうの何方でしたっけ。
実は ブノワ。さまが言えば欲しがるのありますよ・・(爆)
2010/10/04(月) 23:00:47 | URL | フレグランス #- [Edit
楽しいお話でした!
そんなエピソードがあったのですね。
その株とどんな出会いがあったか、そして、これからどうつきあっていくか。。。。
まるで、人との出会いのようです。
2010/10/06(水) 06:01:37 | URL | ばんた #- [Edit
ばんたさま
手元にあるバラにはそれぞれ思い出がありますね。
またバラにはそれぞれ物語りもありますね。
2010/10/08(金) 23:27:41 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.