08
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

綺麗でなくても花は必要ですね。

2015
08/14
Fri
150814 庭の花1

今までは棚に鉢を並べて育てていました。
その頃8月はほとんど摘蕾していました。

それが草花と一緒に育てるようになったら、夏の花でもあった方が良いもんですね。

今までと考えを変えて少しは咲かせる事にしました。
本当は散る前に花柄摘み出来たらいいのですが、なかなかうまく行きません。

150814 庭の花2

踏み石風にしたところの姫イワダレ草の成長の速い事、少し心配になっています。

COMMENT

こんにちは。
いつも拝見しているのですが、コメントを差し上げるのは初めてです。

新しい庭に、早くも風情が漂ってきましたね。フレグラン様がどのように完成に持っていかれるのか、楽しみでなりません。

ヒメイワダレソウ・・・危惧しておられる通り、もんのすごい繁殖力です。

以下、ご参考までに。
田舎の庭だから広さだけはと私は小さな小さな10株を植えたのですが、3年目の今、あまりの広がりようにタジタジとなっています。
当初5~6m離れていたハツユキカヅラとの勢力争いに楽勝しそうなため、近日中に大幅にエッジを切り詰めるつもりです。
根っこも、相当しぶといです。

すべてなくしてしまおうかとも考えましたが、ミツバチがこの花の蜜を吸いに来てくれますので、それは見合わせています。

1年を通してご多忙のご様子、くれぐれもご自愛くださいませ。

2015/08/15(土) 14:25:53 | URL | ジュール #3gCDR53E [Edit
ヒメイワダレソウは、とても元気で強い子です。我が家はテラスの手すりにプランターで駆けてあるのですが、あふれて滝のように30~50cmは枝垂れます。
(^^;; なので水切れしやすいので、あふれたら遠慮なくカットしています。案外ハンギングにして枝垂れ作りに適しているかもしれません。
2015/08/16(日) 03:23:03 | URL | チーママ #- [Edit
イワダレ草のお話有難うございました。
私が知人宅の敷石の間を埋めて可愛く咲いていたのに憧れ植えました。
イワダレ草がすさまじく丈夫で広がって行く姿を先日見た時は驚きました。
私が植えた所にこじんまり収まるわけがないので、考えないといけないなと思い始めました。
2015/08/17(月) 01:00:00 | URL | フレグランス #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.