06
25
26
27
28
29
30
<< >>

もっと咲かせるクリスマスローズ

2016
01/10
Sun
クリスマスローズ好きは沢山の花を咲かせたいですね。

沢山の花を咲かせて、昨年の花後から育てて来た甲斐があるというものです。

昨年の11月の「クリマスローズの11月の管理について」に肥料の事書きました。

肥料は引き続きこれからも大切です。

これからも適切な肥料管理をしますと、今ある花芽の脇から小ぶりな花芽が上がってきますが
これも大きくなります。

あとから上がって来た花芽を含めて「鉢からあふれる」ように咲かせることが出来ます。
私はいま二回目の置き肥をやりました。

肥料はいつも使っている「プロミック・クリスマスローズ」用です。
それ以外に気が付いた時液肥をやっています。

次の置き肥は2月末頃にやります。


原種は弱いとか育て難いと聞きますが、東洋のクリスマスローズと一部のもの以外は丈夫です。
まだクリスマスローズで絶滅危惧種って聞いたことありません。

私はこのダブルの原種も6月から自動灌水で夏も無遮光で、 原種も交配種も同じように育てています。


160110-1 デュメトラムd14-13

デュメトラムd
この鉢は約20cmです。
プロミックは4粒置いています。
私は錠剤を縦にして地面に埋めます。
これが土と一番接地するからです。


160110-2 クロアチクスd11-22

クロアチクスd
2011年から育てています。


160110-3 アトロルーベンスd11-35

アトロルーベンスd
紫が強い個体です。



COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.