FC2ブログ
09
8
9
10
11
12
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

秋バラで綴るパリの思い出  番外お酒の話

2006
12/07
Thu
今日は休みでしたので、お酒が少々入っています。
「冬バラ」の続きを書かなければとPCの前に座り画像を見てましたら 、お酒のことがいろいろ思い出せれてきました。
チョッとほろ酔いなので、うろ覚えで書きますので勘違いや、得意の誤字脱字があるかも知れませんが、お許し頂いて笑ってご覧ください。


マダム・フィガロ   デルバール社

冬のこの花を見ていたら、クチュールのショーの後のレセプションで始めて口にした「ロゼ・シャンパン」を思い出しました。
華やかな雰囲気の中で頂いた豊穣な香りと、その色のなんと美しいこと、それだけで人を深く引き込む魅力があり、豊かな酔いの世界に誘うようでした。
マダム・フィガロって深いカップを長く保ち、冬になっても枝のあちこちに花をつけていました。

シャンパンといえば、コレクションの会場内のオープンレストランランチでも小さなボトルが用意してあります。
ほとんどの方がシャンパンを飲みながら、いろいろな国から来てますので、言葉はわかりませんが、見てきたブランドやモードの話に手振り身振りで盛り上がっているようでした。
私たちも釣られてここではビールではなく、チョッと気取ってシャンパンをランチの友にしていました。


20061207000226.jpg
マリー・デルマー  オールド

冬になって咲く花は二つのタイプがあるような気がします。
ほとんどの花がゆっくり色が乗り濃い目になりますが、一部に淡くなり白に近くなるのがあります。
マリー・デルマーはこちらのタイプです。
同じ株で10月に見たときは、重ねのところが淡いピンクでしたが、今は全体が白に近いです。
マリー・デルマーにはまだ小さなツボミが沢山あり、1800年代中ごろハンガリーで作出されたオールドローズで驚きです。

それがマティーニにダブって思い出だされるのは・・・
オペラ座の近くのホテルのバーで雑談するときは決まってこれでした。
ご存知のとおりマティーニはドライ・ジンとドライ・ベルモットをベースにしたカクテルに、カクテルピンをさしたオリーブが入っているだけのものです。
カクテルにうかぶ色は周囲の色によって様々で、たまたま一緒に飲んでた方のコスチュームがそんな色をしてたのではなんて、少し危険な思い出が通り過ぎました。


20061207000321.jpg
ヴェルシーニ  ギヨー社

今時分でも花を幾つもつけ、オレンジのグラデーションに琥珀色が複雑に溶け合った色で咲くヴェルシーニは人気なのが良くわかります。

マロニエのリーフ・シャワーも終わり、冷たい風が吹き抜ける頃、外で会食の時は、話題はもっぱらコレクションの感想や、次のシーズンのトレンドであったり、その仕掛けなどで話が盛り上がりました。

興奮も覚めやらず冷たい道を帰ったときは、なぜかホテルの部屋にすぐに戻る気にならず、ホテルのラウンジかバーにひっかかり、頼むのが決まってホットウィスキーでした。

スコッチは何にすると聞かれたら、バランタインの17年で作ってもらいました。
ふくよかな香りと、少し甘く感じるホットが寒い外から帰った体を温めてくれました。
ヴェルシーニの花に浮かぶ琥珀色って、今でもその情景がはっきり思い出されます。


20061207000302.jpg
シャルタン・メリュー  ギヨー社

小ぶりな木なのに、今でも精一杯がんばって、花びらが密になった花も、色香も健在でした。
この花を見てますと、まったく同じではないですが、発注に追われたりして外で食事もままならない時は、帰りにホテルの近くのマドレーヌ広場にあるフォーションで食料を買って帰ることがありました。

一緒の連中は食べるものなら何でも良いではないかといいますが、私が決まって買ったのはカベルネソーヴィニヨン種のチョッと重めのルージュ。それにノルマンジー地方のブルーチーズ。それにスライスしたソーセージとフランスパン。これだけそろうとご機嫌でした。

あとの連中もそれなりに食品を買って、遅くまでホテルの一室で仕事をし、買ってきた食品をみんなで食べたりしたものでした。
その時は辛かったのが、今思い出すと懐かしい思い出になっています。
シャルタン・メリューがそんなときのワインを思い出させてくれました。

お酒のことをいろいろ書きましたが、決して強くはないですが、お酒を飲む場の雰囲気はすきです。又バカなことを書いてしまいました。・・・(゜_゜i)タラー・・・


COMMENT

こんにちは♪
昨日用事で日本橋を通ったので、立ち寄ろうかなっと思ったのですが時間が無くて断念。
そして今日の日記がお酒とクチュール。

マダム・フィガロがシャンパン・ロゼ。
ヴェルシーニは琥珀色が溶け合い、
シャルタン・メリューがカベルネソーヴィニヨン。
マロニエのシャワーにホテルのバーでバレンタイン17年。
ダンディーですねーーー!
フランス映画のワンシーンみたいです。
なんでそんなにかっこいいんでしょ~。
本当に日本人ですか?(笑)

バラを別の形容で表現すると一層イメージが深くなり良く見えます。
はぁ~、フレグランスさんがバラを紹介すると全てが欲しくなっちゃいます!!
やっぱり罪作りなブログです。(笑)
2006/12/08(金) 12:11:17 | URL | mitan #- [Edit
フレグランスさま。
こんばんは。薔薇とフランスの話し、楽しく読ませて戴きました。お酒や食事の様子がまるで手に取るように浮かぶようです。決して強くはないだなんて……相当の酒豪と拝察致しました(笑)薔薇から連想する事は人それぞれ、文学になったり音楽になったり、はたまた絵画になったり……様々に想像を掻き立てる所が、長い月日、薔薇が愛されている所以なんでしょうね。次のお話しを楽しみにしています!
2006/12/08(金) 20:04:37 | URL | ブノワ。 #NYTQ4JGA [Edit
mitanさん
そんなに関心しないで下さい。
何処にでもいるオジサンですから。どなたにも過ぎ去った思い出ってあるのではないでしょうか。
自分でもバカバカしいこと書いてるなって時々思います。

ブノワ。さん
私は、文学も音楽も絵画とかにはまったく疎く、思い出すのが食べたり飲んだことで、情けないですね。
酒豪だなんて、今度機会があったとき、なんだ口ほどでもない、なんて云わないでくださいね。

2006/12/09(土) 00:32:55 | URL | フレグランス #- [Edit
いや~~、フレさん。すばらしい文章ですね!
少しほろ酔いぐらいが、いいかんじで、かけますね!
いま、ちょいと、ワインとおしゃれには行きませんが、
魔王のみながら、のだめカンタビーレのピアノ聴きながら、
ブログ拝見しています。
2006/12/11(月) 21:31:03 | URL | takasi #EBUSheBA [Edit

Comment Form


秘密にする
 

Information

ご質問をお寄せいただく前に
      過去記事などを参照ください。


カテゴリー検索、ブログ内検索をご利用いただくと便利かと思います。 ・・カテゴリー検索は、右側メニュー「Category」にて見たい項目をクリックして頂くと一覧表示されます。  また・・ブログ内検索窓は、画面右上と右側メニュー下方にございます。 疑問や気になるキーワードを入力して頂く事で関連の過去記事が表示されると思います。  右側メニューの「Calender」「Archives」も過去記事探索の手立てとなるかも知れません。



Introduction

フレグランス



Comments...

<>+-



My page



Slide show

★Youtubeで見るSlide show★

■ユキちゃんの思い出
(BGMあり音量にご注意ください)

■小さな庭の物語 vol.1 (BGM付き)

■ 2015 Sissinghurst Castle Garden

■ David Austin Roses 2015

■ David C.H. Austin Private Garden 2015 (BGM付き)

■私の庭

**************************

■Sissinghurst 2015
■David Austin Roses 2015
■DA Private Garden 2015
■私の庭
■2013Italia-Firenze
■2013France-Angers
■2012France-2
■2012France-1
■'12Rose Festival
■'12Bulgaria
■'11FRANCE
■'09FRANCE
■Gerberoy
■Le Prieure d'Orsan
■上野ファーム
■紫竹ガーデン
■Lyon
■Miromesnil
■Bagatelle
■L'Hay les Roses
■DA・Garden
■Wisley・Garden
■Abbey・Garden
■London&Cotswalds
■花鳥渓谷



About Category

[Rose]季節の作業の目安は・・
 春⇒ 花後の剪定まで
 夏⇒ 秋剪定まで
 秋⇒ 秋花の終わりまで
 冬⇒ 冬剪定まで



Category



Calender

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



-Archives-



Search



超個人的東北復興支援

ご協力頂けると有難いです

ガンバレ! ・・・記事click



Links

当ブログへのリンクが、植物好きの仲間が増えるお役に立つのでしたらどうぞご利用ください。 なお勝手ながらリンクは想像もしてなかったので、こちらからのリンクは無い事をご了承ください。

kajinyさんのブログ
takasiさんのブログ
ブノワ。さんのブログ
玉置さんのブログ
大野耕生さんのブログ
おさはちさんのブログ





*



Copyright © Fragrance World All Rights Reserved.