FC2ブログ
11
27
30
<< >>

ジャパン・クラシック・オートモービル2011

2011
10/31
Mon
昨年は桜の咲いている時、日銀の前にクラシックな車が勢ぞろいしていて驚きました。
今年もその頃、まだかまだかと待っていましたが、その頃は晴れがましい事が自粛され、このイベントも今年は無いんだなと思っていました。
それが昨日思いがけず、昨年より規模が大きくなってやっているではありませんか。
驚きなのは、ほとんどの車が自走してきたのです。
早速カメラを取ってきて撮った一部をご覧に入れます。

本当は五回ぐらいのシリーズでやりたいのですが・・・
呆れられるのでやめておきます。

クラシックカー1 
古きよき時代のF1はナショナル・カラーに彩られた国と国との戦いでした。
ちなみにドイツはシルバー、日本はホワイトでした。

上 フレンチ・ブルーの1926年 Bugatti T35C 
当時のF1グランプリ・モデルのブガッティの市販車で、レースでも大活躍した名車。
馬蹄形のラジエーターから細部のディティールに至るまで、なんとも美しいフォルムではないでしょうか。

中 ブリティッシュ・グリーンの1930年 Aston Martin 1-1/ 2litre International
アストン・マーティンの初期の傑作スポーツ・カーで、高性能、高品質、堅牢でジョンブル魂そのもののようで、最高のコンディションの車が、こんな間近で見られるなんて今日はなんて幸せなのでしょう。

下 イタリアン・レッドの1933年 Alfa Romeo 8C 2300/ 2600
レッド・カラーのイタリアン・スポーツって何故かその気にさせる所があり、気が付くとアクセルを深く踏み込んでいたりして・・笑
直列8発DOHC過給器付きと、進歩的かつ強力なエンジンで、当時のブレーキが何処まで追いついたかなんて変な心配したくなる高性能モデル。

MG
1952 MG TD
第二次大戦後の英国を代表するライト・ウエイト・スポーツカーで、TDになって初めて前輪独立サスペンションが採用された。
そのお陰でコーナーでのスピードが一段と上がった。
今では死語になってしまった、サスペンションなどの潤滑部に「グリースアップ」が欠かせませんでした。
TDでは800kmごとにとマニュアルに書いてあり、それは結構忙しかったです。
夏はエンジンから熱風が流れ込み、晴れていればオープンで走れますが、雨のときはホロをかけると視界は極端に狭くなり、熱でガラスは曇るし楽なものではありませんでした。

1954 MG TF
このモデルからヘッドライトがフェンダーと一体化され、部分的に進化しています。

1959 MGA
空力特性から全く新しいボディになり、この車を初めて見たときは、え~~これがMGって思わず言ってしまった程の変わりようでした。
やはり賛否両論でした。

三枚並べますと、進化の過程がわかります。

1959 Fiat Abarth 750 Record Monnza
1959 Fiat Abarth 750 Record Monnza
サソリのマークは伊達ではありません。イタリアン・レッドの血を一層掻きたてる魔力があります。
普通の車では飽き足らないスピード狂御用達の、チューニングショップ「アバルト」のお印です。

「Record Monnza」の由来は、モンツァ・サーキットで速度記録を樹立した記念で、アルミ製ボディは、これまた有名なザガードがデザインと製作をしたものです。
良く磨かれたヒップには日銀が映り、良く見ますと夢中になってカメラを向けてる誰ぞも証拠に映っています。

クラシックカー2
1930 ニューエラ 初の三輪車
日本で最初の三輪車、人より荷物が大切と荷台にはサスペンションが付いています

1938 ニッサン 81型バン
1965年まで現役で働いていたそうで、その後は日産自動車に寄贈され、完全オーバーホールされて日産資料館に置いてあるそうです。

いや~~バラの事書いているよりよほど楽しいですね・・(笑)
時間が経つのなんか全然気になりませんでした。
これからゆっくり撮った画像を楽しみながら整理します。
関連記事

COMMENT

すやらかさま
そうです。
キレイなものは素直に思えば良いのですよ(笑)
2011/11/03(木) 22:40:34 | URL | フレグランス #- [Edit
こんばんは。
車の知識はほとんどないのですが
素直にキレイだなと思います。
2011/11/03(木) 21:59:25 | URL | すやらか #c0gvvCz2 [Edit
Vespaさま
見つかってしまいましたね(笑)
このイベントまったく期待していなかったのでビックリでした。

アストンと8Cは公道を走れるのですから驚きです。
ブガッティを含めて、よくもこんな素晴らしいコンデションのが三台揃ったものですうね。

ロメオですか。
いいな~~。
知り合いがサソリのアウト・ビァンキをいま迷っています。
2011/10/31(月) 21:46:55 | URL | フレグランス #- [Edit
erenaさま
私もプリンスにはイベント見に行った事があります。
「バラの雑誌」の思い当たるところがあります(笑)


りかさまも物凄くお久しぶり。
自転車にいい季節なんですよね。
行きたい所は沢山アルノデスガ、いま紅葉の下を走りたいな~~と思っています。
第5弾マデか~~ブログネタが無くなったら考えるね。
2011/10/31(月) 21:37:00 | URL | フレグランス #- [Edit
お疲れ様です。
薔薇も自動車もうっとりが・・・
8Cというネーミングはやっぱり特別なモデルですね。
最新の8Cも凄いですし・・・

そういえば先日Fiat500降りてしまいました。
やっぱりアルファロメオに(笑)
2011/10/31(月) 19:19:23 | URL | Vespa #- [Edit

物凄く久しぶりの「大好き!走るモノ」ですね~
自転車はまだかな?車はいつ~~と待っていたのですよ
第5弾まで是非!是非!!
 新しモノ好きは、古い物好きでもありますね (゚m゚*)
2011/10/31(月) 11:08:08 | URL | りか #PM9J2DcY [Edit
わお~~楽しい!
私はバラ好きだけど、車大好き~!
住んでる近くの大磯プリンスでは車のイベントが多いのです。
名車が海沿い西湘バイパスから箱根へ、取材ロケしてるのも目撃することがあって楽しいです。

ちょっと苦言を。バラの雑誌ねぇ、乙女チック杉~
2011/10/31(月) 02:27:35 | URL | erena #.17RNwB. [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、またはブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。

⭐︎カテゴリー検索
右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。

⭐︎ブログ内検索窓
画面右上と右側メニュー下方にございます。

疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。

右側メニュー「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



My page




Comments...

<>+-



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



-Archives-



ブログ内検索



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、
植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。
勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

ブノワ。さんのブログ
大野耕生さんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.