06
25
26
27
28
29
30
<< >>

background-image2016

2016
04/01
Fri
Category:2016

vol.61(2016.04.01~)

back

品種名 エンデュミオン(Endymion )
作出  2015年 日本 木村卓功氏
系統  シュラブ
花色  ピンク
花形  カップ咲き~オープンカップ咲き
花径  中輪
芳香  中香   ダマスクとティー
開花  四季咲き   
樹高  1.3m

この品種は昨秋発表になった木村さんの品種で、彼も自信作と言っています。

back

最初にこの花を見たのは、「バラの家」の圃場でした。
深みのあるピンク色の深いカップ咲きが、ずっと脳裏に焼きついていました。
咲き進むにしたがい花弁にウェーブがかかり、秋でしたので満開過ぎた花はモーヴ色を帯びてきてなんとも魅力的でした。

この花をどうしても紹介したくても、我が家のはまだ大苗なので画像が無く木村さんからお借りしました。

春の花のピンクは健康的な輝きをもった、オールドローズを思わせるところがあり、
香りもオールドローズのダマスクにティーの香りがミックスして、温度帯によって香りの表情も変わります。

繰り返し良く咲く四季咲きのバラで、夏はオープンな咲き方になる。
肥料はやや多めの方が花付きは良く、春・秋には重ねが多い豪華なカップ咲きになります。
とても丈夫な品種で耐病性も良く、夏の高温多湿でも良く育ち、耐暑性も良く、フロリバンダに準じて育てられる。

花名は永遠の美を持ち続ける美男子「エンデュミオン」から命名された。



COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.