08
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

グラハム・トーマス  Graham Thomas 1983年発表

2012
05/06
Sun
Category:G~J
G・トーマス2

今日、TVの趣味の園芸で放映された「グラハム・トーマス」ご覧頂きまして有難うございいました。
この画像は過去に撮ったものです。

まさか、わが家のグラハム・トーマスがこのような事になるとは思いませんでした。
まったく放任で、肥料はおろか水も一回もやったことがありません。
でもこのように咲いてくれます。
肥料分は近くの棚に並べてある鉢植えの肥料が、鉢底から流れ出たのを貰っているのではないかと思います。

植えた当初の幹は無く、今の幹はシュート更新の幹だと思いますが、かなり古いことは事実です。
株元はかなり大きくなっていていますが、雑草に覆われています。

G・トーマス1
右画像は朝撮ったのです。
ちらほら色付いたツボミがあります。

この咲かせ方は、説明の仕方がありません。
決まった誘引はしたことが無く、冬に突き出した枝はラン用支柱の先をUの字にして、枝に引っ掛けて手繰って適当に何処かの枝に止めてあるだけです。

植えてある場所は、サザンカと寒椿の生垣で、冬バラの葉が無いころはサザンカと寒椿が咲き、五月はバラが咲きその後伸びてきたクレマチスが咲きます。
それに昨年からは近くに植えたセンニンソウが、秋には覆うように咲き、一年に何度か道行く人を楽しませています。

前にも書きましたが、バラが終わった頃花がらを切っていたら、通りがかりの人が「奥さんがバラ好きだと旦那も大変だね~」って言われ、思わず{はぁ~~」と言ったことがあります^^


バラシーズンに突入です。
朝は水やりに資料の写真撮り、夜は書き物もあったり、又出かける機会も増えます。
家に居る時は何とかブログの更新はするつもりですが、折角頂いたコメントにお返事が出来なくなると思いますが、何卒お許し下さい。

COMMENT

今日は美しく咲き誇る姿を見せていただきまして、ありがとうございました。やはり地植えは良いですね。
我が家はただいまナニワノイバラ期。モッコウバラと二人で、テラスを我が物顔にしております。この人たちが終わると、舞台は一面のバラ期に入ります(^^)
トップシーズンに入ってますますお忙しくなるでしょうが、くれぐれもご自愛くださいますように。
2012/05/07(月) 00:30:45 | URL | チーママ #- [Edit
 フレグランス様こんにちは~。趣味の園芸、見ましたよ。ハンサムに写ってました!フレグランス様宅のお庭も拝見出来てよかったです。

我が家のギスレーヌドフェリゴンドも、ジャングルみたいに茂っています。きっと鉢バラから染み出た肥料成分のおかげなんですね〔笑〕。

グラハムトーマスの黄色いいなぁ、いいなぁ。でももう場所がないのでフレグランス様のお写真で気分を変えたいと思います。

2012/05/07(月) 10:06:32 | URL | みいまる #- [Edit
こんばんわ♪
TV放送、楽しく拝見いたしました^^
これからお忙しくなりますね。
お身体、ご自愛ください m(_ _)m
例年通り必ずどこか「追っかけ」しま~す^m^
2012/05/07(月) 22:47:58 | URL | ぱお吉 #vIXFS59k [Edit
こんばんは。

NHK趣味の園芸、拝見しました。
グラハム・トーマスを紹介してくださる方は日本ではやはりフレグランス様と思っておりました。イングリッシュ・ローズへの愛があふれていました。
お宅の庭、David Austinさんの庭の映像まで拝見できてとても良かったです。

我が家のピエール・ドゥ・ロンサールは今、蕾がいっぱいで、花があふれるのが楽しみです。「殿堂のバラ」では、どなたがピエールさんを紹介してくださるのでしょう?!
2012/05/08(火) 01:02:24 | URL | 浅井 #5nFmgEug [Edit
フレグランス様 こんにちわ。
趣味の園芸、とてもよかったです。
自然体で、エピソードもさりげなくて、花をとりまく友情にさわやかな感動を覚えました。

お庭の紹介も、雑草が・・・とか御近所の方がフレグランス様のことをよく知らないなんて、正直でカッコつけないんですね。
我が家のグラハム・トーマス、まだ若いですが、たくさん花を開いてきています。
育ててみて、殿堂入り・人気なるほどの品種ですね。お気に入りになりました。
2012/05/08(火) 12:31:20 | URL | ガーネット #- [Edit
フレ様~

たわたに咲いたグラハム・トーマス、素敵ですv-238
イングリッシュローズのお話や、オースチンさんのお話も興味深かったです。

前にもお話しましたが・・・・薔薇を始めたきっかけがグラハム・トーマスの写真なので(趣味園の表紙でした)私にとっても特別な薔薇なんです。

これからお忙しい日々が続くでしょうが、それもまた薔薇関係なら楽しいかな?
でも、どうぞご自愛くださいませ。
2012/05/09(水) 22:49:58 | URL | れみ #buI3a3AE [Edit
先生こんにちは

このグラハムトーマス肥料も水も一滴もやっていないでこの見事さ!素晴らしいです!
それだけイングリッシュローズは強い品種なのでしょうね。
他のバラでは考えられないと思います。
2012/05/16(水) 13:00:54 | URL | なお #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.