05
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

クリスマスローズの三月の管理について

2017
03/02
Thu
Category:月別管理
170302-1 s12-26 花茎切り

露地のクリスマスローズも3月に入り暖かさが増してくると、花茎も伸びて来て本来の姿になって来ましたね。

私はこの時期になると来年も沢山咲かせることを考え始めます。


◎肥料について

今月は来年も沢山の花を咲かせるために肥料が大切です。

株元から新芽が伸び始めるので、これが来年の花をつける元になるので、チッソ、リン酸、カリのバランスの取れた肥料のクリスマスローズ用、バラ用有機肥料等を施して新芽の成長を促します。

11月から始める肥料は冬の花を沢山咲かせるためで、3月~4月の肥料は新芽を充実させて、大きな葉を5月中に完成させるのにとても大切な時期です。

置き肥に加え液肥も施して、沢山の花を咲かせた労をねぎらうと同時に新芽の充実をはかります。

液肥は「ハイグレート・バラ」を使っています。


◎植え替え

三月中旬を過ぎると植替えの好機です。

新芽が伸びる頃がクリスマスローズが一番勢いのある時で、植え替えで根を少々痛めてもダメージは少ないです。

この時期植え替えると根の成長も良く、新芽の充実も図れるので、その分次シーズン花つきがよくなります。

楽しかったクリスマスの花のシーズンの余韻が残っている間にいろいろな作業を終わらせた方が作業もはかどります。

秋に植替えをすると言いますが、そのころ私はクリスマスローズの事をほとんど忘れています。

春に芽数が決まるので、秋に植え替えても芽数は増えず、鉢を大きくすると咲いた姿と鉢のバランスも悪いです。

なので、どうしても植え替えが必要な時以外は春に済ませます。

植え替えの様子は、植え替えた時に紹介いたします。


◎水やり
花を付けている時は水を良く吸いますので 花がうなだれないよう水切れに注意しましょう。


◎花茎切り

今年は咲くのが早いのがあり、子房も多くの花に付きはじめています。

170302-2 s12-26 花茎切り

早くも新しい葉も伸び始めて来ているので、1月27日から花茎を切り始めました。

切ったのは延命剤入りの水にさして置きますと2週間くらい持ちます。

170302-3 s12-26 花茎切り

花茎は地際で切ります。

花茎を残して切ると、茶色になって再度取る事になります。

12月に古い葉を切った時も説明しましたが、花茎を残して切ると湿り気が多いいと、地際にカビが発生する事もあります。

長年このような切り方していて何の不都合もありません。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



-Archives-



Search



Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Slide show

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.